あせもの代表的な処方薬:ステロイド・非ステロイドの違いと注意点

あせもが赤く炎症を起こしている場合は病院で薬を処方してもらいましょう。この記事ではあせもの代表的な処方薬について解説します。ステロイド薬を使用するうえでの注意点や、同じ成分を含む市販薬についても徹底解説しています!

あせもは皮膚のトラブルでよく見られる症状の1つです。軽症の場合はシャワーで皮膚を清潔にし、通気性の良い状態を保つことでケアできますが、あせもが赤く炎症を起こしている場合は病院での治療をおすすめします。

病院でのあせも治療は主に塗り薬の処方によっておこなわれます。この記事ではあせもに処方される代表的な薬について解説します。また、処方薬と同様の成分を使用している市販薬についても解説します。

代表的なあせもの処方薬:ステロイド編

あせもが炎症して赤くなっていたり、かゆみがともなう場合はステロイド薬が処方されることが多いです。副作用の危険性からステロイド薬の使用をためらう方も多いかと思いますが、用法用量を守って正しく使用すれば安全な薬です。

ステロイド薬は強さによって5段階に分類されます。

・1群:Strongest(最も強い)
・2群:Very Strong(非常に強い)
・3群:Strong(強い)
・4群:Medium(中間)
・5群:Week(弱い)

あせもの治療薬は、3〜5群の比較的強さが穏やかな部類の薬が処方されることが多いです。

リンデロンVG軟膏

リンデロンVG軟膏は強さが3群に分類される薬です。

有効成分であるベタメゾン吉草酸エステルには、炎症やかゆみの症状をおさえる効果があります。さらにゲンタマイシン硫酸塩には細菌やウイルスを殺菌する効果があるため、患部に細菌が感染して悪化するのを防いでくれます。その効果から、患部をかきむしって傷がある場合などによく処方されます。

成分名

ベタメタゾン吉草酸エステル、ゲンタマイシン硫酸塩

用法用量 通常1日1~数回、適量を患部に塗布する。
小児の使用上の注意 長期・大量使用は避ける。また密封療法での使用も発育障害の危険がともなうため注意すること。
※密封療法・・・外用剤の水分やアルコールが蒸発することを避けるために、薬を塗ったあと患部をラップフィルム等で覆う治療方法。
妊婦の使用上の注意 妊娠中・授乳中の大量又は長期にわたる広範囲の使用は避けること。

リンデロンを含むステロイド薬は副作用の危険性があるため、基本的に長期・大量使用は避けなければいけません。特に小児や妊婦さんは注意をしてください。

リンデロンの詳しい効果や使用方法に関しては、以下の記事で解説しています。

ロコイド軟膏

ロコイド軟膏はリンデロンVG軟膏より強さが1つ下の4群に分類される薬です。ステロイドの中でも効き目が穏やかで皮膚に優しいため、顔などの皮膚が薄い箇所にも使用ができます。主成分であるヒドロコルチゾン酪酸エステルが患部の炎症やかゆみを抑えます。

成分名

ヒドロコルチゾン酪酸エステル

用法用量 通常1日1~数回、適量を患部に塗布する。
小児の使用上の注意 長期・大量使用は避ける。また密封療法での使用も発育障害の危険がともなうため注意すること。
妊婦の使用上の注意 妊娠中の大量又は長期にわたる広範囲の使用は避けること。
授乳中の使用に関しては特別注意は必要ないとされているが、なるべく医師に確認をとって使用すること。

添付文書上では小児の使用に対する注意換気がありますが、ロコイド軟膏はステロイドレベルも低いため、赤ちゃんにもよく処方される薬です。

キンダベート軟膏

キンダベート軟膏もロコイド軟膏と同じく4群に分類される薬です。あせも以外に赤ちゃんのおむつかぶれや湿疹にも処方されます。効果は穏やかですが、あせもによる炎症やかゆみを抑えてくれます。

成分名

クロベタゾン酪酸エステル

用法用量 通常1日1~数回、適量を患部に塗布する。
小児の使用上の注意 長期・大量使用は避ける。また密封療法での使用も発育障害の危険がともなうため注意すること。
妊婦の使用上の注意 妊娠中の大量又は長期にわたる広範囲の使用は避けること。
授乳中の使用に関しては特別注意は必要ないとされているが、なるべく医師に確認をとって使用すること。

ロコイド軟膏と同様にキンダベート軟膏もよく小児に処方される薬です。

赤ちゃんや妊婦にステロイド薬を使用して良いのか?

