妊娠中のあせもは病院を受診するべき?

あせもは軽い症状であれば、家庭でできるケアや市販薬の使用で改善することが多くあります。

しかし、妊娠中は特に市販薬を使用する場合は、事前に担当の医師に相談することをおすすめします。

また、妊娠の有無に関わらず症状がひどい場合や、掻きむしってしまった場合は、産婦人科または皮膚科への受診が必要です。

あくまで目安ですが、以下にあてはまる場合は医療機関を受診しましょう。

・発熱やだるさなどがある
・掻きむしって化膿している
・水疱ができている
・チクチク、ピリピリする
・かゆみ、痛みが強い
・範囲が広い、または広がっている
・腫れがある、患部が熱をもっている

妊娠中でも市販薬は使用できる?

妊娠中に不調が起きた場合は、基本的には担当の医師に相談し、症状に合った薬を処方してもらうことをおすすめします。

軽度のあせもなどであれば、市販の外用薬を使用することも可能ですが、夜間や休日などすぐに病院に行けない場合の応急処置として考えましょう。

あせもかどうか判断がつかない場合は、医療機関を受診することを優先しましょう。夜間などに我慢できない症状がでた場合は、救急当番の医療機関を探すなどし、安易な市販薬の使用は避けましょう。

かゆみをおさえたいときの市販薬

ここで紹介する市販薬は妊娠中でも使用できますが、できる限り医師・薬剤師・登録販売者に相談することを心がけましょう。

あせものかゆみをおさえたい時は、かゆみをおさえる作用のある「抗ヒスタミン成分」配合の薬を選ぶとよいでしょう。

また、「酸化亜鉛」は患部を乾燥させる助けとなり、より改善が早くなります。

酸化亜鉛と抗ヒスタミン成分を両方配合している市販薬をピックアップして紹介します。

アセモア

あせもの薬で他にはないパウダースプレー式なので手が汚れず、手が届きにくい背中などに一気に使用できる製品です。パウダータイプのため、サラサラな使い心地の点も、夏には向いています。

また、局所麻酔成分の「リドカイン」も配合しているため、かゆみに対しては比較的速効性があります。

顔には直接噴霧できませんが、スーッとする成分も配合していないため、使いやすさでは一番ではないでしょうか。

ただし、配合成分の量は少なめになっているため、強くかゆみを止めたい場合は他の製品の方が向いています。

妊娠中にも使える成分ですが、担当の医師に相談してから使用した方が安心です。

タクトホワイトL

有効成分のリドカインは作用が強めで速効性があり、かゆみをすばやく感じにくくさせます。

また、血管収縮作用によってかゆみを緩和する「dl-メチルエフェドリン塩酸塩」なども配合されており、かゆみに対しての成分が他よりも充実しています。

特にかゆみが気になる方に向いています。

レスタミンコーワパウダークリーム

l-メントールなど刺激の強い成分を含んでいないことが特徴です。

スーッとせず、刺激が少ない製品としてピックアップしました。

スーッとするのが苦手な方でも使いやすく、目に入らないように気をつければ、顔にも使いやすいクリームです。

アセモスチール

かゆみ止めの成分が入っているあせもの市販薬の中では、「酸化亜鉛」の量が非常に多い製品です。

また、添加物にバレイショデンプンが配合されている点が特徴です。

化亜鉛とバイレイショデンプンを配合することで、あせもを早く治すための乾燥作用が強くなっています。

ステロイドが入っている薬は妊娠中に使える?

