ミナハダの有効成分「ヘパリン類似物質」とは?

 

ヘパリン類似物質乳状液「JM」

ミナハダ ヘパリン類似物質乳状液「JM」は、乾燥肌の保湿や肌トラブルの改善に使われる市販薬です。第2類医薬品に分類される医薬品であり、有効成分に「ヘパリン類似物質」が配合されています。

ヘパリン類似物質は、主に保湿・抗炎症・血行促進の作用がある成分です。

保湿成分として皮膚にうるおいを与えるだけではなく、皮膚本来の機能を修復し、潤いを保てる状態に戻す効果があります。

乾燥肌・手荒れ・肌荒れなどの改善に用いられ、皮膚科で処方されることもある成分です。

医薬品と医薬部外品の違い

ヘパリン類似物質が含まれている市販薬は、医薬品と医薬部外品にわけられます。

ヘパリン類似物質の医薬品と医薬部外品の一番の違いは、使用目的にあります。医薬品は治療・予防に使用することができるのに対して、ヘパリン類似物質の医薬部外品は防止にのみ使用されます。

また、使用目的の違いにより、医薬品と医薬部外品では有効成分であるヘパリン類似物質の含まれる量にも違いがあります。

 

スキンケアではなく、乾燥肌や肌荒れをしっかり治したい方は、医薬品を選択することをおすすめします。

ミナハダは成分量が処方薬と同じ

ミナハダには、有効成分「ヘパリン類似物質」が100gあたり0.3g(3%)配合されています。

有効成分「ヘパリン類似物質」の含有量は、病院で処方される「ヒルドイド」などと同じ濃度であり、処方薬と同じ効果が期待できるといえます。

ミナハダと他の「ヘパリン類似物質」市販薬との違い

珍しい乳液タイプ

ヘパリン類似物質を配合している市販薬は、クリーム・ローション・乳液・ジェルなどさまざまな形状で販売されています。保湿目的で使用されるのは、主にクリーム・ローション・乳液タイプです。

ヘパリン類似物質の単一成分の市販薬はほとんどがクリームやローションですが、ミナハダは珍しい乳液タイプです。

タイプ 特徴・おすすめの方
クリーム

・水でさっと流しやすい
・患部にピンポイントで使いたい方

ローション

・サラッとして伸びが良い
・顔全体など広範囲に使いたい方
・頭皮など毛が生えている部分に使いたい方

乳液

・しっとりして伸びが良い

・化粧下地に使いたい方

薬剤師が開発した市販薬

ミナハダの特徴のひとつは、薬剤師が企画・開発した薬ということ。製品開発から販売まで、薬剤師の知識や現場経験を活かし開発されています。

薬剤師によるアフターフォロー

購入後は、付属しているQRコードを読み取りLineに登録するだけで、無料で薬剤師に相談することができます。

使い方や使ってからの症状の変化など、さまざまな悩みにも薬剤師がひとつひとつ丁寧に返答しています。

個別チャット相談なので、プライバシーが守られた状態で個人的な相談をすることができます。

薬剤師が教える!ミナハダの効果的な使い方

ミナハダを塗るタイミング

ミナハダを塗る最も良いタイミングは入浴後です。肌が清潔で潤いがある時に使用しましょう。

入浴後以外のタイミングで使用したい場合は、化粧水の後など、あらかじめ肌を湿らせてから使用すると効果的です。

 

なお、1日1回の使用よりも1日2回の使用の方が効果が高いというデータもあります。

症状をしっかり治したい場合は、1日2回以上の使用が効果的です。目安として1日2〜3回程度使用してください。

ミナハダの一回あたりの使用量

1回の使用量は、使用する範囲によって異なります。

成人の人差し指の先端から第一関節まで絞り出すと、約0.5gとなります。約0.5gで手のひら2枚分程度の面積に塗り拡げていただくことが可能です。

使用する範囲に合わせて、使用する分だけ絞り出して塗り拡げましょう。

 

化粧前の保湿に

ミナハダは乳液タイプで伸びがよく、つけた後にしっとり肌に浸透してうるおいを与えます。

ミナハダを塗った上から化粧をすることは可能なので、化粧下地として、洗顔・化粧水のあとに使うこともできます。

正しい保管で品質保持

商品の劣化を防ぐためにも、フタをきちんと閉めて、直射日光が当たらず、涼しくて凍結しないところに保管してください。

別の容器に移し替えると、誤用や変質の原因になるため、ミナハダの容器のまま保管してください。

また、小さなお子様のいるご家庭では、お子様が誤って飲まないように、お子様の手の届かないところに保管してください。