魚の目は皮膚科で治療するべき?

「魚の目」とは、皮膚の角質の一部が厚くなり、皮膚の深いところまで入り込んで中心に硬い芯ができることをいいます。深くまで入り込んだ芯が神経を刺激するため、痛みを感じることもあります。

魚の目は主に、足の裏や親指・小指の付け根、関節などの外部からの刺激を受けやすい場所にできやすく、手や指にできる場合もあります。

軽い症状の魚の目であれば市販薬を使用して治療することができますが、正しい方法で治療が行えていないと化膿したり、再発したりするおそれがあります。

痛みがひどい場合や市販薬では完治しなかった場合は、なるべく早く皮膚科を受診しましょう。

市販薬での魚の目の取り方は関連記事をごらんください。

病院での治療方法・費用・治療期間

皮膚科での診察ではまず、視診(目で見て診断すること)によって症状を確認します。

魚の目はイボと症状が似ているため、治療を始める前にしっかりと診断する必要があります。

イボの場合は周囲にも同じような症状がみられることがあるため、この時点でイボだと判断された場合はイボの治療を行う方向で診察を進めていきます。

視診で魚の目である確率が高いと判断された場合は、魚の目の表面を削り、中心に魚の目特有の「芯」があるかを確認します。

なおかつ、患部の周りの角質が分厚く変化していればその症状が魚の目と認められます。主な治療方法は以下の表の通りです。

 【魚の目の治療法・費用・治療期間】

治療法 費用 治療期間
削り 約1,500円 数回
液体窒素 約2,000円 数ヶ月
電気メス 約5,000〜1万円 約1か月
レーザー 数万円 約1〜10か月

削り

硬くなった角質を削ることで魚の目による痛みを和らげますが、芯を完全に除去する治療ではないので、再発のおそれがあります。

治療期間には個人差がありますが、角質が取れるまで数回治療を行う必要があります。

液体窒素

液体窒素を魚の目に当てて、細胞を破壊する治療法です。1〜2週間に1回ペースで、魚の目がなくなるまで治療を続ける必要があります。

また、強い痛みをともなうことが多い治療方法ですが、保険適用で治療費が高額でない上にしっかりと治療できるため、液体窒素での治療を行う人は比較的多くみられます。

電気メス

重度の魚の目の場合、魚の目を電気メスを使用した手術で切除します。保険適用で約6,000円程度で治療できます。

傷がふさがるまでに1か月以上かかるため、軽度の魚の目では切除はあまり行われません。

レーザー治療

近年魚の目の治療法として普及しているレーザー治療は、比較的に再発率の少ない治療法です。

しかし、ほとんどの場合が保険適用にならず、全額自己負担となります。病院によって価格は大きく異なりますが、診察料なども含めると最低でも10,000円以上かかるでしょう。

また、魚の目の大きさにもよりますが、魚の目が完治するまでに1〜10か月程の間(月1回)通院する必要があります。

魚の目の治療は痛い?

魚の目を治療する際の痛みは、治療の方法によって異なります。

個人差はありますが、「液体窒素削り電気メスレーザー治療」の順で痛みを感じるといえます。

液体窒素による治療は、ほとんどの人が激痛をともないます。

削りによる治療では、施術する医師のテクニックによって痛い場合と痛くない場合があります。

また、電気メスでは麻酔によって施術中の痛みはありませんが、麻酔が切れた後に強い痛みを感じます。

もっとも痛みが少ないのはレーザー治療ですが、保険が適用されず病院に通う期間も比較的長いというデメリットもあります。

全く痛みを感じない治療はありません。自身の症状・費用・痛みに我慢できるかどうかを考慮しながら適切な治療法を医師と相談しましょう。

おわりに

魚の目をしっかり治療せずに放置しておくと、痛みをかばって歩くことによって姿勢が悪くなったり足腰が痛くなったりするおそれがあります。

魚の目をみつけたら、悪化する前になるべく早く皮膚科を受診して治療することをおすすめします。