乾燥肌のかゆみはお風呂が原因?入浴剤と保湿剤でできるボディケア

入浴後に肌がかゆくなる人は、お風呂が原因で乾燥肌になっているおそれがあります。お風呂で乾燥肌にならないための対策や、入浴剤・保湿剤を使ったボディケアについて知りましょう。

お風呂上りに肌が乾燥する理由

お風呂上りは、肌が乾燥しやすくなる傾向があります。また、肌が乾燥するとかゆみの症状をともなうことがあります。

入浴によって肌が乾燥する理由は、主に3つあります。

1.湯船につかる時間が長すぎる

長時間湯船につかると、肌表面にある皮脂のバリアが失われてしまい、肌を乾燥から守る角質層内部の保湿成分が逃げてしまいます。

さらに長時間湯船につかることによって体が温まると、乾燥するだけでなくかゆみもが起こりやすくなります。

2.体を洗いすぎている

体を洗うときの摩擦によって肌のバリア機能が低下し、皮膚が乾燥することがあります。ナイロンタオルのような刺激が強いものを使っている人は、特に注意が必要です。

肌が乾燥しやすい人は手で洗うか、綿タオルのような柔らかいものでやさしく洗いましょう。

また、洗浄力が強すぎるボディソープを使っている場合も、保湿成分を逃がして肌のバリア機能を低下させるおそれがあります。

乾燥肌の人は、肌への負担が少ない固形せっけんや弱酸性のボディソープで体を洗いましょう。

3.お湯の温度が高すぎる

お風呂のお湯が熱すぎると、角質層にある保湿成分を逃がして肌を乾燥させるおそれがあります。

また、皮膚がふやけて剥がれやすくなるので、肌状態の悪化を招きます。肌の乾燥を防ぐためには、お湯の温度を38~40℃に設定しましょう。

肌が乾燥しやすい部位は?

皮脂を分泌する皮脂腺が少ない部位は、肌が乾燥しやすい傾向にあります。ひじやひざ、すね、足の裏は特に乾燥しやすいので注意が必要です。

乾燥しやすい部位は、特にやさしく洗いましょう。

乾燥肌には保湿入浴剤を使おう

湯船につかることは、心身をリラックスさせたり、肌の汚れを落としやすくしたりするといったメリットもあります。

肌を乾燥から守りながら湯船につかるには、保湿入浴剤を使用することがおすすめです。

保湿入浴剤の特徴・成分

保湿入浴剤の多くは刺激が少なく、乾燥肌の人でも安心して湯につかることができます。

保湿入浴剤の成分には、主に肌にうるおいをあたえる「保湿成分」と角質層に浸透する「美容成分」があります。

保湿成分 セラミド機能成分、アミノ酸、コラーゲンなど
美容成分 シアバター、ユーカリエキス、オーツ麦エキスなど

そのため、入浴後も肌を乾燥から守り、うるおいを保つことができます。商品によっては、湿疹や肌荒れに使用することが可能なものもあります。

製品を選ぶ際は「効能」に荒れ性と記載されたもので、保湿成分が配合されたものが適しています。

赤ちゃんの肌に使える保湿入浴剤も

商品によっては、生後数か月の赤ちゃんにも使用できる保湿入浴剤があります。家族みんなで保湿入浴剤を使いたい場合におすすめです。

ただし商品によって使用できる対象月齢が異なるため、赤ちゃんに使用する場合は必ず製品情報を確認しましょう。

入浴後はボディ用の保湿剤で乾燥肌をケアしよう

保湿入浴剤を使っても、入浴後の肌をそのままにしておくと乾燥や、乾燥によるかゆみが起こるおそれがあります。入浴後はボディ用の保湿剤でボディケアをしてください。特にカサカサしやすい腕や脚は、重点的にケアします。

ボディ用の保湿剤の成分

ボディ用の保湿剤には、主に「保湿成分」と「油分を補う成分」の2つが含まれています。

ボディ用の保湿剤に含まれる保湿成分の代表は、コラーゲンやヒアルロン酸、尿素です。

一方で顔用の保湿剤に含まれるセラミドは高価なので、一度にたくさん使用するボディ用の保湿剤にはあまり含まれていません。

尿素には、乾燥によって硬くなった肌を柔らかくする働きもあります。ただし、尿素は肌荒れがひどい部位に使用するとしみることがあるので、肌状態によっては避ける必要があります。

油分を補う成分の代表は、ホホバオイルやスクアランオイルです。皮脂分泌が少ない部位は乾燥しやすいので、油分を補う必要があります。

自分に合ったボディ用の保湿剤の選び方

ボディ用の保湿剤は、使用感などの違いによって次の3つのタイプに分けられます。

・クリームタイプ
・乳液タイプ
・オイル、ローションタイプ

比較的保湿力が高いのは、クリームタイプと乳液タイプです。肌が特に敏感な場合は、より刺激が少ないクリームタイプを選びましょう。

クリームのべたつきが気になる場合は、軽い使用感の乳液タイプが向いています。界面活性剤不使用の乳液を選ぶと、刺激が少なく、より安心して使えます。

一方でオイルやローションタイプの保湿剤は、クリームや乳液に比べると保湿力が高くありません。配合成分にもよりますが、香りを楽しみたい人向けの製品もあるため、製品の説明をよく確認し、目的によって使い分けましょう。

お風呂による肌の乾燥を防ごう

バスタイムは1日の疲れを癒す大事なひとときですが、入浴方法を誤ると乾燥肌によるトラブルを生むおそれがあります。入浴剤や保湿剤を活用して、乾燥肌によるかゆみやカサカサを防ぎましょう。

また、肌の乾燥がひどい場合や強いかゆみなどが起こる場合、ジュクジュクした炎症を何度も繰り返す場合は、別の皮膚疾患のうたがいがあるので、皮膚科を受診してください。医師から自分に合ったケア方法の指導を受けましょう。

肌の乾燥・かさつきのお役立ち情報

肌の乾燥・かさつきに関連するQA