虫刺され薬の選び方とおすすめの市販薬

虫刺されにおすすめの市販薬をミナカラ現役薬剤師監修のもと紹介します。また、市販薬を選ぶ際のポイントや、病院を受診した方が良い症状の目安についても解説します。

虫刺されの原因と主な症状

虫に刺されると、かゆみ・腫れ・発疹などが現れます。これは、虫が持っている毒成分や虫の唾液が体の中に入り、アレルギー反応を引き起こすことで起こります。

虫によって現れる症状が異なり、中には命の危険に関わるような症状を引き起こす虫もいるため、注意が必要です。

かゆみを引き起こす虫

蚊・イエダニ・ノミなどは、かゆみを引き起こす虫として多くの人に知られています。蚊に刺された場合は比較的すぐにかゆみが生じるのが特徴です。

イエダニに血を吸われた場合は、赤い発疹が複数できます。しこりがあるのが特徴で、10日ほど症状が治まらないこともあります。

また、ノミの場合は水ぶくれができることも多いのが特徴です。

痛みをともなう虫

アブやブヨは、皮膚をかじって血を吸うため、咬まれた瞬間に強い痛みを感じます。

その後は腫れ・強いかゆみ・熱を帯びた感覚などの症状が現れます。

重症化するおそれのある虫

ハチ・ムカデ・ツツガムシなどに刺されると、急性アレルギー症状としてアナフィラキシーショックなど重篤な症状を引き起こしたり、発熱・リンパ節の腫れなどの症状を引き起こしたりするおそれがあります。

また、マダニに刺されると重症熱性血小板減少症候群(SFTS)という感染症にかかるおそれがあるので、マダニに刺された場合はマダニに触れずに、速やかに病院を受診してください。

マダニに刺されたかどうかわからなくても、山や畑仕事に行って虫に刺されたあと、発熱や全身の倦怠感が現れた場合は、医療機関を受診していつ虫に刺されたかを伝えるようにしましょう。

症状がひどいと感じる場合は病院を受診

虫刺されの症状には、放っておくと悪化してしまうことがあります。以下の症状に当てはまる場合は、自身で対処を行う前に皮膚科を受診してください。

・38℃以上の発熱や全身の倦怠感がある場合
・かきむしりから化膿してしまった場合
・水ぶくれ、腫れ、ほてり、強い痛みなどの症状があるとき
・市販薬を5〜6日間使用しても症状が良くならないとき

速やかに病院を受診すべき目安

以下のような場合は命に関わることがあるため、速やかに総合病院などの大きな病院を受診してください。

・ハチ、ムカデなど重大なアレルギーを引き起こすおそれのある虫に刺された場合
・ドクガ、チャドクガなどの毒性の強い毛虫や、マダニなど感染症を媒介する虫に刺された場合ショック症状(体温の低下、血圧の低下、顔面蒼白など)が現れたとき

・刺されてから15分以内に刺された部位ではない箇所の発赤、めまい、吐き気、呼吸困難などの症状が現れたとき
・全身に蕁麻疹が現れたとき

その他自身で症状に違和感があったり、不安が残る場合にも皮膚科を受診し、虫に刺された際の状況や詳しい症状などを担当の医師に伝えましょう。

虫刺されに効く市販薬の選び方

虫刺されに効く薬を選ぶ場合は、かゆみをおさえる成分と炎症をおさえる成分が配合されているかどうかに注目しましょう。

かゆみをおさえる成分には、かゆみの原因となるヒスタミンという物質の分泌をおさえる「抗ヒスタミン成分」や、かゆみそのものを鎮める「局所麻酔成分」などがあります。

また、「ステロイド成分」は炎症をおさえる働きがあります。

蚊に刺される程度の虫刺されであれば、かゆみをおさえる成分と炎症をおさえる成分の両方が配合されているもので問題ありません。

しかし、かゆみが強い場合は、かゆみ止め成分が複数配合されているものを選ぶことをおすすめします。

また、赤みや腫れなどの炎症が強い場合は、効果の強いステロイド成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。

