冬場に多いしもやけ・あかぎれの原因

しもやけ・あかぎれは、寒さや乾燥などが原因となって起こる肌トラブルです。どちらも似たような症状ですが、しもやけとあかぎれでは、症状が現れる原因が異なります。

皮膚表面の温度が下がり炎症を起こすものを「しもやけ」、皮脂分泌の低下などによる乾燥でひび割れ・出血を起こすものを「あかぎれ」といいます。

またあかぎれは、水仕事や洗剤、紙を扱う仕事など、水分や皮脂が奪われ乾燥することでも起こるおそれがあります。

 

気温が下がり空気の乾燥しやすい冬は、抹消の血行が悪くなったり、皮脂分泌が低下しやすくなるため、特に最低気温が5℃前後で1日の気温差が大きくなると起こりやすくなります。

しもやけの治し方:血行促進をする

しもやけの原因は血行不良による炎症です。血行をよくすることで、症状の改善を目指すことができます。

炎症の症状やかゆみがひどい場合には、血行をよくするだけでなく、炎症やかゆみもおさえる必要があります。

症状の状態に応じて、使用する薬を選択しましょう。

血行をよくする保湿乳液:ヘパリン類似物質乳状液「JM」

 

ヘパリン類似物質乳状液「JM」

処方薬のヒルドイドと同じヘパリン類似物質を配合。血行をよくする効果で、しもやけの改善が期待できます。また水分と結びつきやすい構造をしており、皮膚の角質層に水分を与えることで保湿効果も発揮します。

血行をよくする天然ビタミンE配合:ユベラックスα2

 

ビタミンEは、抗酸化作用や末梢の血行促進作用があるビタミンです。

ビタミンEは天然・天然型・合成の3種類があり、ユベラックスα2には、天然ビタミンEが含まれています。

天然ビタミンEは、合成でつくられたビタミンEと比較して吸収されやすい特長があり、効率よく血行をよくするビタミンEを補うことができます。
 

しもやけによる炎症をおさえる:ベトネベートN軟膏AS

ベトネベートN軟膏AS

炎症をおさえるステロイド剤配合で、しもやけやしっしんの炎症に効果を発揮します。

また、抗菌作用のあるフラジオマイシンも配合しているため、ジュクジュクして化膿している患部に適しています。

皮膚のかゆみの飲み薬:アレルギール錠

あかぎれ・しもやけによる皮膚のかゆみがある場合、かゆみ止めの成分が含まれている飲み薬を併用することも有効です。

皮膚のかゆみやしっしんに効果のあるクロルフェニラミンと皮膚や粘膜を健康に保つために必要なビタミンB6を配合。

また、クロルフェニラミンは花粉などが原因となる鼻炎の症状も緩和します。

あかぎれの治し方:保湿で乾燥を防ぐ

あかぎれの原因はさまざまな要因による乾燥です。まずは保湿による治療をしっかりとおこなうことで改善が期待できます。

また、あかぎれによって割れてしまった皮膚は治りにくいため、保湿だけでなく、患部保護することも大切です。

保湿力の高い保湿クリーム:ヒフメイド油性クリーム

ヒフメイド油性クリーム

ヘパリン類似物質乳状液と同様の成分を配合。あかぎれの起こりやすい手などをしっかりと保湿したい場合には、乳液タイプよりも肌にとどまりやすい油性クリームを選ぶのも1つの方法です。

ぱっくり割れた皮膚の皮膚の保護に:コロスキン

透明な膜を作ることで、あかぎれなどの傷をほこりや雑菌から守る包帯のいらない液状の絆創膏です。洗濯などの水仕事でもはがれにくく、関節部分に使用しても曲げやすいため、家事や仕事の妨げになりにくいことがメリットです。