ダニに刺されたときに使える市販薬|症状と成分で薬を選ぶ

ダニに刺されたときに使用できる市販薬について解説。ダニに刺されるとどのような症状が出るのか、市販薬を使わずに病院を受診するべき目安も解説。また、室内でダニに刺されないための対処法も合わせて紹介します。

ダニ刺されのかゆみに市販薬は使える?

室内でダニに刺された場合は、虫刺されに効く市販薬で症状をおさえることができます。

なお、ダニに刺されたときは、刺されている最中ではなく、かゆみや赤みなどの症状が出てから気づくことがほとんどです。原因がダニと特定できない場合でも、軽度のかゆみや赤みで病院に行くほどでもないと感じたときは、市販薬を活用しましょう。

マダニに刺されたときは病院へ!

マダニ 特徴

・草むらなどの屋外に生息
・肉眼でも確認できる大型のダニ
・赤茶色

ダニの中でも、屋外でマダニに刺されたときは、市販薬などを使わずに医療機関を受診してください。

マダニは重症熱性血小板減少症候群(SFTS)などの感染症を媒介する危険性があるため、医師による正しい診断と対応が必要になります。

マダニは比較的大型で肉眼で見つけやすく長時間吸血するため、血を吸われている最中に気がつくこともあります。

ただし、血を吸われている最中に無理に引き抜こうとすると、マダニの頭部が皮膚に残ってしまい、炎症を起こすことがあるので注意が必要です。

マダニ以外で病院にいくべき症状

・刺された部位が広範囲など重症の場合
・刺された部分に水ぶくれ、腫れ、灼熱感、強い痛みがある場合
・刺された後に蕁麻疹や息苦しさ、発熱、気分不良などが出た場合
・かき壊して化膿している場合

また、以前にダニに対してアレルギー反応を起こしたことがある方も病院の受診をおすすめします。

ラシュリアPEクリーム:子どもも使えるステロイド成分

ラシュリアPEクリーム

ラシュリアPEクリームは、炎症による皮膚の腫れ・赤みをおさえるミディアムクラスのステロイド成分「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)」を配合しています。

PVAは、皮膚表面の患部では高い消炎効果を発揮し、体内に吸収されると活性が低下して副作用を起こしにくいアンテドラッグという種類のステロイドです。

そのほか、かゆみをすばやく感じにくくする局所麻酔成分「リドカイン」、患部を殺菌することで悪化を防ぐ消毒成分「イソプロピルメチルフェノール」、皮膚の回復を助ける「トコフェロール酢酸エステル」が配合されています。

l-メントールやカンフルを含んでいないため、スーッとする成分が苦手な方にも使いやすくなっています。

ムヒアルファEX:強いかゆみや赤みに

消炎作用に優れたアンテドラッグ型のステロイド「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」と、かゆみの原因物質の働きをおさえる「ジフェンヒドラミン塩酸塩」が配合されています。さらに、かゆみをおさえる「クロタミトン」も配合し、かゆみに効果を発揮します。

そのほか、皮膚に清涼感を与える「l-メントール」「dl-カンフル」、雑菌の繁殖を抑える殺菌成分「イソプロピルメチルフェノール」も配合されています。

ムヒアルファSⅡ:素早くかゆみをおさえる

ムヒアルファEXと比較すると、かゆみの原因物質の働きをおさえる「ジフェンヒドラミン塩酸塩」が2倍配合。かゆみに素早くアプローチします。

また、ステロイド成分や、スーッとした使用感を与える「l-メントール」なども配合されています。

ベタつかないクリームタイプの塗り薬です。

新ウナコーワクール:ステロイドフリーの液体タイプ

新ウナコーワクール

かゆみのもととなる物質の働きをおさえる「ジフェンヒドラミン塩酸塩」と、かゆみをすばやく鎮める局所麻酔成分「リドカイン」が配合されています。

また、l-メントールとdl-カンフルの清涼感もかゆみをすばやく和らげることに繋がります。

ステロイド成分が入っていないため、炎症をおさえる効果はあまりありません。液体タイプでさっと塗ることができます。

室内でダニに刺されないための対処法

室内に生息するダニは、温度が25℃〜30℃・湿度が60~80%程度の高温多湿の環境を好みます。

夏から秋にかけてはダニが繁殖しやすい環境となるので、ダニが繁殖しないような対処が望ましいです。

室内環境を調整する

晴れた日を見計らって部屋の換気を行い、部屋の湿度を下げましょう。

窓を開ける際は、2方向の窓を開けて風を通すと効果的です。押し入れやクローゼットも開けて中まで換気しましょう。換気ができないときは、エアコンの除湿機能や除湿機を活用してください。

また、フケや皮膚、食べこぼしはダニのエサとなります。ダニの餌を排除するためにも、室内の掃除はこまめに行うことが大切です。

布団はよく乾燥させる

室内の中でも、日々湿気を吸いやすい状況にあり、ダニが住みやすい場所です。

湿気抜けるとダニが住みにくい環境になるので、天気が良い日はできるだけ日に当てて乾燥させましょう。

なお、ダニの死骸や糞が飛び散るのを避けるため、布団は叩かないでください。

寝具は洗濯や掃除機をかける

寝具類は可能であれば年に1回程度丸洗いをすることが望ましいです。丸洗いが難しい場合は定期的に掃除機をかけましょう。

衣替えなどで押入れにしまったままの寝具は、使用前に天日干しをし掃除機をかけた後で使用してください。

殺虫剤を使用する

フェトロチオンなどの有機りん系の殺虫剤もダニ駆除に有効です。また、ダニ用の燻煙(くんえん)殺虫剤を使ったり、ダニ捕りマットを設置したりしてダニを捕まえるのもひとつの手段です。

ダニの場合、基本的にはどの「くん煙剤・くん蒸剤」を使用しても効果が得られますが、念のためパッケージなどから対象害虫を確認してください。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

ラシュリアPEクリーム

ムヒアルファEX

ムヒアルファSII

新ウナコーワクール

虫さされのお役立ち情報

虫さされに関連するQA