いんきんたむしの原因と感染経路

いんきんたむしの原因は、白癬菌(はくせんきん)という真菌の一種です。水虫と同じ原因菌で、主に自分自身や家庭内の白癬菌が股間に感染・増殖し、いんきんたむしを発症することが多いです。

いんきんたむしはどこからうつる?

水虫と同じ白癬菌が原因となるため、自分の足や手に水虫があると、そこから広がって股間部に感染することがあります。また、家族に水虫を発症している方がいる場合は、タオルやマットを共有することによって、家族から白癬菌をもらってしまう危険性があります。

家庭内に比べると少ないですが、トイレや銭湯などの公衆施設が感染経路になるケースもあります。

いんきんたむしは女性も発症する

原因菌である白癬菌は、高温多湿の環境を好みます。股間部は通気性が悪く、特に男性の場合は陰嚢と太ももが擦れて湿気がこもりやすいため、白癬菌が増殖しやすいです。そのため、いんきんたむしは女性に比べて男性の方が圧倒的に発症数が多い傾向にあります。

 

しかし、締め付けの悪い下着を着用していたり、肥満体質で陰部と太もも間の通気性が悪い環境が整えば、女性でもいんきんたむしを発症するリスクは十分にあります。いんきんたむしは女性も発症する病気です。

いんきんたむしの症状

いんきんたむしを発症すると、性器周辺の皮膚が擦れ合う部分に、円形〜半円形の赤く盛り上がった発疹があらわれます。そこから太ももの内側や上部、下腹部にまで発疹が広がることもあります。陰嚢に発疹症状が出ることはあまりありません。

他にも、いんきんたむしの症状には以下のような特徴があります。


・強いかゆみをともなうことが多く、場合によっては痛みの症状も出る
・皮膚が高く盛り上がる「丘疹」が輪を描くように広がっていく
・発疹や丘疹が円状に広がり、円の内側は治っているように見える

・膿をもった水疱が出る

・太ももが擦れ合う部分の左右両側に症状が出ることがある

いんきんたむしの治療方法

いんきんたむしの治療は主に白癬菌に効果のある塗り薬や飲み薬を使用します。

まずは病院を受診しましょう

まずは医療機関で検査を受け、原因菌が白癬菌かどうかの診断を受けることが重要となります。万が一、出ている皮膚症状の原因菌が白癬菌ではなかった場合、いんきんたむしの市販薬を使用しても効果がありません。まずは病院を受診して水虫かどうかの確定診断を受けるようにしましょう。

2回目以降の水虫は市販薬の使用OK

過去に医師からいんきんたむしと診察を受けていたり、原因菌が白癬菌と断定できている場合は、市販薬を使用しても問題ありません。現在は処方薬と同じ成分が配合されている市販の水虫薬もあるので、それぞれ子供に合った水虫市販薬を購入しましょう。

いんきんたむしに使用される抗真菌成分と処方薬

白癬菌は真菌(カビ)の一種であるため、治療には抗真菌薬が使用されます。

抗真菌成分

同成分の処方薬

ラノコナゾール

アスタット

ブテナフィン塩酸塩

メンタックス

テルビナフィン塩酸塩

テビナシール

アモロルフィン塩酸塩

ペキロン

これら抗真菌成分は、高い殺菌力と浸透性をもち、肌への刺激も少ないため、現在では主流となっています。また、市販薬にも含まれている成分になるため、過去に水虫で処方薬を使用していたことがある方は、同じ成分の市販薬を選ぶのもよいでしょう。

いんきんたむしに効く市販薬の選び方

いんきんたむしは患部がデリケートゾーンであり、皮膚が擦れ合うことが多い部位になります。そのため、軟膏やクリームなどの患部への刺激が比較的少なく、保護作用のある剤形がおすすめです。

クリームは軟膏と比べてべとつきが少ないことから、使用感を重視する方はクリームを選択するといいでしょう。

軟膏はクリームより保護作用が強いので、患部がひどくただれていたり、傷ができている場合に使いましょう。

 

おすすめの剤形

特徴

クリーム

軟膏と比べべとつきが少ない、伸びがよく塗りやすい

軟膏

患部を保護し、外的刺激から守る

また、市販のいんきんたむし薬には抗真菌成分以外にも、いくつかいんきんたむし特有の症状を緩和するための成分が含まれています。

かゆみをおさえる成分

 

抗ヒスタミン成分

クロルフェニラミン塩酸塩

ジフェンヒドラミン塩酸塩

局所麻酔成分 ジブカイン塩酸塩 リドカイン

鎮痒成分

クロタミトン

殺菌消毒成分

 

イソプロピルメチルフェノール

ベンザルコニウム塩化物

抗炎症成分

 

グリチルレチン酸類

かゆみが強い場合は抗ヒスタミン成分や局所麻酔成分などのかゆみをおさえるような成分が含まれているものを選ぶといいでしょう。掻いてしまったり、症状が進行すると患部がただれて炎症を起こすこともあります。その際は抗炎症成分を使用することで炎症はおさまりやすくなります。

また、患部からにおいが出ている場合は、白癬菌によってただれた患部に雑菌が繁殖しているおそれがあり、においの原因はこの雑菌によるものです。殺菌消毒成分は雑菌の繁殖をおさえる効果があり、悩みの解決が期待できます。

