しもやけ・あかぎれの原因と症状

しもやけ・あかぎれは、寒さや乾燥などが原因となって起こる肌トラブルです。どちらも冬にあらわれることが皮膚トラブルですが、原因やあらわれる症状が異なります。

  原因 症状
しもやけ 皮膚表面の温度の低下 皮膚の炎症
あかぎれ 空気の乾燥、水仕事、紙を扱う仕事 ひび割れ・出血

皮膚表面の温度が下がり炎症を起こすものがしもやけで、1日の寒暖差が激しい日に起こりやすい皮膚トラブルです。

一方で、皮脂分泌の低下などによる乾燥が原因でひび割れ・出血を起こすものをあかぎれといいます。

しもやけ・あかぎれの治し方

しもやけ・あかぎれは、それぞれの症状によって治療方法や適した薬が異なります。

しもやけの治し方:血行促進をする

しもやけの原因は皮膚の血行不良です。血行不良を改善することでしもやけの症状の改善を目指すことができます。

しもやけには、血行促進の効果があるヘパリン類似物質を含む保湿剤や、ビタミンEの内服薬・塗り薬がおすすめです。

炎症の症状やかゆみがひどい場合は、ステロイドなどの抗炎症薬(塗り薬)を合わせて使用することをおすすめします。

しもやけに効く薬 ヘパリン類似物質、ビタミンE、抗炎症薬

あかぎれの治し方:保湿と患部の保護

あかぎれの原因は皮膚の乾燥です。皮膚をしっかり保湿することであかぎれの症状の改善が期待できます。

また、あかぎれによって割れてしまった皮膚は治りにくいため、保湿だけでなく、患部を保護することも大切です。

あかぎれには、ヘパリン類似物質を含む保湿剤やひび割れた患部を保護する軟膏の使用がおすすめです。

あかぎれに効く薬 ヘパリン類似物質、軟膏

ヘパリン類似物質

ヘパリン類似物質には、保湿・抗炎症・血行促進の3つの効果があります。

ヘパリン類似物質が皮膚に水分を与えることで乾燥を防ぎ、皮膚のバリア機能を改善します。

血行を促進する作用があるためすでに出血しているような傷には使用できませんが、皮膚の炎症をおさえ、肌荒れを改善する効果もあります。

ヘパリン類似物質はその、保湿・抗炎症・血行促進効果からしもやけ・あかぎれのどちらの症状にも効く薬です。

しもやけに効く市販薬

しもやけの原因である血行不良を改善することができる市販薬を紹介します。

ご自身の症状の度合いや、皮膚の状態によって薬を選びましょう。

ヘパリン類似物質を含む保湿剤

ヘパリン類似物質 乳状液 50g

成分 剤形
ヘパリン類似物質 乳液

ヘパリン類似物質を配合した乳液タイプの保湿剤です。皮膚を保湿し、血行を良くすることで、しもやけの症状を改善します。珍しい乳状液タイプでクリームよりもさらさらした使用感が特徴です。

 

ミナハダは、商品に添付してあるQRコードを読み込むことで薬剤師に無料で相談ができます。薬に関する疑問や心配事を薬剤師に相談できるため、安心して薬を使用することができます。

天然ビタミンE配合の飲み薬

 

ユベラックスα2 60CP(第3類医薬品)

成分 剤形
ビタミンE 飲み薬

ビタミンEは、抗酸化作用や末梢の血行促進作用があるビタミンです。

ユベラックスα2に含まれる天然ビタミンEは、合成でつくられたビタミンEと比べて吸収されやすい特長があり、効率よくビタミンEを補うことができます。

飲み薬のため、塗り薬と比べて手軽に使用できるのも特徴です。

炎症がひどいときにおすすめ

ベトネベートN軟膏AS

成分 剤形

ベタメタゾン吉草酸エステル

フラジオマイシン硫酸塩

軟膏

炎症をおさえるステロイド剤配合で、しもやけによる炎症に効果を発揮します。しもやけによる炎症がひどい場合におすすめの薬です。

また、抗菌作用のあるフラジオマイシンも配合しているため、ジュクジュクして化膿している患部に適しています。

皮膚のかゆみをおさえたいときに

アレルギール錠 55錠 飲むかゆみ止め (第2類医薬品)

成分 剤形

クロルフェニラミン
ビタミンB6

グリチルリチン酸カリウム

グルコン酸カルシウム水和物

飲み薬

皮膚のかゆみやしっしんに効果のあるクロルフェニラミンと皮膚や粘膜を健康に保つために必要なビタミンB6が配合されています。

しもやけによる皮膚のかゆみがある場合、かゆみ止めの成分が含まれている飲み薬を併用することも有効です。

あかぎれに効く市販薬

あかぎれは皮膚の乾燥を防ぐために、しっかり保湿ケアをすることが大切です。また、ひび割れてしまった皮膚には、患部を保護できる軟膏を使用しましょう。

ヘパリン類似物質を含む保湿クリーム

ヒフメイド油性クリーム

成分 剤形
ヘパリン類似物質 クリーム

クリームタイプでしっとりした使用感の薬です。塗り広げやすいクリームが患部をしっかりとカバーします。オイルベースのクリームが水分の蒸発を防ぎ、肌のうるおいが持続します。あかぎれの起こりやすい手などをしっかりと保湿したい場合には、乳液タイプよりも肌にとどまりやすい油性クリームを選ぶと良いでしょう。

皮膚を保護する軟膏薬

 

成分 剤形

シコン

トウキ

ミツロウ

ゴマ油

豚油

軟膏

 生薬のシコンとトウキから有効成分を抽出した、漢方処方(紫雲膏)の軟膏タイプの塗り薬です。軟膏が患部を保護しながら、炎症を鎮めます。