手首や足にきづいたらコブができた?!

手首や足に気がついたらコブがある・・・そんな経験をしたことがある方はありませんか?

手首や足首などにコブができる原因はさまざまあります。コブの種類には、良性でそのまま放っておいても問題ないものから、滑液包炎など治療が必要な場合もあります。

コブの原因や症状にはさまざまあり、見た目だけで自己判断することが難しいケースもあります。

原因がわからない手首やコブなどを発見したら、まずは整形外科を受診し医師の診察を受けましょう。

小さいコブであれば、皮膚科や形成外科でもみてもらうこともできますが、ガングリオンではない・大きさが大きすぎると診断された場合、詳細な検査や手術のため整形外科の受診をすすめられことも多くあります。

手首や足にできるガングリオンとは?


ガングリオンは手首や足などにできる良性の腫瘤です。袋状で、中には関節が動く潤滑油の役割をする関節液や滑液が濃縮されゼリー状になった粘液が入っています。

若い女性にできやすい傾向があり、大きさは数ミリの大豆ほどの大きさから親指くらいまでさまざまで、コブの硬さも柔らかいものから硬いものまであります。

通常は痛みはなく、表面は滑らかで触ってもあまり動きません。また、悪性の腫瘤になることは基本的にありません。ただし、ガングリオンのできる場所や大きさによっては、神経を圧迫し痛みをともなうこともあります。

痛みがなく外見が気にならないガングリオンの場合は、放っておいても問題ありません。

しかし、神経を圧迫してしびれや痛みなどがある場合は、治療が必要になります。

ガングリオンができやすい場所

ガングリオンは、手の関節周りなどにできやすい傾向にあります。

・手首の付け根(手のひらの親指の付け根など)
・手の平の指の付け根
・手関節の背面


しかし、手首以外にも、足などの関節の周り、膝の半月板のそば、背中など身体中のどこにでもできる可能性があります。

また、皮膚の直下だけでなく、骨と骨のつなぎ目、筋肉、神経などにもできることもあります。

ガングリオンができる原因

ガングリオンができる原因は、はっきりとはわかっていません。

関節の動かし過ぎやストレス・ホルモンバランスの乱れでも発生するともいう意見もあります。また、ぶつけるなどの衝撃もガングリオンの原因と考えられるなど諸説あります。

医学内では、滑液膜のヘルニア説や真性潰瘍説、繊維製組織のムチン様変性説など、さまざまな説が考えられています。

ガングリオンの検査

ガングリオンかどうかの検査は、主に3種類あります。

目視できるほどの大きさの腫瘤の場合だけではなく、骨の近くにできているため表面に現れずに検査で初めてガングリオンであることがわかるケースもあります。

触ると痛みを感じるコブや、表面に変化はなくても関節を動かすたびに痛みを感じる場合は早めに検査をすることをおすすめします。

穿刺検査

ガングリオンが目で確認できるほどの大きさの場合、注射針でコブを刺してゼリー状のものが吸引できるとガングリオンと診断されます。

検査と同時に注射針の吸引で除去することもあります。

超音波エコー検査

ガングリオンが外側からは確認しづらい場合に行われる検査です。超音波を該当部分にあて映像化することで、ガングリオンの有無を調べます。

MRI検査

ガングリオンが外側からは確認しづらい場合に行われる検査です。

心臓ペースメーカーや脳動脈クリップなどの体内に金属がある人は、MRI検査を受けることはできません。

ガングリオンの治療について

ガングリオンの治療方法は、保存的療法と手術療法があります。

保存療法

保存療法は、ガングリオンに注射針を刺して内容物を吸引し排出する方法で、穿刺検査と同時に行うことがあります。

保存療法は、治療時間は短く日帰りで処置が終わることが最大のメリットですが、再発するおそれがあります。

摘出手術

摘出手術は、保存治療を行なっても再発を繰り返すときに行う治療法です。

ガングリオンの袋ごと取り除く方法で、皮膚を切開する方法と、内視鏡を用いた鏡視下切除術のどちらかが行われます。

しかし、摘出手術をしても形状が複雑だった場合や、関節包の周囲にガングリオンの予備群とよばれるものが残っていると再発することがあります。

また、手術により傷跡が残るおそれもあります。

自分で潰すのはNG

押し潰して治す治療法もありますが、必ず医師の処置のもと行う治療法です。

自己判断で押し潰してしまうと、感染を起こしたりガングリオン以外の場所を傷つけるおそれがあります。

さいごに

ガングリオンは、悪性のものではなく良性の腫瘤で、痛みや大きさの変化がなければ放っておいても問題ありません。

しかし、自分自身でガングリオンだと思っていても、悪性の腫瘤である可能性はゼロではありません。コブを見つけた場合は、一度病院で検査をすることをおすすめします。

気になるしこりや腫瘤に気づいた場合は、自己判断で終わらずに早めに医療機関を受診しましょう。