夏などの肌の露出が多い季節は、虫に刺されやすくなります。

基本的には、ハチ・マダニ・ムカデなどの毒または感染症のおそれがある虫以外であれば症状は軽く済むことが多いですが、虫に刺された人の体質などによっては、虫刺されの症状がなかなか治らない場合があります。

この記事では、なかなか治らない虫刺されの症状の原因について解説します。

虫刺されは症状の発症が遅いと長引く

虫刺されによるかゆみは、虫の唾液腺物質や毒成分が皮膚に注入され、体がアレルギー反応を起こすことで生じます。

虫刺されによるアレルギー反応には、すぐに起こる即時型反応と、時間をかけてゆっくり起こる遅延型反応の2種類があります。

すぐに起こる即時型反応の場合、虫に刺された直後にかゆみや発赤、蕁麻疹などが現れ、数時間で症状がやわらぎます。

一方、ゆっくり起こる遅延型反応の場合は、虫に刺された1〜2日後にかゆみや発赤、水ぶくれなどがみられ、数日〜1週間程度と長い間症状が続きます。

虫刺されによるかゆみや腫れなどの症状がなかなか引かない場合、アレルギー反応がゆっくりと起こる遅延型反応が起こっているといえます。

子供は遅延型反応が起こりやすい

子供、特に乳幼児の場合、大人に比べて遅延型反応が現れることが多く、虫に刺されて時間が経ってから赤く腫れ上がり、症状が長く続くことがあります。

乳幼児には虫刺されに対する抗体がないことが多いため、遅延型反応が起こりやすいと考えられています。

ただし、アレルギー反応には個人差があり、体質や虫に刺された頻度などによって症状の出方は異なります。

虫刺されで病院を受診する目安

虫刺されの症状がなかなか治らない場合は、一度病院を受診することをおすすめします。

すぐに病院を受診する場合

次のような場合は、速やかに病院を受診してください。

・刺された部位が広範囲で重症の場合
・ドクガ、チャドクガなどの毒性の強い虫や、マダニなど感染症を媒介する虫に刺された場合
・ハチ、ムカデに刺された場合
・発熱や吐き気、強いだるさがある場合
・蕁麻疹や息苦しさがある場合

病院の受診を推奨する場合

次のような場合は、市販薬を使わずに病院を受診することをおすすめします。

・かきむしって化膿している場合
・刺された部分に水疱(水ぶくれ)、膨張、灼熱感、強い痛みがある場合
・市販薬を5〜6日間使用しても症状が改善しない場合
・10日間以上症状がおさまらない場合

虫刺されによるかゆみが治らない原因

虫刺されによってどのような症状が現れるかは刺された虫によっても変わってきますが、代表的な症状としては「かゆみ」があげられます。

虫刺されによるかゆみを引き起こす虫として多いのは蚊やダニ、ノミなどです。

一般的にはすぐに症状がおさまることが多いのですが、場合によっては1週間~10日程度長引くことがあります。

また、刺された痕(あと)が長く残ることもあります。

まれに起こる「蚊アレルギー」

一般的に、蚊に刺されたときに現れる症状といえばかゆみですが、ごくまれに蚊に刺されることによって「蚊刺過敏症(ぶんしかびんしょう)」という激しいアレルギー症状を起こす人がいます。

蚊アレルギーは非常にまれな疾患で、蚊に刺された場所が激しく腫れ、発熱やリンパ節の腫れなどの全身症状が現れます。

刺された部位は水ぶくれからかさぶたになり、痕(あと)が残ります。

蚊に刺されたことによって全身症状が現れた場合には、速やかに皮膚科を受診しましょう。

虫刺されで痛がゆさや熱感が続く原因

虫刺されの原因となる虫によっては、痛がゆさや熱感をともなう場合もあります。

痛がゆさを感じる原因として考えられる虫には、アブやブヨによる吸血があげられます。

アブに刺された場合

アブはハエの仲間で、普段は牧場などで馬や牛の血を好んで吸いますが、動物がいなければ人間を狙います。

アブは吸血の際に刃状の口で皮膚を切り裂くため、刺されると激痛を感じます。その後強いかゆみと腫れが生じ、熱感が出てきます。

通常は2日ほどで症状は落ち着きますが、かきむしりによる細菌などの二次感染に注意が必要です。

ブヨに刺された場合

ブヨもハエの仲間で、人間をはじめとした哺乳類の血を吸う昆虫です。ブヨは人間の皮膚を刺すのではなく、かじって皮膚を破り、流血した血を吸います。

ブヨに噛まれると、わずかな痛みのあとに少量の出血があり、数時間後に強いかゆみと赤み、腫れが出てきます。

症状には個人差がありますが、かゆみは1〜2週間続き、赤いしこりが長く残る場合もあります。

かきむしりによる細菌などの二次感染にも注意が必要です。

虫刺されの対処法

虫に刺された場合は、正しい対処を行うことで症状の悪化を防ぐことができます。

虫刺されはかきむしらないこと

虫刺されによる患部を潰したりかきむしたりしてしまうと、炎症が広がって治りが遅くなるだけでなく、傷口から細菌が入るなどして患部が化膿してしまうおそれがあります。

どんなにかゆくても患部をかきむしるのはやめましょう。

蚊・ダニ・ブヨに刺された場合

蚊・ダニ・ブヨといった吸血をするタイプの虫に刺された場合は、刺された場所をきれいに洗っておきましょう。

ただし、マダニに刺された場合は速やかに病院を受診してください。

草むらで仕事をした、山へ行ったなどがあり、特に発熱がある場合はすぐに医師に相談しましょう。

なお、事前に市販薬を使用した後に病院を受診する場合は、その旨を医師に伝えてください。

ハチに刺された場合

ハチに刺された場合はすぐに傷口を流水で洗い流してください。

ハチの針が残っている場合は、指やピンセットなどで針を抜き、患部をつまみながら毒を絞り出しましょう。

口で吸い出すと口から体内に毒が入るおそれがあるので避けましょう。

ハチに刺された場合はアナフィラキシー反応が出やすいため、患部を冷やしながらできるだけ早めに病院を受診してください。

毛虫に刺された場合

毛虫に刺された場合は、皮膚に細かな毛がたくさん付いています。

まずは、粘着テープで毛を取り除き、患部を流水で洗い流してください。

毛虫に刺されて症状が長引き、病院を受診する場合は、基本的に診療時間内の受診で問題ありませんが、腫れがひどい場合は救急の病院を受診しましょう。

毛虫の中には強い痛みを起こす種類もいるため、痛みが強い場合も病院を受診してください。

市販薬で症状をおさえる

虫刺されの症状が軽い場合は、市販の虫刺され薬を使用することで症状をやわらげることができます。

また、虫刺され薬は虫刺されの応急処置としても使用できます。

かゆみが強い場合は、アレルギー症状をおさえる「抗ヒスタミン成分」や「局所麻酔成分」が入った薬を、腫れなどの炎症が強い場合は「ステロイド成分」が入った薬を使用することをおすすめします。

虫刺されに使用できる市販薬について、詳しくはこちらの関連記事をごらんください。

おわりに

虫刺されによるかゆみや痛みは軽症で済むことが多く、刺された箇所だけに症状が出ている場合にはあまり心配はいりません。

しかし、あまりに症状が長引く場合には何らかの異常であることも考えられるため、早めに病院を受診しましょう。