尿量減少(乏尿)の症状と基準は?

尿の量が極端に減少した症状のことを乏尿といいます。

個人差がありますが、健康な成人男性の1日の平均尿量は1,500ml程度、女性は1,200ml程度です。何らかの原因で、1日の尿量が400ml以下になってしまう状態を乏尿といいます。また、乏尿よりさらに尿量が減少し、1日50ml以下になると無尿と呼ばれます。

乏尿になると、本来排出されるべき体内の不純物を十分に排出できなくなるため、足や顔のむくみ、全身のだるさなどの症状のほか、吐き気、不整脈、ひどいときは呼吸困難の症状が現れることもあります。

尿量が減少する原因

尿は腎臓で生成されるため、尿量減少の原因は腎臓の異常にあると考えられます。

腎臓の異常のなかでも、異常のある場所が腎臓で尿を生成する前なのか、後なのか、あるいは腎臓そのものに異常があるのか、という3つの判断に分かれます。この3つの判断を、尿量減少や無尿の原因の大別として「腎前性」「腎後性」「腎性」とします。

腎前性乏尿

腎臓自体に病気はなく、腎臓で尿を生成される前の時点で原因があるタイプです。多くは腎臓への血流不足によって引き起こされます。

主な原因としては、脱水症、出血、感染症、心臓病などによる血液の循環不全、下痢や嘔吐・発汗による血液の減少、腎動脈の閉塞などがあげられます。

腎後性乏尿

腎後性乏尿は、尿路や膀胱の障害によって引き起こされます。原因としては、尿管結石などの結石や腫瘍、尿路の炎症などがあります。特に、片方の腎臓を摘出した方は,尿路結石や尿路腫瘍による乏尿や無尿が起こりやすいので注意が必要です。

また、骨盤内の悪性腫瘍や、腫瘍のリンパ節転移による尿路の圧迫も原因になります。

腎性乏尿

腎性乏尿は、腎臓そのものの病気や障害によって引き起こされます。

主な原因としては、筋肉の細胞の一部が壊死して血液中に流れ出す横紋筋融解症、薬などの影響で尿細管が壊死する急性尿細管壊死、腎臓や尿道に尿がたまる水腎症、尿をためる腎盂(じんう)に細菌が繁殖する慢性腎盂腎炎などがあります。

まれに、解熱鎮痛薬、抗生物質、抗菌薬、造影剤、抗がん剤などの医薬品の副作用によって急性腎不全を引き起こすこともあります。医薬品を使用後に、尿量減少、尿がほとんど出ない、一時的に尿量が多くなる、発疹、むくみ、体のだるさなどの症状が現れた場合は、速やかに医師の診察を受けてください。

尿量減少(乏尿)の対処法

尿量減少の対処法として、おすすめの食べ物・飲み物と、尿量減少の改善に効果のあるおすすめの市販薬・漢方薬を紹介します。

尿量減少の対処法は以下の通りです。

尿量が少ない人におすすめの食べ物・飲み物

尿量が少ない人は、利尿作用がある成分を含む食べ物や飲み物を摂取することをおすすめします。

栄養素としてはカリウムがあげられます。主にバナナなどの果実類やほうれんそうなどの野菜類に多く含まれています。

カカオなどに含まれるテオブロミンという成分にも利尿作用があるので、チョコレートもおすすめです。

飲み物では、利尿作用があるカフェインを含む、コーヒーや紅茶なども効果が期待できます。

利尿作用がある成分を含む食べ物や飲み物については、関連記事をごらんください。

尿量が少ない人におすすめの市販薬・漢方薬

尿量が少ない症状に効くおすすめの市販薬と漢方薬を紹介します。

市販薬・漢方薬いずれも生薬由来の成分のため、尿量減少以外にもさまざまな症状に効果があります。

尿量減少を改善する市販薬・漢方薬は以下の通りです。

■おすすめの市販薬

腎仙散(ジンセンサン)

15種類の生薬が配合された薬です。利尿作用、抗菌作用、抗炎症作用、鎮痛作用があります。腎炎や膀胱炎、尿量減少、むくみなどに効果があります。

■おすすめの漢方薬

クラシエ八味地黄丸A

尿量減少、排尿困難、残尿感、夜にトイレで起きてしまう夜間尿、頻尿、むくみ、軽い尿漏れ、腰痛などに効果があります。八味地黄丸は、8種類の生薬が配合されており、新陳代謝機能を高める効果もあります。

【第2類医薬品】「クラシエ」漢方猪苓湯エキス錠 36錠

残尿感や尿量の減少、尿がでにくいなどの症状に効果があります。漢方医学では、表面的な症状ではなく、原因にはたらきかける治療をします。漢方薬である猪苓湯は尿が出にくい場合だけでなく排尿痛の緩和にも効果があるという特徴があります。

尿量減少に効果のある市販薬・漢方薬や利尿剤については関連記事をごらんください。

おわりに

尿量が少ない状態が続くと、体内の老廃物が排出されにくくなるため、体調不良を起こしやすくなります。

水分をとってもなかなか尿が出なかったり、市販薬や漢方薬を使用しても改善の兆しが見えない場合には、病院を受診して医師に相談しましょう。