虫刺されにおすすめの市販薬

ここでは、虫刺されにおすすめの市販薬を4つ紹介します。現れている症状や配合成分の違いでおすすめのものが異なるため、自身にあったものを選んでみてください。

かゆみ・炎症の両方に効果的な薬

かゆみをおさえる成分と炎症をおさえる成分の両方が配合された薬は、虫刺されの症状に幅広く使用できるため、ひとつ持っておくと良いでしょう。

ラシュリアPEクリーム

お薬を選んでいる理由

ミナハダ ラシュリアPEクリームは、炎症による皮膚の腫れ・赤みをおさえるミディアムクラスのステロイド成分「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)」を配合しています。
PVAは、皮膚表面の患部では高い消炎効果を発揮しますが、体内に吸収されると活性が低下して、副作用を起こしにくいアンテドラッグという種類のステロイドです。
そのほか、かゆみをすばやく感じにくくする局所麻酔成分「リドカイン」、患部を殺菌することで悪化を防ぐ消毒成分「イソプロピルメチルフェノール」、皮膚の回復を助ける「トコフェロール酢酸エステル」が配合されています。
l-メントールやカンフルを含んでいないため、スーッとする成分が苦手な方にも使いやすくなっています。
白いクリームタイプですが、塗った後は白く残らずベタつかないため、服を上に着ても張り付きません。服への色移りの心配が少ないのも特徴です。
また、ポーチに入るサイズで持ち運びやすく、パッケージ・チューブのデザインもシンプルです。
購入後にもオンラインでの薬剤師サポートが付くため、使い方に迷った時や肌に合わないと感じた場合もすぐに相談することができます。

高山 友克高山 友克薬剤師

液体ムヒアルファEX

お薬を選んでいる理由

消炎作用に優れたアンテドラッグ型のステロイド「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」と、かゆみの原因物質の働きをおさえる「ジフェンヒドラミン塩酸塩」が配合されています。
そのほか、皮膚に清涼感を与える「l-メントール」「dl-カンフル」が配合されているため、スーッとした使い心地です。
また、殺菌成分の「イソプロピルメチルフェノール」が雑菌の繁殖をおさえます。
さらっとした液体タイプでさっと塗ることができる上に、スーッとした使い心地が特徴です。
アンテドラッグのステロイドの虫刺されの市販薬の中では非常に知名度が高く、どこのドラッグストアでも置いていることが多い商品です。

高山 友克高山 友克薬剤師

ステロイド成分を使用していない薬

ステロイド成分を避けたい場合は、非ステロイド成分で虫刺されの症状を和らげることもできます。

ただし、炎症をおさえる効果はあまり期待できません。

新ウナコーワクール

お薬を選んでいる理由

かゆみのもととなる物質の働きをおさえる「ジフェンヒドラミン塩酸塩」と、かゆみをすばやく鎮める局所麻酔成分「リドカイン」が配合されています。
また、l-メントールとdl-カンフルの清涼感によってもかゆみをすばやく和らげます。
液体タイプでさっと塗ることができます。

高山 友克高山 友克薬剤師

キンカン

お薬を選んでいる理由

キンカンは、昔から使われている歴史の古い薬です。
今まで紹介してきた薬とは少し作用が違い、刺激を与えることで、かゆみの伝わりを抑制し、かゆみをおさえます。
アンモニアやメントール、トウガラシチンキなどが配合されており、さまざまな刺激により効果を発揮します。
独特なにおいやスーッとする使用感が特徴的です。

高山 友克高山 友克薬剤師

おわりに

山や川など、虫の多い環境に出かけるときは、虫刺されの対策をしっかり行うことが大切です。

肌の露出を控える・虫除けグッズを使用する・汗をこまめに拭くなど、簡単にできることばかりなので気を配りましょう。

また、自宅ではくん煙殺虫剤を定期的に使用するなどすると良いでしょう。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

ラシュリアPEクリーム

液体ムヒアルファEX

新ウナコーワクール

キンカン

虫さされのお役立ち情報

虫さされに関連するQA

dメニュー