蕁麻疹の症状

蕁麻疹の主な症状は、赤みのある発疹とかゆみです。

通常、症状は数十分から数時間程度で消えますが、1度消えた後にまた別の部位に現れることや1日程度続くこともあります。

蕁麻疹の発疹とかゆみには以下のような特徴があります。

赤みのある発疹

蕁麻疹では、赤みがでている部分とそうでない部分の境目がはっきりしています。

また、ミミズ腫れのような、膨らみのある発疹が起こります。

シミなどになることはなく、蕁麻疹が消えた後の皮膚は、通常元通りになり、跡は残りません。

かゆみ

蕁麻疹によるかゆみは、ヒスタミンという物質が皮膚の知覚神経に刺激を与えることで起こります。また、かゆみだけでなく、ピリピリとした痛みをともなうこともあります。

病院を受診したほうがよい蕁麻疹

かゆみのない蕁麻疹

一過性の蕁麻疹の特徴は、発疹とかゆみです。

かゆみの症状がない場合は、蕁麻疹ではなく皮膚の粘膜などに出血が起きている紫斑(しはん)や血管の炎症のおそれもあります。

重度のアレルギー症状を起こしたことがある場合

食物や薬のアレルギーなどの初期症状は、皮膚のかゆみや赤み・蕁麻疹などの皮膚症状です。

過去に呼吸困難など重度のアレルギー症状を起こしたことがある場合には、症状が重くなる前に病院を受診しましょう。

皮膚以外の症状がある場合

皮膚の症状だけでなく、咳がでている・呼吸がしにくい・熱がある・悪寒がするなどの症状がある場合には、命にかかわる場合もあります。

嘔吐している場合には、吐いたものが気管につまることもあるので、場合によっては救急車を呼んでください。

子供の蕁麻疹の原因は?

蕁麻疹は、皮膚の真皮にあるマスト細胞という細胞に何らかの刺激が加わった際に放出されるヒスタミンなどが原因で起こるとされています。

食物や薬だけでなく、温度差などが原因となる場合もあり、アレルギー性と非アレルギー性にわけることができます。

アレルギー性蕁麻疹

食品(食物アレルギー)

薬剤

虫刺され

感染症 など

非アレルギー性蕁麻疹

食品(ヒスタミンの原料を多く含む赤身魚など)

物理的な刺激(温度差・など) など

薬のアレルギー

他の病気の治療で使用している薬によってアレルギー反応を引き起こし、蕁麻疹がでることがあります。

薬の使用による蕁麻疹の場合は、使用する薬を変更するなどの対処が必要なため、主治医に相談してください。

物理的な刺激によるもの

皮膚のこすれなどの物理的な刺激で蕁麻疹が起こることがあります。

また、季節の変わり目や冬場に暖かい部屋から外にでた時などの寒暖差、季節に関わらず運動などで急に体が温まることで蕁麻疹がでることもあります。

そのほかにも入浴、精神的緊張などで汗をかき、汗の刺激によって蕁麻疹がでる場合があります。

物理的な刺激による蕁麻疹の場合、多くは短時間で自然におさまります。

食べ物が原因で蕁麻疹がでる?

食べ物や飲み物などでアレルギー反応を引き起こし、蕁麻疹がでることがあります。また、香辛料などの刺激によっても蕁麻疹がでることもあります。

食物による蕁麻疹には、「アレルギー性」と「非アレルギー性」が存在します。

アレルギー性の蕁麻疹

アレルギー性の蕁麻疹は、そばや落花生・小麦・エビ・カニなど特定の食物が体に合わないことで起きるアレルギー反応により、蕁麻疹の原因となるヒスタミンがでて蕁麻疹が現れます。

特定の食物が原因となっている場合はアレルギーの原因となる食物を特定する必要があります。

小児科または皮膚科を受診し治療を受けましょう。

非アレルギー性の蕁麻疹

非アレルギー性の蕁麻疹は、食品中のヒスチジンというヒスタミンの材料となるアミノ酸が原因となります。

ヒスチジンが多く含まれる赤身魚(カジキ・サバ・イワシなど)が常温で保管されるなど、適切な管理ができていなかった場合に、食品中のヒスタミンを作ることができる菌が増殖し大量発生したヒスタミンを一度に摂取することで蕁麻疹が現れます。

 

