あせも(汗疹)ができた時に病院で処方される塗り薬について

病院を受診するべきあせもの状態を解説。あせもに処方される代表的な処方薬を紹介します。ステロイド配合薬と非ステロイド薬、症状の状態に合わせた成分も解説します。

あせもとは?

あせも(汗袗)は、皮膚の表面に汗を送る汗管が詰まってしまうことで、炎症やかゆみ、ヒリヒリとした痛みが起こる皮膚トラブルです。

汗をかいたあとにそのままにしているなど、湿気が多い状態が続くと起こりやすく、皮膚同士が触れる部分(わきの下、太ももの内側など)やひじの内側・首にできやすいことが特徴です。

子どもだけでなく大人もあせもになります。大人にあせもができると、年齢とともに肌の代謝が悪くなるため、症状が悪化することもあります。

あせもで病院を受診する目安

あせもが軽症の場合は、シャワーで皮膚を清潔にする、通気性の良い状態を保つ、市販薬を使うなど、病院を受診しなくてもケアできることがほとんどです。

ただし、あせもが赤く炎症を起こしている、ぐじゅぐじゅしているなどの場合は、病院を受診することをおすすめします。

また、水疱ができている場合、あせも以外の皮膚疾患であることも考えられます。

あせもかどうか自己判断できない場合は、皮膚科を受診して医師に相談しましょう。

目安となる症状

あくまで目安ですが、病院を受診すべき症状は、次のようなものがあります。

・掻きむしって化膿している
・範囲が広がっている
・発熱、倦怠感がある
・腫れ、患部が熱をもっている
・水疱がある
・かゆみ、痛みが激しい
・ピリピリ、チクチクする痛みがある

病院でのあせもの治療

あせもで病院を受診すると、主に塗り薬の処方による薬物療法がおこなわれます。

炎症がないタイプや軽度のあせもであれば、特別な治療を行わなくても自然に治ることが多くありますが、一般的に多く見られるあせもには炎症があり、かゆみをともなうため、放っておくとかき壊しにつながるおそれもあります。

あせもが起こった場合、まずは薬で炎症をおさえて皮膚のかき壊しを防ぎ、症状の悪化を防ぎます。

炎症をおさえるにはステロイド薬での治療が基本になります。そのほか、酸化亜鉛やアズレンという成分が配合された薬も使用されます。

また、細菌感染があり患部が化膿している場合は、抗生物質による治療が必要になります。

ステロイド薬

ステロイドは合成副腎皮質ホルモンともいわれ、もともと人間の副腎でつくられるホルモンを人工的に合成した成分です。

副腎皮質ホルモンはストレス、炎症、アレルギーや免疫をおさえるなど人間にとって重要な働きをしているため、ステロイド薬は皮膚病だけでなく、気管支炎、アレルギー疾患、膠原病などの治療でも使われます。

塗り薬のステロイド薬は強さによって5段階に分類されます。

1群 Strongest(最も強い)
2群 Very Strong(非常に強い)
3群 Strong(強い)
4群 Medium(中間)
5群 Week(弱い)

あせもの治療薬は、3〜5群の比較的強さが穏やかな部類の薬が処方されることが多いです。

また、ステロイド薬は効果の強さから、副作用を心配する方もいます。しかし、特別に副作用が出やすい薬というわけではありません。

副腎皮質ホルモンは人間にとって重要なホルモンであり、用法・用量を守り正しく使用すれば高い効果が期待できる優れた薬といえます。

病院で処方されるステロイドの塗り薬

リンデロンVG

リンデロンVGは強さが真ん中の3群Strongに分類される薬です。軟膏タイプとクリームタイプがあります。

有効成分であるベタメゾン吉草酸エステル(ステロイド成分)には、炎症やかゆみの症状をおさえる効果があります。さらに抗生物質のゲンタマイシン硫酸塩も配合されており、細菌やウイルスを殺菌する効果があるため、患部に細菌が感染して悪化することを防いでくれます。

