しもやけの原因

しもやけ(凍瘡)は寒さによる血行障害によって生じる症状です。最低気温が5℃前後で、一日の中で気温差が10℃以上あるときに起こりやすくなります。

しもやけができやすい季節

真冬よりも秋から冬、あるいは冬から春のように、気温差が大きくなる季節の変わり目に症状が現れる方が増えます。

血管は、気温が高いときは拡張し、気温が低いときは収縮します。拡張と収縮の調節がうまくいかなくなると、手先や足先などの末梢の血行調整がしにくくなり、しもやけになります。

 

雨や雪、あるいは汗で濡れて湿った靴下や靴を履き続けることで、足の毛細血管の損傷や皮膚温度の低下により、しもやけになることもあります。

子どもはしもやけになりやすい!

しもやけは大人よりも子どものほうがなりやすい傾向があります。

子どもは、靴下や靴、手が濡れていても気にせず遊び続けてしまい、濡れた衣類により皮膚の温度が低下し、しもやけになってしまうことが多くあります。また、雪の日に手袋をしないまま雪遊びをすることも、しもやけの原因となります。

 

さらに、子どもは自分の症状をうまく伝えることができないため、症状をそのままにしたまま治りが遅くなったり悪化したりすることも考えられます。

 

最もしもやけになりやすいのは、幼稚園から小学生くらいの子どもといえます。

子どものしもやけ対策

皮膚の温度を下げない

しもやけの原因は濡れることなどにより手足が冷えることです。

皮膚の温度が低下しないように、雨や雪の日は長靴や厚手の靴下、手袋の使用をおすすめします。

また、濡れてしまった衣服をそのまま着続けることも皮膚の温度の低下につながります。

雨や雪、汗で靴下や手袋が濡れてしまった場合は、水気を拭いて取り替えましょう。濡れた靴も乾燥させてください。

入浴習慣をつける

血行をよくするために、毎日の入浴はシャワーだけで済ませずにしっかりとお湯につかり手足を温める習慣をつけましょう。

すでにしもやけになってしまった場合でも、お湯につかって血行を良くすることは大切です。

市販薬を使ったケア

市販薬を使って血行をよくする方法もあります。血行促進作用があるヘパリン類似物質やビタミンE(トコフェロール)という成分がしもやけに有効です。

また、すでにしもやけが進行し、かゆみがある場合には、かゆみ止め成分が入っている市販薬が良いでしょう。

血行をよくする保湿乳液:ヘパリン類似物質乳状液「JM」

ヘパリン類似物質乳状液「JM」

ミナハダヘパリン類似物質乳状液 「JM」(ミナハダ)は珍しい乳液タイプの保湿剤です。

保湿・抗炎症・血行促進の作用がある「ヘパリン類似物質」が配合されており、手足の血行を良くします。

乳液タイプで、クリームよりもべたつきにくい、伸びがよい、肌になじみやすいことが特徴です。

保湿力の高い保湿クリーム:ヒフメイド油性クリーム

ヒフメイド油性クリーム

ヘパリン類似物質を配合したクリームタイプの保湿剤です。

水に溶けにくいという性質があるため、薬が流されにくく特徴があります。水分が蒸発しにくく、長く潤いを保つことができるのも特徴のひとつです。

かゆみ止めが二種類入っている塗り薬:チビシーモ

すでにしもやけが進行してかゆみが出ている場合には、かゆみ止めを使いましょう。チビシーモには、「ジフェンヒドラミン」「リドカイン」という二種類のかゆみ止め成分が配合されています。また、温感タイプで患部の苦痛をやわらげケアします。

ぱっくり割れしたしもやけにしみにくいぬり薬:ヒビケア軟膏a

ヒビケア軟膏a

ひどいしもやけによって肌が荒れてしまっている場合は、組織修復成分が入っている薬がおすすめです。ヒビケア軟膏aは「アラントイン」という組織修復を助ける働きのある成分や、「トコフェロール酢酸エステル」という血行促進成分、「ジフェンヒドラミン」というかゆみ止め成分などが入っています。

無臭性でしみにくい、べたつかず、なめらかな使用感になっています。

痛みや腫れがひどい場合は病院へ

通常、しもやけは適切なケアを行うことや、気温が上がることで改善します。

しかし、市販薬を使用しても治らない場合、痛みや腫れがひどい場合は他の病気のおそれもあるため、早めに病院(皮膚科)を受診しましょう。