蕁麻疹(じんましん)は病院に行くべき?

初めて蕁麻疹が疑われる症状がでた場合は、皮膚科を受診しましょう。

蕁麻疹は原因を自己判断することが難しく、蕁麻疹の原因がほかの病気だったり、重篤な症状を引き起こす前兆の場合もあるため注意が必要です。また、再発予防のためには原因を明確にすることも大切です。

蕁麻疹の原因が明確であり再発の場合は、市販薬でかゆみや腫れをおさえることも可能です。

医師の診断により、蕁麻疹の原因が「疲れ」や「ストレス」など緊急性はないものと判明した場合などは市販薬を活用しましょう。

すぐに病院に行くべき症状

次のような場合は、できるだけ早急に皮膚科を受診してください。

・呼吸困難・血圧低下・腹痛・嘔吐などの全身症状が急速に現れた場合(救急車を呼ぶことも考える)
・蕁麻疹が出ているがかゆくない場合
・倦怠感や発熱をともなう場合
・ハチ、感染症の虫による虫刺されの後、数分から数時間後に全身に蕁麻疹がでている場合
・薬を内服して数分から30分以内程度に全身に蕁麻疹がでている場合
・食品アレルギーが原因と考えられる蕁麻疹がでている場合

また判断が難しい場合や、不安な場合は悩まずに受診しましょう。

塗り薬と飲み薬はどちらが良い?

蕁麻疹の症状に効果を発揮する市販薬には「飲み薬」と「塗り薬」があります。

「飲み薬」は、有効成分が体の内側から効果を発揮します。蕁麻疹は体内でかゆみの神経を刺激する成分が作用し、かゆみや腫れの症状が現れるため、体の内側から効く飲み薬は有効となります。特に広範囲に蕁麻疹がでている場合に適しています。

「塗り薬」は患部に直接有効成分が浸透するため、表面的なかゆみをおさえることができます。ただし、体の内側で起きているかゆみの原因にはアプローチできません。

また、塗り薬の場合は、局所的な蕁麻疹には使用できても、症状が広範囲におよぶ場合には向いていません。

飲み薬と塗り薬を併用することも可能です。自分の症状に合わせて薬を選びましょう。

蕁麻疹の飲み薬:ムヒAZ錠

眠気などの副作用が改善された第2世代に分類される抗ヒスタミン成分「アゼラスチン塩酸塩」が配合されています。 アゼラスチン塩酸塩には、抗ヒスタミン作用だけでなく、抗アレルギー作用・抗炎症作用もあり、蕁麻疹の症状の緩和につながります。

1回で12時間効果は持続し、日中のかゆみに朝飲んだり、眠れないかゆみに就寝前に飲むことも可能です。15歳以上から服用可能。 

蕁麻疹の飲み薬:レスタミンコーワ糖衣錠

レスタミンコーワ糖衣錠

抗ヒスタミン成分の「ジフェンヒドラミン塩酸塩」が配合。蕁麻疹だけでなく、湿疹、かぶれ、かゆみ、鼻炎に効果を発揮します。

5歳以上の子どもも服用可能です。

蕁麻疹の塗り薬:ラシュリアPEクリーム

ラシュリアPEクリーム

ラシュリアPEクリームは、炎症による皮膚の腫れ・赤みをおさえるミディアムクラスのステロイド成分「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)」を配合しています。

PVAは、皮膚表面の患部では高い消炎効果を発揮し、体内に吸収されると活性が低下して副作用を起こしにくいアンテドラッグという種類のステロイドです。

そのほか、かゆみをすばやく感じにくくする局所麻酔成分「リドカイン」、患部を殺菌することで悪化を防ぐ消毒成分「イソプロピルメチルフェノール」、皮膚の回復を助ける「トコフェロール酢酸エステル」が配合されています。

蕁麻疹の塗り薬:メンソレータムジンマート

メンソレータムジンマート

抗ヒスタミン成分「ジフェンヒドラミン塩酸塩」とかゆみをおさえる働きのある局所麻酔成分「リドカイン」も配合。

リドカインは効きが早いことが特徴で、蕁麻疹のかゆみや腫れの症状をすばやくおさえることが期待できます。

飲み薬・塗り薬のセットがおすすめ

蕁麻疹(飲み薬/塗り薬)セット

蕁麻疹のかゆみで寝付けないなどの場合は、飲み薬と塗り薬を併用することも可能です。

かゆみに内側から効く飲み薬と患部で素早く効果を発揮する塗り薬で、かゆみに内側と外側からアプローチします。

飲み薬「ムヒAZ錠」と塗り薬「ラシュリアPEクリーム」のセット商品です。

蕁麻疹の市販薬の注意点

抗ヒスタミン成分が配合されている飲み薬は、高齢者(65歳以上)が使用すると排尿困難を引き起こすことがあるので注意してください。

特に、高齢男性の場合は前立腺肥大にともなう排尿障害を悪化させるおそれがあるので、前立腺肥大などの持病がある場合は、医師と相談し様子をみて慎重に使用しましょう。

また、緑内障の方が抗ヒスタミン成分を含む薬を使用すると緑内障が悪化するおそれがあるので、使用する前に医師に相談することをおすすめします。

身近にできる蕁麻疹の対処

蕁麻疹の症状が出た場合、薬を使用するだけでなく、蕁麻疹を引き起こしている要因を取り除き、避けることも大切です。

食べ物や金属など、蕁麻疹を引き起こす原因がわかっている場合は、原因物質に触れないことを心がけてください。

ストレスや疲れで蕁麻疹が出る方も多くいますので、できるだけリラックスする時間を作るなどして、蕁麻疹の再発を防ぎましょう。