犬や猫を飼っている方はノミ刺されに要注意!

ノミに刺されると、強いかゆみをともなう赤いブツブツなどの炎症や水ぶくれができます。

刺されてから1~2日後に症状がでる場合もあれば、刺された直後から症状がでる場合もあります。ブツブツの大きさも1㎝から5㎝を超えるものまで人によってさまざまです。

人を刺すノミの代表格であるネコノミは動物に寄生していることが多いため、ペットを飼っていたり、野良猫や犬などに接触したりする方は用心しましょう。

ノミに刺されたときは病院へ行くべき?

かゆみをともなう虫刺されの原因がノミかどうか、症状から明確に判断することは困難です。何かに刺されて軽度のかゆみや腫れがでている場合は、まずは市販薬で対処しましょう。

ただし、次のような症状のある場合は病院を受診してください。

・刺された部位が広範囲など重症の場合
・刺された部分に水疱(水ぶくれ)、膨張、灼熱感、強い痛みがある場合
・刺された後に蕁麻疹や息苦しさ、発熱、気分不良などが出た場合
・かき壊して化膿している場合

また、以前にノミに対してアレルギー反応を起こしたことがある場合や、気になる症状がある場合も病院を受診することをおすすめします。

ノミに刺されたときに使える市販薬

ノミに限らず虫に刺されたときのかゆみや腫れは、軽度であれば市販薬でおさえることができます。

かゆみがある場合には、かゆみの原因物質であるヒスタミンの働きをおさえる「抗ヒスタミン成分」、赤みや腫れなどの炎症がある場合には炎症を鎮める作用のある「ステロイド成分」が配合された市販薬を選択します。

かゆみが強く、すぐにでもかゆみをおさえたいのであれば、局所麻酔成分である「リドカイン」または「ジブカイン」の配合された市販薬を選択しましょう。

ラシュリアPEクリーム:子どもも使えるステロイド成分

ラシュリアPEクリーム

ラシュリアPEクリームは、炎症による皮膚の腫れ・赤みをおさえるミディアムクラスのステロイド成分「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)」を配合しています。

PVAは、皮膚表面の患部では高い消炎効果を発揮し、体内に吸収されると活性が低下して副作用を起こしにくいアンテドラッグという種類のステロイドです。

そのほか、かゆみをすばやく感じにくくする局所麻酔成分「リドカイン」、患部を殺菌することで悪化を防ぐ消毒成分「イソプロピルメチルフェノール」、皮膚の回復を助ける「トコフェロール酢酸エステル」が配合されています。

l-メントールやカンフルを含んでいないため、スーッとする成分が苦手な方にも使いやすくなっています。

ムヒアルファEX:強いかゆみや赤みに

消炎作用に優れたアンテドラッグ型のステロイド「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」と、かゆみの原因物質の働きをおさえる「ジフェンヒドラミン塩酸塩」が配合されています。さらに、かゆみをおさえる「クロタミトン」も配合し、かゆみに効果を発揮します。

そのほか、皮膚に清涼感を与える「l-メントール」「dl-カンフル」、雑菌の繁殖を抑える殺菌成分「イソプロピルメチルフェノール」も配合されています。

ムヒアルファSⅡ:素早くかゆみをおさえる

ムヒアルファEXと比較すると、かゆみの原因物質の働きをおさえる「ジフェンヒドラミン塩酸塩」が2倍配合。かゆみに素早くアプローチします。

また、ステロイド成分や、スーッとした使用感を与える「l-メントール」なども配合されています。

ベタつかないクリームタイプの塗り薬です。

新ウナコーワクール:ステロイドフリーの液体タイプ

新ウナコーワクール

かゆみのもととなる物質の働きをおさえる「ジフェンヒドラミン塩酸塩」と、かゆみをすばやく鎮める局所麻酔成分「リドカイン」が配合されています。

また、l-メントールとdl-カンフルの清涼感もかゆみをすばやく和らげることに繋がります。

ステロイド成分が入っていないため、炎症をおさえる効果はあまりありません。液体タイプでさっと塗ることができます。

ノミに刺されないための対策

屋外のノミ対策

ノミは室内に限らず屋外にも生息しています。

動物と触れ合う場所にいくときは、長袖や長ズボンを着用するなど皮膚を保護することが望ましいです。

庭先などでノミに刺されるような場合は、ノラネコが普段から出入りしていることが考えられます。特に、庭先にネコの寝床のような場所がある場合は周辺にノミがいることも考えられます。殺虫剤などを活用して対処しましょう。

室内のノミ対策

室内でノミに刺される場合は、ペットにノミがついていることが主な原因と考えられます。

ノミ取り専用のくしを使ってペットに付着しているノミを取ってあげるか、動物病院で専用の薬をもらいましょう。

家にペットがいない場合は、屋外で服に付着したまま室内に入ってきたことが考えられます。室内の掃除を徹底し、くん煙式の殺虫剤を炊くなどして対処します。

ノミの場合、基本的にはどの「くん煙剤・くん蒸剤」を使用しても効果が得られますが、念のためパッケージなどから対象害虫を確認してください。

また、掃除機を使用することも有効です。特に、畳と畳の間・床の隙間・家具類の隙間・ペットの寝床・押し入れなどは重点的に掃除しましょう。