赤みや腫れがでている場合は、ステロイドを配合した薬を使用しましょう。

塗り薬などの外用薬は、血液中への成分の移行が少なく、ステロイドも添付文書(説明書)に記載されている期間内であれば妊娠中でも使用できます。

ただし、妊娠中の方は必ず主治医に使用していいか確認を取るようにしてください。

エンクロンローションEX

ローションは、クリーム・軟膏よりもさっぱりとしていて、夏にも使いやすい点が大きな特徴です。

エンクロンローションEXに配合されているステロイドは、皮膚表面の患部で効果を発揮したのち、体内に吸収されると低活性となるアンテドラッグというタイプです。

アンテドラッグは、副作用の軽減と効果の両方の面で優れています。

また、かゆみをおさえる成分が2種類配合されており、ほかにも、殺菌成分や肌の回復を助ける成分など配合成分が充実しています。

化膿したあせもに使える市販薬

化膿をともなうあせもに使用できる市販薬は非常に限られており、「ステロイド」+「抗生物質」の組み合わせが基本です。

感染を起こした細菌に作用し、化膿した部位で菌の増殖を防いでくれます。

ただし、患部を掻きむしって化膿している場合は、市販薬で対応するのではなく皮膚科を受診しましょう。

狭い範囲に短期間で使用するのであれば、妊娠中でも使用できる市販薬です。

ただし、妊娠中の方は必ず主治医に使用していいかどうかの確認を取ってください。

フルコートf

フルコートfは、市販薬の中でも特に炎症を鎮める作用が優れたもののひとつです。

特に赤みが強く、化膿しそう・または化膿がみられる手や足・体のあせもに向いています。

ドルマイコーチ軟膏

弱めのステロイド成分と抗菌力を持つ2種類の抗生物質を配合しています。
抗生物質が2種類配合されているため、高い抗菌力を発揮し、化膿をおさえてくれます。

赤みは強くなく、顔・首など皮膚の薄い部分に症状がある場合に向いています。

あせもができる原因

汗をたくさんかくなど、汗が停滞している状態で汗の出る管が詰まり皮膚内にたまることで、炎症やかゆみ・皮疹・水ぶくれができてあせもになります。

夏場などの汗をかきやすい季節や、汗をかいた後にすぐに拭き取らずにいる場合も、あせもができやすい状態です。

あせもは、汗がたまりやすい関節や皮膚の溝ができやすい部分にでやすい傾向があります。

・首回り
・額
・脇や胸まわり
・お腹まわり
・ひじ、ひざの内側、足のつけ根
・お尻
・背中

あせもの症状

あせもには種類がありますが、最も発症しやすい一般的なあせもは「紅色汗疹(こうしょくかんしん)」というタイプです。

1〜3ミリ程度の湿疹や水疱ができ、赤くかゆみをともないます。自覚症状があるため発症に気づくことが比較的簡単です。汗をかきやすい時期に多くみられます。

炎症がひどくなったり、あせもが発生した部位によってはじゅくじゅくした湿疹になります。患部を掻いて肌が傷ついてしまうと、傷から細菌に感染し、とびひなどに悪化する危険性があるため、早めの対策が必要です。

水疱ができている場合は他の皮膚疾患と見分けがつきにくいため、一度医師に相談しましょう。

家庭でできる身近なあせもケア

あせもは痛みやかゆみ・炎症がひどくなければ、家庭でもケアが可能です。

軽い症状のあせもであれば、肌の清潔と汗を小まめに拭き取ること、冷房などを利用しなるべく汗をかかないように心がけることで、多くは改善することができます。

シャワーや石鹸で汗を洗い流す

あせもができてしまった場合、まずは皮膚を清潔な状態にすることが重要です。

汗をかきっぱなしにしてしまうと、あせもはなかなか治らず、悪化してしまうおそれもあります。

汗をかいたらシャワーなどを浴び、肌を清潔に保ちましょう。

ただし、石鹸でごしごしと強く皮膚をこすると、肌のバリア機能が失われて炎症を引き起こしやすくなります。たっぷりの泡で優しく洗いましょう。

特に肌が弱い方は、低刺激性の石鹸を使用することをおすすめします。

汗は小まめに拭く

汗をかいたらすぐにシャワーを浴びることができれば良いですが、妊娠中は何度もシャワーを浴びることが大変なときもあります。

その場合は、タオルなどで小まめに汗を拭き取ってください。

ただし、タオルでこするとかゆみや炎症が悪化するおそれがあるため、優しく拭き取りましょう。

あせもケアの注意点|ボディパウダーは避ける

汗を吸収するボディパウダーやベビーパウダーですが、すでにあせもの症状があるときは、使用を避けましょう。

すでにあせもの症状が現れてしまっている場合にボディパウダーなどを使用すると、汗腺を塞ぎあせもの症状を悪化させるおそれがあります。

おわりに

妊娠中は汗がたまりやすいところも増えるため、小まめに汗を拭くなどのケアをかかさず、清潔を保ちましょう。

症状が軽い場合は、家庭でのケアと合わせて市販薬を使用するのもひとつの手です。

何より掻きむしらず、悪化させないことが大切です。掻きむしるなどで悪化した場合は、産婦人科の医師に電話して指示を受けましょう。