オイラックスA|湿疹、かぶれ、虫刺され、かゆみに

オイラックスAはかゆみ止めやステロイドなどが配合された塗り薬です。オイラックスAの効果と使用方法について説明いたします。

オイラックスAの効果

オイラックスAは湿疹、かぶれ、虫刺され、かゆみに効果のあるかゆみ止めとステロイドなどが配合された塗り薬です。ステロイド配合のオイラックスシリーズの中では、もっとも弱いステロイドを使用した商品になり、ベタつかず、使用感が良いクリームタイプです。

効能・効果:かゆみ、かぶれ、しっしん、虫さされ、じんましん、しもやけ、皮膚炎、あせも

オイラックスA添付文書(2018年10月時点)

有効成分

オイラックスAには2種類のかゆみをおさえる成分と、炎症をおさえるステロイド成分「ヒドロコルチゾン酢酸エステル」などが配合されています。

ステロイドはベリーストロング(最も強い)からウィーク(弱い)まで5段階の強さに分類されており、ヒドロコルチゾン酢酸エステルはウィーク(弱い)に当たります。比較的おだやかな成分で子供にも使用されます。処方薬のロコイドクリーム・軟膏よりも、さらに弱いステロイド成分になります。

皮膚の赤みが弱い場合は、弱いステロイドで十分対応できます。

クロタミトン かゆみをおさえます。
ジフェンヒドラミン塩酸塩

ヒドロコルチゾン酢酸エステル

炎症をおさえるステロイド

グリチルレチン酸

皮膚の炎症を抑えます
アラントイン 皮膚の組織修復を助けます。
イソプロピルメチルフェノール 殺菌作用を発揮します。

使用方法

塗り方

1日1〜3回、適量を塗るようにしてください。お風呂上がりなど患部を清潔にしてから、使用すると吸収が良く効果的です。

使用して5-6日間たっても症状がよくならない場合は、使用を中止し、医師や薬剤師に相談するようにしてください。

保湿剤と一緒に塗るとき

保湿剤と一緒に塗る場合は、まず保湿剤を先に塗り広げ、オイラックスAは症状のある部分のみ使用するようにしましょう。

患部以外の広範囲には使用しないようにしてください。

子供に使用できますか?

小さなお子さんにでも使用できますが、使用する際には、保護者の監視のもと使用するようにしてください。

妊娠中に使用できますか?

妊娠中もしくは妊娠していると思われる方でも使用できますが、妊娠中は非常に肌が敏感な時期なので使用する前に担当の医師に相談するようにしてください。

顔に使用できますか?

顔では症状のあるところのみ使用できますが、広範囲に使用しないようにしてください。顔は手や足に比べると塗り薬の吸収率が高いため、かゆみや赤み、湿疹などの過敏症が出た場合は使用を中止するようにしてください。

また、目の周辺には使用しないようにしてください。眼圧亢進、緑内障、白内障を誘発する恐れがあります。万が一目に入った場合は、すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。

長期間続けて使用できますか?

オイラックスAは長期連用を避けるお薬です。オイラックスAの場合、長期連用の目安は約2週間で、それ以上使用すると副作用がでる恐れがあります。通常、症状は数日から2週間以内で良くなりますが、さらに使用を続けたい場合は、一度皮膚科を受診して相談するようにしてください。

密封して使用しない

ラップなどによる密封法での使用はしないようにしましょう。密閉によって成分が吸収されやすくなり、副作用がでるおそれがあります。おむつかぶれで使用する場合、おむつも密閉法と同様の作用があり効果が強くでるおそれがあるので、オイラックスAは避けた方が良いでしょう。

使用してはいけない疾患

水疱瘡、水虫、たむし等の細菌、ウイルス、真菌などの感染疾患には使用しないようにしてください。配合されているステロイド成分は皮膚の抵抗力を低下させて、炎症をおさえる働きがあるため、感染疾患の症状を悪化させる恐れがあります。

副作用

オイラックスAは患部に直接使用する塗る薬なので、飲み薬に比べると副作用が出づらいお薬です。しかし、まったく副作用が出ないということではありません。

使用していて、次の症状が現れた場合は副作用の可能性があります。すぐに使用を中止して、医師や薬剤師に相談するようにしてください。

皮膚:発疹・発赤、かゆみ、はれ、かぶれ、乾燥感、刺激感、熱感、ヒリヒリ感

皮膚(患部):水虫、タムシ等の白癬、ニキビ、化膿症状、持続的な刺激感

オイラックスA添付文書(2018年10月時点)

