男性の肌トラブルについて解説|肌荒れの予防法は?

男性の肌は女性と同様にデリケートであるため、肌トラブルを予防するためにしっかりとケアを行う必要があります。この記事では、男性の肌の特徴や肌のタイプを解説するとともに、男性によく起こる肌トラブルや、肌荒れの予防法などについても紹介します。

男性の肌の特徴

男性の肌は、女性の肌と比べると皮脂が多く水分量が少ないことが特徴で、皮脂は女性の約2〜3倍、水分量は女性の半分程度といわれています。

本来は、不足している水分を補うために保湿などを行う必要があるのですが、皮脂の分泌が多いことで肌のべたつき・てかりが目立つと、「保湿する必要はない」と認識して、スキンケアをしない男性が少なくありません。

これによって、肌の内側では乾燥が進み、乾燥を防ぐために皮脂が多く分泌されるという一連の流れが繰り返されます。

肌に水分が補給されないまま皮脂だけが増えることによって、いずれ肌荒れや乾燥肌などの肌トラブルを引き起こすのです。

特に、額と鼻筋のラインを指す「Tゾーン」では皮脂が多く分泌され、顎まわりを指す「Uゾーン」では水分不足が起こりやすい傾向があります。

また、肌のタイプは以下の3つに分類することができます。

乾燥肌 肌表面のうるおいがなくかさついている
脂性肌 てかりやベタ付きが目立つ
混合肌 部分によって肌のタイプが異なる

男性に多い肌トラブル3つ

男性の肌トラブルの多くは、以下の3つに大別されます。これらの肌トラブルは主に皮脂の過剰分泌と乾燥が原因で引き起こされます。

ここでは、男性によく現れる3つの肌トラブルとその原因について紹介します。

ニキビ

ニキビは、過剰な皮脂の分泌が過剰によって皮脂が毛穴に詰まり、ニキビの原因となるアクネ菌が繁殖することで起こります。

皮脂の過剰分泌は、ストレス・食生活の乱れ・睡眠不足などによって亢進されることがあります。

また、思春期の男性は、ホルモンバランスが崩れることによってもニキビができやすくなることがあります。

乾燥による肌荒れ

肌の水分が少なくなると乾燥肌となり、肌のバリア機能が低下します。

肌のバリア機能は、「角質層」と呼ばれる部分に天然保湿因子や皮脂がバランスよく保たれることで、水分が蒸発しないようにする働きをします。

しかし、誤ったスキンケアや空気の乾燥などが原因でこれらのバランスが崩れると水分が不足し、バリア機能が低下するのです。

バリア機能が低下すると外部からの刺激が皮膚の内部に侵入し、かゆみや湿疹などの肌荒れを引き起こすことがあります。

また、冬場の空気の乾燥、暖房器具の使用による空気の乾燥、入浴後の水分蒸発なども肌が乾燥する原因になり、肌荒れを引き起こすことがあります。

カミソリ負け

カミソリ負けは、大きく2種類にわけることができます。

ひとつは、カミソリを使用した時に角質層まで削られてしまい、かゆみや湿疹、出血などをともなうものです。もうひとつは、カミソリを使用した時にできた小さな傷などから細菌が入り、ニキビのようなできものが現れるものです。

どちらもカミソリを使用することから起こる症状であるため、一般的にはどちらもカミソリ負けと呼ばれます。

肌トラブル・肌荒れを予防するためには?

皮脂の過剰分泌や乾燥による肌トラブル・肌荒れを予防するには、正しいスキンケアを日頃から行う必要があります。

優しく洗顔を行う

洗顔をする際、汚れを落としたいがために力を入れて洗ってしまいがちですが、あまり強くこすってしまうと必要な皮脂まで落ちてしまいます。

洗顔を行うときは、優しく撫でるように洗うだけで十分に汚れを落とすことができます。

はじめにぬるま湯で顔を軽く洗ったあと、しっかりとあわ立てた洗顔料で優しく洗います。

このとき、手のひらと顔の間で泡をころがすようにするとよいでしょう。

泡を洗い流すときにもぬるま湯を使用します。あごの下や髪の生え際に泡が残らないように、20回を目安に洗い流しましょう。

タオルで顔を拭くときは、タオルを顔に押し当てるようにして水気を取ってください。力を入れてゴシゴシと拭くと、肌に刺激を与えてしまうため避けましょう。

こまめに保湿を行う

さまざまな肌トラブルの原因となる乾燥を防ぐために、保湿をこまめに行うことが大切です。

特に洗顔やヒゲ剃りの後はすぐに保湿をしましょう。化粧水だけでは保湿が足りないと感じる場合は、乳液やクリームも使用すると良いでしょう。

ただし、アルコールなど肌に刺激を与えやすい成分が配合されているものは肌に合わない場合があるため、できるだけ低刺激のものを使用しましょう。

ヒゲ剃りは必ずシェービングクリームを使う

カミソリ負けによる肌トラブルを防ぐためには、肌を傷つけずにヒゲを剃る必要があります。そのためには、必ずヒゲ剃り専用のシェービングクリームを使用しましょう。

何もつけなかったり、通常の洗顔料を使って剃ったりすると、肌への負担が大きくなってしまうため絶対に避けてください。

おわりに

男性の肌は女性よりも肌トラブルが起こりやすいといえるため、しっかりとスキンケアを行うことをおすすめします。

部位によって化粧水やクリームを使い分けるなど、女性ほどの手間をかける必要はないため、洗顔時の保湿やヒゲを剃るときの手順などに気を配ることから始めてみてはいかがでしょうか。

肌の乾燥・かさつきのお役立ち情報

肌の乾燥・かさつきに関連するQA