あせもの原因や症状について解説

あせもは、汗がでる汗菅(かんかん)という場所が詰まることで発症する皮膚疾患です。あせもには種類があり、症状が異なります。この記事では、あせもの原因や症状について解説し、改善策を紹介します。

あせもとは?

あせもとは、皮膚にある汗の通り道の汗菅(かんかん)が詰まり、炎症が起こることでかゆみや発疹が生じる皮膚疾患です。

医学用語では、あせもは「汗疹(かんしん)」といいます。

あせもは、気温が高く湿気が多い環境で生じることが多いですが、寒い地域でも服を着込むことで汗を大量にかきやすくなり発症することもあります。

原因

あせもは、皮膚にある汗の通り道である汗菅が詰まることで発症します。

汗菅が詰まると、流出するはずだった汗が皮膚内に漏れ、かゆみや発疹などの皮膚の炎症が起こります。

あせもができやすい場所

あせもができやすい場所は、衣類や皮膚が接触しやすい肘の内側や膝裏、太ももの内側、脇の下、首などがあります。

子どもにできやすい

あせもは子どもに多く発症します。

子どもは、大人と比べて体の面積が少ないのに対し、汗をだす汗菅の数は大人と変わりません。そのため、汗菅の密度が高くなり、あせもになりやすいです。

子どもに多く発症しますが、大人でも高温の環境で作業している方にも発症します。また、高熱を出しているときなども、年齢関係なく発症しやすくなります。

あせもの症状は3タイプ

あせもは汗菅の汗が詰まる場所の深さによって症状が変わり、3タイプあります。

汗が詰まる場所が浅い順から、水晶様汗疹・紅色汗疹・深在性汗疹となります。

水晶様汗疹

水晶様汗疹は自覚症状があまりなく、直径1〜3mmの水滴のような水ぶくれが生じます。水ぶくれは、軽く圧迫すると破裂することがあります。

発熱などで急激に汗をかいた時などに発生することがあります。

紅色汗疹

紅色汗疹は、赤いブツブツとしたものが複数発生し、かゆみや軽い痛みをともないます。

あせもの中でも発症が多く見られ、一般的にいわれているあせもは、紅色汗疹を指します。

高い温度や湿度の環境で長い時間いると発汗が多くなり、皮膚が汗によりベタつく、衣服を湿らせるなどが続くとあせもを発症させることがあります。

深在性汗疹

深在性汗疹は、皮膚にブツブツしたものができ、ブツブツした場所には汗をかかないのが特徴です。

深在性汗疹は亜熱帯地域に多くみられ、日本ではあまりみられない症状です。

紅色汗疹に比べ、皮膚の盛り上がりは大きくかゆみや赤みは出ませんが、ときどきずきずきした痛みを感じることがあります。

また、深在性汗疹は発症した場所に汗をかかず、熱がこもりやすくなります。

あせもの病院を受診すべき症状

あせもの状態では、病院を受診すべき症状があります。

あせもには、直径1〜3mmの水疱の症状がでるものがあります。

しかし、直径1〜3mmの水疱は、あせも以外の病気でも発症することがあり、見分けることが困難です。

小さな水疱ができた場合には、病院を受診しましょう。

また、病院を受診すべき症状は、次のようなものがあります。

・掻きむしって化膿している
・範囲が広がっている

・発熱、倦怠感がある
・腫れ、患部が熱をもっている
・水疱がある
・かゆみ、痛みが激しい
・ピリピリ、チクチクする痛みがある

あせもの市販薬が使える症状

あせもは、掻かずにいることができれば数日で自然に治る場合があります。

しかし、かゆみを早くおさえたい場合は、市販薬を使用することができます。

市販薬が使える症状は、赤いブツブツとしたものが複数発生し、かゆみや軽い痛みをともなうあせもです。

しかし、かゆみ・痛みが強くなっているひどいあせもの場合は、病院を受診しましょう。

あせもの市販薬について、詳しい関連記事はこちらをごらんください。

日常生活でできる改善方法

あせもを治すためには、薬を使って掻かないことも大切ですが、薬以外にも日常生活の中のちょっとしたことを意識すると、あせもを改善しやすくなります。

汗をふき取る・シャワーで洗い流す

こまめに汗を拭き取り、できればお風呂やシャワーはぬるめの温度に設定し、汗を流すことをおすすめします。

あせもに汗が付着すると、かゆみや痛みの原因になり、炎症を悪化させるおそれあります。

汗を拭いたり流すことで皮膚を清潔に保ち、悪化させないようにしましょう。

環境を整える:発汗をおさえるために

温度や湿度などに気をつけて、発汗をおさえられる環境を整えましょう。

エヤコンや扇風機などを使うことで、温度を調節しやすくなります。また、湿気が多い時期には、除湿機を使用して適度な湿度を保つことが大切です。

湿度が高いと温度よりも汗をかきやすく、衣類などが汗でべったりとするため、あせもへの刺激になりやすくなります。

ただし、温度の下げすぎは体が冷えてしまったり、湿度も下げ過ぎてしまうと乾燥の原因になるので注意しましょう。

おわりに

あせもは、汗をだす管が詰まってしまうことで皮膚に炎症を生じます。

あせもができてしまったときは、掻かないようにすることが大切です。

また、自身であせもが悪化させないようにすることも必要です。

かゆみなど我慢できない症状になったときは、市販薬を使うか皮膚科を受診することをおすすめします。

汗疹(あせも)のお役立ち情報

ピックアップ特集