ステロイド薬は長期・大量使用をすると皮膚が薄くなったり、免疫力が低下して炎症をおこすなどの副作用が起こりやすくなるため、とくに赤ちゃんや妊婦さんなどは使用をためらう人が多いかと思います。

医師に相談して非ステロイド薬を処方してもらうことも可能ですが、炎症やかゆみの症状がある場合はステロイド薬を使用して、早く症状を緩和させる必要があります。炎症がある程度おさまれば非ステロイド薬に切り替えることも可能です。

症状に合わせて医師が選んだ薬を理解し、用法用量を守ってステロイド薬を使用すれば問題ありません。

代表的なあせもの処方薬:非ステロイド編

ステロイドに対して効果は穏やかですが、非ステロイド薬は副作用の危険性が低く、安心して使用できる薬です。あせもの症状が比較的軽症の場合や、患者さんがどうしても非ステロイド薬を使用したくない場合にこの薬が処方されることが多いです。

アズノール軟膏

アズノール軟膏は植物由来のアズレンという成分で作られています。効果は穏やかですが、皮膚の保護、抗炎症作用、かゆみを抑えるなどの作用があります。

成分名 アズレン
用法用量 通常1日1~数回、適量を患部に塗布する。
小児の使用上の注意 特別な注意換気はなし。
妊婦の使用上の注意 特別な注意換気はないが、妊娠中・授乳中であることを医師に伝え確認をとること。

かゆみや炎症に対してはステロイドに比べて効果が弱いですが、その分副作用が少なく、添付文書にも「皮膚刺激感等の過敏症状」「接触性皮膚炎」しか書かれていません。小児・妊婦に対する注意書きもなく、ステロイドを嫌がる妊婦さんや赤ちゃんも使用しやすい薬です。

処方薬と同じ成分の市販薬はある?

処方薬を購入するためには病院に行って医師の診察を受ける必要があります。しかし、すぐに病院に行く時間がない場合は応急処置として市販薬を使用するのも1つの手です。

上記で紹介した薬の中には同じ成分が含まれる市販薬が販売されているものがあります。

【指定第2類医薬品】ベトネベートN軟膏AS 5g

成分 ベタメタゾン吉草酸エステル、フラジオマイシン硫酸塩
効果 ・化膿を伴う次の諸症:湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、しもやけ、虫さされ、じんましん
・化膿性皮膚疾患(とびひ、めんちょう、毛のう炎)

べトネペートN軟膏ASは、リンデロンVG軟膏に含まれるベタメタゾン吉草酸エステルを主成分としています。抗生物質は異なる成分が使用されていますが、同じ作用を持っている成分であるため、ある程度は同じ効果を期待できるといえます。

ただし、上記でも説明したとおりステロイドは長期・大量使用をすると副作用の危険性が高まります。5〜6日使用しても症状が改善しない場合は使用を中止し、医師の診察を受けるようにしましょう。

また妊婦さんは、医師又は薬剤師に相談のうえ使用するようにしてください。

【指定第2類医薬品】ロコイダン軟膏 16g ※セルフメディケーション税制対象商品

成分 ヒドロコルチゾン酪酸エステル
効果 湿疹、皮膚炎、かぶれ、かゆみ、虫さされ、じんましん、あせも

ロコイダン軟膏には、ロコイド軟膏と同じ ヒドロコルチゾン酪酸エステルが含まれています。ただし、処方薬のロコイドはヒドロコルチゾン酪酸エステルの濃度が0.1%に対して、市販薬のロコダイン軟膏は同成分の濃度が0.05%となっています。そのため効果は処方薬に比べて若干穏やかです。

ただしステロイドであることに代わりはないため、長期・大量使用は避け、添付文書をよく読み用法用量を必ず守ってください。

その他にもあせもの市販薬は様々な種類のものが販売されています。以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

購入はこちらから

紹介されたお薬/アイテム

【指定第2類医薬品】ベトネベートN...

【指定第2類医薬品】ロコイダン軟膏...

汗疹(あせも)のお役立ち情報

ピックアップ特集