あせも予防に大切なこと|夏に向けたあせも対策

あせもを予防するために自身でできることを徹底解説!あせもにはさまざまな症状がありますが、全て汗をだすための通り道の汗菅が詰まってしまうことで発症します。汗菅が詰まってしまう原因もさまざまありますが、基本的に汗への対処が必要です。この記事では、あせもを予防するために大切なことや自身でできることを解説していきます。

あせもとは?

あせもとは正式には汗疹(かいしん)と呼ばれ、皮膚にある汗の通り道の汗菅(かんかん)が詰まり、かゆみや痛みなどの炎症が起こる身近な皮膚疾患です。

夏場などに発症しやすい症状ですが、最近はエアコンなどの空調が整っていることで、冬でもあせもができることもあります。

あせもの症状

あせもには3種類の症状があります。一般的には、「紅色汗疹」がもっとも一般的なあせもです。

水晶様汗疹
(すいしょうようかんしん)
・白っぽい透明に近い小さな水ぶくれができるあせも
・かゆみや痛みはない
紅色汗疹
(こうしょくかんしん)
1〜3ミリ程度の湿疹や水泡ができ、赤くかゆみや痛みをともなう
深在性汗疹
(しんざいせいかんしん)
亜熱帯地方に多くみられ、日本ではあまりみられないあせも

あせもができる原因

あせもができる原因は、多量に汗がでることで、汗をだす管である汗菅が詰まることで生じます。

汗菅が詰まる原因には、症状別にさまざまな要因が考えられています。

水晶様汗疹は、日焼け後や発熱などの要因で皮膚に軽い損傷が起こり、汗の出口が塞がりやすくなることで発症しているのではないかと考えられています。

紅色汗疹は、高い湿気や温度がある場所に長い時間いることで発汗が多くなり、皮膚のベタつきや通気性の悪い衣服に汗が染み込んだままなど、湿っている状態が続くと発症しやすくなります。

予防方法1:皮膚を清潔に保つ

汗がべたついたままでいると、汗菅が詰まりやすくなるおそれがあります。

皮膚を清潔に保つために、汗をふき取る・シャワーで汗を流すことがおすすめです。

ときには熱いお湯に浸かる、長湯、岩盤浴など、汗菅を開かせることで詰まりを防ぐことにつながります。

汗を拭き取るときは強く拭きすぎると皮膚を傷つけ炎症を引き起こすおそれがあるため、優しく拭き取るようにしましょう。

また、日焼けがあせもを発症させるきっかけになることがあります。アームカバーや日焼け止めなどの日焼け対策をするで、皮膚へのダメージを軽減させあせもを防ぐことにつながります。

予防方法2:温度・湿度を整える

高い温度や湿度の環境は、発汗作用が働き汗を多くかきやすくなります。

温度が高く暑いときはエアコンや扇風機で温度の調節を行い、湿度が高いときは除湿機などを使い湿度を下げましょう。

しかし、温度の下げすぎは体が冷えたり、湿度を下げすぎると乾燥を引き起こしてしまうこともあるので、適度に調節することをおすすめします。

また、冬の寒い時期は厚着しすぎても汗をかきやすくなるので、温度や湿度の調整は気をつけましょう。

予防方法3:通気性が良い素材を選ぶ・着替える

仕事や運動などの用途別に、通気性が良い素材を選ぶようにしましょう。

通気性が良い素材には、綿や麻などの天然繊維のものがあります。吸湿性があり、日常の中で発生する汗を吸収するのに適しています。

しかし、運動など大量に汗をかく場合は、綿や麻ではなくポリエステルやナイロンなどの合成繊維などが適していることもあります。

綿や朝は速乾性が少なく大量の汗を吸ってしまうと重くなってしまうのに対し、ポリエステルやナイロンなどは軽量かつ速乾性に優れています。

そのため、用途によって素材を選ぶようにすることをおすすめします。

また、汗をかいて衣類が濡れているときは、着替えることも必要です。運動や仕事などで汗を多くかきやすい場合は、着替えを持参することもおすすめします。

赤ちゃん・子どもの場合に特に注意すること

赤ちゃんや子どもの場合は、注意しながらあせも予防をしましょう。

人は生まれた時から汗菅があり、数は生まれた時から一生変わりません。

そのため、赤ちゃんや子どもは大人と同じ汗菅の数がありながら、体の面積が少ないため汗菅の密集度が高く、あせもになりやすい傾向にあります。

特に、赤ちゃんは体が小さく言葉も喋れない、自分で拭くなどの対処もできないため、注意を払う必要があります。

赤ちゃんや子どもは、汗をかいたときにはこまめに通気性の良い服に変える、温度・湿度の調整をするなどして、あせもを予防しましょう。

おわりに

あせもはさまざまな原因から発症しやすいですが、一番の予防は汗を多くかかないようにすることです。

しかし、環境によっては汗をかかないようにすることは難しいですが、汗を拭いたり着る素材を変えるなど対策であせもの発症を防ぐことはできます。

自身に合った対策をし、あせもを予防していきましょう。

汗疹(あせも)のお役立ち情報

dメニュー