薬剤師おすすめ|いんきんたむしに効く市販薬

日本初!※購入後に薬剤師に相談できる水虫薬

 

ハイミズムシールEXクリーム

かゆみ
炎症
におい
アフターフォロー

成分 剤形

テルビナフィン塩酸塩 

ジフェンヒドラミン塩酸塩

グリチルレチン酸

イソプロピルメチルフェノール

クリーム

ハイミズムシールは薬剤師によって開発されたクリームタイプのいんきんたむし薬です。軟膏と比べ、べとつきが少ないことから、下着を履いていても気になりにくい使用感となっています。

1日1回の使用で良いため「デリケートエリアに何回も薬を使いたくない」といった不安がある方にもおすすめです。

ハイミズムシールは処方薬にも使用されている成分であるテルビナフィン塩酸塩を配合。かゆみ止め成分や抗炎症成分、においの元となる雑菌の繁殖を抑制する殺菌成分も含まれるため、水虫の症状に全般的に対応しています。

日本初5gサイズの小規格もあり、試し使いにも便利です。

また、商品に添付してあるQRコードを読み取ることで無料で薬剤師へ相談ができるため、「症状がおさまらなくて心配」「使い方は合ってる?」などのお悩みにも安心してご使用いただけます。

※当社調べ

かゆみ止めと清涼成分配合

ラマストンMX2 17g

かゆみ
炎症 -
におい -
アフターフォロー -
成分 剤形

ブテナフィン塩酸塩

塩酸リドカイン

dl-カンフル

クリーム

ラマストンMX2は抗真菌成分としてブテナフィン塩酸塩を配合しています。さらにかゆみ止め成分として塩酸リドカインが含まれているため、かゆみが強く掻きむしってしまうようないんきんたむしに適しています。また、dl-カンフルが配合されているので、スーッとした清涼感を好む方におすすめです。

かゆくてただれている水虫に

フットラッククリーム 20G(指定第2類医薬品)

かゆみ
炎症
におい -
アフターフォロー -
成分 剤形

テルビナフィン塩酸塩

クロタミトン

グリチルレチン酸

l−メントール

クリーム

いんきんたむしは、かゆみがあって掻いてしまうことで炎症がおこるケースが多いです。
3つのかゆみ止め成分を配合しているフットラッククリームは、症状が進行してしまっているいんきんたむしにおすすめの薬です。

フットラッククリームは抗真菌成分のテルビナフィン塩酸塩を配合しています。抗炎症成分であるグリチルレチン酸も配合されているので、ただれて赤みをもっている患部に適しています。

においのもとに効く水虫薬

かゆみ -
炎症
におい
アフターフォロー -
成分 剤形

ラノコナゾール

イソプロピルメチルフェノール

グリチルレチン酸

軟膏

ピロエースZ軟膏は雑菌の繁殖をおさえるイソプロピルメチルフェノールを配合。においの原因をブロックします。ピロエースZ軟膏は1日1回塗るだけの軟膏タイプのいんきんたむし薬です。

かゆみとにおいどちらにも効く水虫薬

アスター軟膏 25G(第2類医薬品)

かゆみ
炎症 -
におい  ◯
アフターフォロー -
成分 剤形

チアントール

イオウ

酸化亜鉛

ジフェンヒドラミン塩酸塩,ジブカイン塩酸塩 etc.

軟膏

アスター軟膏は抗真菌成分としてチアントールを配合。ジフェンヒドラミン塩酸塩、ジブカイン塩酸塩といった2種のかゆみ止め成分や、殺菌成分であるイソプロピルメチルフェノールを含んでいます。かゆみ・においどちらもお悩みの方におすすめです。

いんきんたむしの市販薬使用で気をつけること

いんきんたむしに市販薬を使用する場合は、以下の点に注意が必要です。

薬は最低でも1ヶ月は塗りつづける

薬を使用して症状が良くなっても、最低でも1ヶ月間は使用を続けるようにしましょう。

白癬菌は自覚症状がなくても患部に残っている危険性があるため、自己判断で薬の使用をストップするのは大変危険です。

市販のステロイド薬は使用はしないこと

いんきんたむしは強いかゆみをともなう事が多いため、湿疹と誤って判断し、ステロイド薬を使用してしまう方がいます。いんきんたむしの原因菌は白癬菌であるため、ステロイド薬を使用しても意味がありません。

むしろ、いんきんたむしにステロイド薬を使用すると、かえって症状がひどくなる危険性があるため、自己判断で市販のステロイド薬を使用するのはやめましょう。

家庭でできるインキンタムシの対処・予防方法

いんきんたむしの予防・対策に大切なことは、皮膚を清潔に保つことです。皮膚に白癬菌が触れても、長時間付着しない限り、感染は成立しません。

皮膚に付着した白癬菌は石鹸で洗い流すことができるので、毎日お風呂に入るなど、普段から足や身体を清潔に保ちましょう。

ほかに身近にできる水虫の予防・対策としては次のようなものがあります。

 

・自分や家族に水虫症状がある場合は放置せず、すぐに治療をする

・通気性の良い下着を身につける

・感染拡大を防ぐためにタオル等は共有しない

夏場は特に要注意

白癬菌は高温多湿の環境で増殖しやすいため、冬や秋に比べ、夏場はいんきんたむしの発症リスクが高くなります。気温や湿気が高くなる季節は、より一層上記の点に注意するようにしましょう。