いぼ痔には内痔核と外痔核がある

いぼ痔は別名・痔核(じかく)といい、直腸の粘膜部分にできる内痔核と肛門に近い皮膚部分にできる外痔核に分けられます。

また、内痔核と外痔核を併発することもあります。

内痔核

内痔核は、肛門内側の直腸粘膜にある毛細血管が集まる部分である静脈叢(じょうみゃくそう)がうっ血し、膨れた状態です。

症状が進行するうちに、内痔核が肛門の外に脱出します。内痔核の症状は、脱出度から次の4段階に分けられます。

Ⅰ度:排便時でも脱出はしない。
Ⅱ度:排便時に内痔核が脱出するが、排便後に自然に戻る。 
Ⅲ度:排便時に内痔核が脱出する。自分の指で押さないと戻らない。
Ⅳ度:痔核が大きく外痔核まで一塊になっている。排便に関係なく常に内痔核が脱出し押しても戻らない。

外痔核

外痔核は、肛門外側の皮膚の静脈叢がうっ血して血栓ができる症状です。

いぼ痔の症状

内痔核と外痔核の症状の違い

内痔核と外痔核の症状には、次のような違いがあります。

内痔核の症状 外痔核の症状
・出血
・かゆみ
・うずくような痛み
・いぼの脱出
・いぼが肛門にできる
・強い痛み
・出血することも

内痔核の主な症状

■出血
排便時に出血します。排便していないときに出血することはまれです。出血の量は多い傾向がありますが、紙につく程度やポタポタ落ちる程度までさまざまで、色は鮮やかな赤であることがほとんどです。

■かゆみ
排便のときに上手く拭き取れていない便や、漏れ出した粘液が皮膚に刺激を与えるため、かゆみを感じることがあります。

■うずくような痛み
痔核が脱出している場合、うずくような痛みが生じます。また、脱出していない場合でもうっ血などにより、うずくような痛みが続くことがあります。

■いぼの脱出
排便時にいぼが飛び出すことがあります。また、さらに症状が悪化すると常にいぼが飛び出した状態になります。

外痔核の症状

■いぼが肛門にできる
外痔核の場合、いぼが自分で確認できる位置にできます。

■強い痛み
いぼが知覚神経のある肛門にできているため、強い痛みを感じます。

■出血することも
いぼが破れてしまうと、赤黒い血が出ることがあります。

いぼ痔の原因

いぼ痔の原因には、次のようなものがあります。

排便時のいきみ

いきみの繰り返しは強い腹圧がかかるため、うっ血が起こりやすくなります。トイレの時間が長い方は注意が必要です。

便秘・下痢

便秘や下痢は肛門や腸に負担をかけるため、いぼ痔の原因となります。特に便秘の場合はいきんでしまうため、うっ血が起きます。

長時間同じ姿勢

デスクワークで長時間座りっぱなし、立ち仕事で1日中立ちっぱなしなど、長時間同じ姿勢を続ける場合も肛門に負担がかかります。

重い荷物を持つ・スポーツ

重い荷物を持ったり、ゴルフのスイングなどスポーツで強くいきむと、いぼ痔の原因となります。

妊娠・出産

妊娠中は子宮が大きくなるため、腹部を圧迫します。また、出産の際にいきんで腹圧がかかることでも、いぼ痔を引き起こします。

いぼ痔の治し方

いぼ痔の治し方には、次のような方法があります。

生活習慣の改善

軽度の内痔核や外痔核は、食生活や排便習慣をはじめとする生活習慣を見直すことで治療できます。

食生活では、十分に水分を摂取し食物繊維を積極的にとるようにしましょう。

肛門に負担をかけないよう、トイレは3分程度で済ませ、いきんだり長時間便器に座り続けないでください。

また、長時間同じ姿勢と続けたり、体を冷やすことは避けましょう。

生活習慣の改善について、詳しくは関連記事をごらんください。

薬の使用

いぼ痔の痛みや出血などの症状をおさえるには、薬の使用が効果的です。

薬の種類には、座薬・注入軟膏・軟膏・飲み薬などがあります。

座薬は内痔核、軟膏は外痔核、注入軟膏は内痔核と外痔核どちらにも使えます。

痔の市販薬について、詳しくは関連記事をごらんください。

注射や手術で治す

軽度の内痔核であれば、注射でいぼ痔を小さくする治療が可能です。

排便時に痔核が脱出して指で押さないと戻らない、痔核が常に脱出しているなど、重度の症状であるⅢ度やⅣ度の内痔核では、手術を行います。

外痔核は基本的に手術は行わず、血栓ができる場合でも薬によって治療できます。ただし、血栓が大きくなり強い痛みがある場合には、血栓を摘出する手術を行うことがあります。

重度の内痔核の場合や、外痔核の痛みが強い場合は肛門科を受診してください。

いぼ痔の日帰り手術について、詳しくは関連記事をごらんください。

いぼが脱出したときの戻し方は?

内痔核で排便時にいぼが脱出してしまった場合は、いぼの自分の指で戻しましょう。

肛門付近と手をきれいに洗い、便器に座ったまま、または仰向けに寝て、指で飛び出したイボをゆっくりと肛門の中へ戻します。

その後、手を離さずにイボを押さえたまま、ゆっくりと立ち上がってください。

このとき、指にガーゼなどを添えたり、ガーゼにワセリンなどのクリームを塗っておくと痛みを感じにくくなります。

ただし、いぼを戻すのは応急処置であり、自然にいぼが戻らない場合は症状が進行したⅢ度の状態であるといえます。早めに病院を受診して治療を受けてください。

おわりに

男女ともに痔の方の半数以上が、いぼ痔であるといわれています。軽度のいぼ痔であれば生活習慣の見直しや薬で改善しますが、重度のいぼ痔では病院での治療が必要となります。気になる症状がある場合は、早めに病院を受診しましょう。