患部をかきむしって傷がある場合などによく処方されます。

リンデロンVGは基本的に長期・大量使用は避ける必要があります。特に、小児や妊婦の方は注意してください。

ステロイドの強さ 3群:Strong(強い)
成分名

ベタメタゾン吉草酸エステル、ゲンタマイシン硫酸塩

ロコイド

ロコイドはリンデロンVGより強さが1つ下の4群Mediumに分類される薬です。軟膏タイプとクリームタイプがあります。

ステロイドの中でも効き目が穏やかで皮膚に優しいため、顔などの皮膚が薄い箇所にも使用ができます。主成分であるヒドロコルチゾン酪酸エステル(ステロイド成分)が患部の炎症やかゆみを抑えます。

添付文書上では小児の使用に対する使用注意の記載がありますが、ロコイド軟膏はステロイドレベルも低いため、実際は医師の診断のもと、赤ちゃんにもよく処方される薬です。

ステロイドの強さ

4群:Medium(中間)

成分名

ヒドロコルチゾン酪酸エステル


キンダベート軟膏

キンダベート軟膏もロコイドと同じく4群Mediumに分類される薬です。

効果は穏やかですが、あせもによる炎症やかゆみを抑えてくれます。

ロコイドと同様にキンダベート軟膏もよく小児に処方される薬で、赤ちゃんのおむつかぶれや湿疹にも処方されます。

ステロイドの強さ

4群:Medium(中間)

成分名

クロベタゾン酪酸エステル

ステロイドを含まない塗り薬

ステロイドに比べると効果は穏やかですが、副作用の心配が非常に低く、安心して使用できる薬です。

あせもの症状が軽症の場合や、どうしてもステロイド薬を使用したくない方の場合などに処方されます。

亜鉛華軟膏

亜鉛華軟膏は酸化亜鉛という成分で作られています。炎症おさえる作用があるほか、患部の乾燥を早めることで皮膚の修復を助けます。

成分名 酸化亜鉛
小児の使用上の注意 特別な注意喚起はなし
妊婦の使用上の注意 特別な注意喚起はないが、妊娠中・授乳中であることを医師に伝え確認をとること


アズノール軟膏

炎症に対してはステロイドに比べて効果が弱いですが、副作用の心配も少ないためステロイドを嫌がる妊婦さんや赤ちゃんも使用しやすい薬です。

アズノール軟膏は植物由来のアズレンという成分で作られています。効果は穏やかですが、皮膚の保護、抗炎症作用、かゆみをおさえるなどの作用があります。

成分名 アズレン
小児の使用上の注意 特別な注意喚起はなし
妊婦の使用上の注意 特別な注意喚起はないが、妊娠中・授乳中であることを医師に伝え確認をとること


かゆみがある場合は抗ヒスタミン成分の薬

かゆみがある場合は、かゆみを止める抗ヒスタミン成分が含まれる薬が処方されることがあります。

掻きむしってしまうことで、化膿し症状が悪化することもあるため、かゆみを我慢できず掻きむしってしまう子どもなどでは、かゆみをおさえることが大切となります。

抗ヒスタミン薬は、塗り薬と飲み薬もあります。

化膿がある場合は抗生物質の軟膏

あせもを掻き壊してしまい傷口が化膿した場合は、抗生物質が配合された軟膏を使用し細菌の増殖を防ぎます。

抗生物質の軟膏の中には、抗生物質のみで作られたものもあれば、抗生物質とステロイドが配合された薬もあります。

ステロイドが配合された抗生物質の軟膏を使うか、抗生物質のみの軟膏を使うかどうかは、使用する方の症状・年齢などに合わせて選ばれます。

軽症のあせもには市販薬を活用

市販薬が使える症状は、赤いブツブツとしたものが複数発生し、かゆみや軽い痛みをともなうあせもです。

あせもの市販薬には、症状に合わせた成分が配合されています。あせもの症状に合わせて、成分を確認しましょう。

また、薬の購入前に必ず説明書や箱を確認してください。特に、子どもに使用する場合、使用可能な対象年齢にあてはまっているかどうか確認してください。

おわりに

あせもは子どもだけでなく大人も発症する身近な皮膚トラブルです。軽症の場合は市販薬などで対処ができることがほとんどですが、判断に困った場合は病院を受診しましょう。

医師の診断の上、処方された薬は用法用量を守って正しく使用してください。

汗疹(あせも)のお役立ち情報

dメニュー