ヒスタミンは熱に強く、加熱処理しても分解されないので、常温で放置してしまっているものや鮮度が落ちているものは食べないように注意してください。

また、唇や舌に刺激を感じるなど、違和感を感じたときも食べないように心がけましょう。

蕁麻疹の対処法

患部を冷やす

蕁麻疹(じんましん)はほとんどの場合、薬を使用して時間が経てば治癒していきますが、患部を冷やす事も症状をおさえる手助けになります。

ただし、寒さによって蕁麻疹の症状が起こる方は、患部を温めることで症状が和らぐ場合もあるため、冷やさないようにしましょう。

原因となるものを避ける

原因となるものがすでにわかっている場合には、接触を避けることでじんましんを予防できます。原因となるものが皮膚についてしまった場合には、しっかり洗い流しましょう。

また家庭で食事をとる際に、お皿を分けることも接触を避けることにつながります。

市販薬の活用

一番最初に蕁麻疹がでたときは、原因を特定するためにも病院を受診することをおすすめします。

蕁麻疹の原因が特定できており、市販薬で対処ができることがわかっている場合は市販薬を活用しましょう。

基本的には飲み薬を使用し、全身の症状をおさえます。また、塗り薬は患部に使用する事で直接的に症状の改善をうながします。飲み薬を使用しながら、かゆみや赤い発疹の症状が強い部分に塗り薬を併用することも可能です。

子供が使用できる蕁麻疹の市販薬

飲み薬

蕁麻疹の治療に使う飲み薬は、抗ヒスタミン作用のある成分が含まれたものを使用します。

アレルギーの原因となるヒスタミンをおさえ、かゆみや炎症を鎮める働きがあります。

アレルギール錠

4歳〜使用可能の薬です。4〜6歳は1回1錠、7〜14歳は1回2錠を1日2回服用させてください。

含有成分クロルフェニラミンマレイン酸塩の抗ヒスタミン作用により蕁麻疹のかゆみや炎症をおさえます。

レスタミンコーワ糖衣錠

5歳〜使用可能の薬です。5〜10歳は1回1錠、11〜14歳は1回2錠を1日3回服用させてください。

含有成分のジフェンヒドラミン塩酸塩の抗ヒスタミン作用により蕁麻疹の症状やアレルギー反応をおさえます。アレルギール錠より早く効きますが、眠気がでやすい薬であるため服用の際には注意が必要です。

塗り薬

蕁麻疹の治療に使う塗り薬には、かゆみ止め成分が配合されています。

また、赤みや炎症をおさえる目的でステロイド剤が配合された市販薬もあります。

 

市販薬のステロイド成分には、ストロング・ミディアム・ウィークの3種類の強さがあります。

その中でも子供の皮膚は、大人の皮膚に比べて薄く吸収しやすいため、体にはミディアム、顔や皮膚の柔らかい部分にはウィークのステロイドを選び、強さによる使い分けをするようにしましょう。

メンソレータムジンマート(非ステロイド)

 

メンソレータムジンマート

メンソレータムジンマートは、効果の違う3つのかゆみ止め成分(ジフェンヒドラミン、リドカイン、クロタミトン)と腫れをおさえる酸化亜鉛と炎症をおさえるグリチルリチン酸二カリウムを配合。全身に使用することができる塗り薬です。

オイラックスA(ステロイドの強さ:ウィーク)

オイラックスA

かゆみ止め成分のクロタミトンとジフェンヒドラミンに加えて、ウィークレベルのヒドロコルチゾン酢酸エステルを配合。皮膚の薄い顔や首などの吸収が良い部分の赤みが強い場合には、オイラックスAを選択するとよいでしょう。

ラシュリアPEクリーム(ステロイドの強さ:ミディアム)

ラシュリアPEクリーム

かゆみをおさえる局所麻酔成分のリドカインとミディアムレベルのステロイドのプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルを配合。体の赤みが強い場合には、ミディアムレベルのステロイドが配合されて市販薬を選択するとよいでしょう。

市販薬で効果がみられない場合は病院へ

市販薬は基本的におおよそ5〜6日を目処として使用し、改善がみられない場合は薬の使用を止め、小児科または皮膚科を受診しましょう。

むやみに市販薬を長期間使用すると、悪化や副作用のおそれがあります。また、蕁麻疹以外の疾患が疑われる場合もあるため、自己判断で市販薬を使用せず、少しでも他の疾患の疑いがある場合は病院を受診し、医師の指示のもと治療を進めましょう。