最後に 

5-6日間使用しても改善が見られなかったり、自分で症状の判断が難しい場合は、オイラックスAを使用せずに、皮膚科を受診するようにしてください。

 

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

オイラックスA

湿疹(しっしん)のお役立ち情報

  • 目の周りの湿疹に使えるおすすめの市販薬

    目の周りの湿疹に使えるおすすめの市販薬

    目の周りにできる湿疹に効く、ミナカラ薬剤師おすすめの市販薬を厳選紹介。目の周りは皮膚が薄くデリケートで、通常の湿疹薬をそのまま使用することができないため、ミナカラ薬剤師が目の周りでも使用できる成分の入った薬をピックアップします。また、目の周りに湿疹ができる原因についてもあわせて解説。目の周りに薬を使用する際の注意点も紹介します。

  • 湿疹に効く市販薬の選び方|成分の特徴を解説

    湿疹に効く市販薬の選び方|成分の特徴を解説

    湿疹に効果のある市販の薬の選び方を詳しく紹介。ステロイドの効果と正しい使い方や非ステロイドの薬の違いについて解説。顔・首・手などに使用できる薬、赤ちゃん・子ども・妊娠中でも使用できる薬の選び方を記載しています。

  • 湿疹の跡は市販薬で消える?

    湿疹の跡は市販薬で消える?

    湿疹の跡は市販薬で消えるのか徹底解説。湿疹の跡の色や状態はさまざまで、茶色・黒ずみ・赤み・白く盛り上がったものなどがあります。湿疹の色別におすすめの市販薬を薬剤師監修のもと紹介します。

  • 赤ちゃんの湿疹に市販薬は使える?正しいケアのポイントも紹介

    赤ちゃんの湿疹に市販薬は使える?正しいケアのポイントも紹介

    赤ちゃんの湿疹に市販薬が使えるかどうかをミナカラ薬剤師監修のもと解説するとともに、赤ちゃんの湿疹をケアする際のポイントも紹介します。また、乳児湿疹の種類や症状の特徴についても解説します。

  • ベトネベートクリームSの特徴|使い方や注意点について

    ベトネベートクリームSの特徴|使い方や注意点について

    ベトネベートクリームSの使用方法や注意点を解説。ベトネベートN軟膏ASとの違いについても解説します。

  • オイラックスPZリペア軟膏・クリームについて解説!成分や使い方は?

    オイラックスPZリペア軟膏・クリームについて解説!成分や使い方は?

    第一三共ヘルスケア株式会社が販売する「オイラックスPZリペア軟膏」と「オイラックスPZリペアクリーム」について徹底解説。ステロイドの強さや使用方法、副作用について紹介しています。湿疹やかぶれなどの治療にオイラックスPZリペア軟膏やクリームを正しく使いましょう。

  • 湿疹に効く漢方薬を紹介します

    湿疹に効く漢方薬を紹介します

    湿疹改善に効果のあるミナカラ薬剤師おすすめの漢方薬を厳選紹介。かゆみ・化膿などの症状ごとに適切な漢方薬を紹介します。漢方薬の選び方もあわせて解説します。また、手・頭皮・顔に湿疹の症状が現れた場合にも使用できる、塗る軟膏タイプの漢方薬も使い方とあわせて紹介します。漢方薬を使用するときに注意すべき副作用についても解説。

  • 湿疹に保湿は効果がある?保湿剤は使えるのか徹底解説

    湿疹に保湿は効果がある?保湿剤は使えるのか徹底解説

    保湿により湿疹は改善するのか解説。ヘパリン類似物質・尿素・ワセリンなどの保湿剤は湿疹に効果があるのか紹介しています。乾燥による湿疹におすすめの市販薬も記載。

  • 子供の湿疹に使える市販薬は?症状別の薬の選び方を紹介

    子供の湿疹に使える市販薬は?症状別の薬の選び方を紹介

    子供の湿疹に使える市販薬を厳選して紹介します。湿疹に効く薬は数多くありますが、湿疹以外に乾燥肌やかゆみといった症状がともなう場合に使用できる市販薬を掲載。子供の湿疹に市販薬を使用する前の注意点と、湿疹で病院を受診する目安も紹介します。

  • 湿疹に効く市販薬は?適した部位と有効成分ごとに解説

    湿疹に効く市販薬は?適した部位と有効成分ごとに解説

    湿疹に効く市販薬を紹介します。市販薬を選ぶときのポイントや、どんな症状にはどのような有効成分が適しているのかなどについても解説します。また、市販薬で対処が可能な湿疹の見分け方についてもあわせて解説します。

湿疹(しっしん)に関連するQA