男性器・股間のかゆみの原因は何?

男性の股間のかゆみの原因は大きく分けて、ムレや摩擦によるかぶれと、細菌やウイルスなどによる感染症の2つがあります。

人間の皮膚は4種類の表皮細胞から構成されていて、最も外側にある角質層が水分の保持や外部刺激から皮膚を守る「皮膚のバリア機能」を果たしています。

股間はこの角質層が他の部位に比べて薄いため、かぶれなどの皮膚トラブルを起こしやすくなっています。

こんな時は病院へ

男性の股間のかゆみは市販薬でも治療が可能ですが、次の場合は病院の受診が必要となります。

 

・足などに水虫があり、いんきんたむしが疑われる場合

・性行為による性感染症が疑われる場合

・水疱や潰瘍がある場合

 

主に細菌やウイルスによる感染症からくるかゆみの場合は、基本的に病院を受診する必要があります。代表的な病気にいんきんたむしや、淋病などの性感染症がありますが、足に水虫があったり、性行為による感染症が疑われる場合は病院へいきましょう。(感染症によるデリケートゾーンのかゆみについてはこちら

かぶれが原因の場合は市販薬でOK

下着・衣類のムレや擦れ、股間の洗いすぎによる摩擦・乾燥によってかぶれやかゆみの症状が出る場合があります。かぶれが原因となる股間のかゆみは市販薬で治療をすることが可能です。症状が悪化する前に素早く治しましょう。

男性の股間のかゆみに効く市販薬の選び方

男性の股間は他の部位に比べて皮膚が薄いため、使用できる市販薬が限られてきます。

股間にステロイドは使用してもOK?

皮膚のかゆみによく使用されるステロイド外用薬は、股間の中でも陰嚢など使用できない部位があります。

ステロイドは薬によって強さのランクが分かれていますが、股間全体に使用ができない薬もあり、使用する薬のランクや部位を誤ると、副作用が出る危険性があります。

医師の指導の元であれば安心して使用ができますが、ご自宅でセルフメディケーションとして股間に市販薬を使用する場合は、ステロイド無配合の薬の方が安心して使用ができるでしょう。

市販のステロイド無配合の皮膚治療薬は、さまざまな商品が販売されています。

股間のかゆみにおすすめの成分

股間のかゆみに効果を発揮する成分をご紹介します。市販薬を選ぶ際は次の成分が配合された市販薬を選ぶと良いでしょう。

 

【かゆみをおさえる成分】

分類 成分

鎮痒成分

クロタミトン

抗ヒスタミン成分

ジフェンヒドラミン

局所麻酔成分

リドカイン

かゆみ止めの市販薬は大きく分けて局所麻酔成分が入っているものと、入っていないものに分けられます。局所麻酔成分は神経を一時的に麻痺させて、かゆみを感じることを止める成分です。かゆみで夜眠れないなどといった、強いかゆみに悩んでいる方は局所麻酔成分が入っている市販薬を、かゆみがそこまで強くない方は局所麻酔成分無配合のものを選ぶと良いでしょう。

 

【その他おすすめの成分】

股間のかゆみにおすすめできる成分は、かゆみ止め成分以外にも次のものがあります。

分類 成分

抗炎症成分

グリチルレチン酸

殺菌消毒成分

イソプロピルメチルフェノール

皮膚修復作用

トコフェロール酢酸エステル、アラントイン

清涼成分

lメントール

これらの成分には次のような特徴があります。ご自身の症状に合わせて成分から薬を選ぶと良いでしょう。 

  • 抗炎症成分:皮膚の炎症をおさえる
  • 殺菌消毒成分:傷口から細菌が感染することによる化膿・炎症を防ぐ
  • 皮膚修復作用:傷ついた皮膚が修復するのを助ける
  • 清涼成分:爽やかな清涼感をあたえる

股間のかゆみにおすすめの剤形

股間に使用する市販薬を選ぶ際に、判断基準となるものとして、成分の他に剤形があります。股間に使用できる市販薬にはさまざまな剤形の薬が販売されていますが、代表的な剤形を3つご紹介します。

剤形 メリット デメリット
クリーム

・伸びがよく塗りやすい

・ベタつかない

・軟膏に比べて刺激が強い
軟膏

・患部を保護する機能が強い

・刺激が少ない

・ベタつく
ローション・ジェル

・さらっとした使用感

・薬が浸透しやすい

・刺激が強くしみやすい

使用する方の好みもありますが、男性の股間に比較的使用しやすいのはクリーム剤です。股間は下着で蒸れやすいため、使用感の観点で見ると、べたつきやすい軟膏は不向きです。また、ローションやジェルは他の剤形に比べて刺激が強く、炎症が強い部位には適しません。

クリーム剤は軟膏に比べると刺激は強いですが、ローション・ジェルよりは刺激が少なく、ベタつかない伸びの良い剤形となっているので、使い勝手が良いです。

ただし軟膏やローション・ジェルもそれぞれにメリットがあるため、使用する方の症状や好みに合わせて剤形を選択しましょう。

股間のかゆみに効くおすすめの市販薬

男性の股間のかゆみに使えるおすすめの市販薬を紹介します。

剤形や成分、使用感からご自身に合った商品を選びましょう。

2020年新発売!シンプルなパッケージ

デリナースクール

剤形 クリーム
かゆみ
爽快感

殺菌

肌の修復

アフターフォロー

有効成分

リドカイン

ジフェンヒドラミン塩酸塩

イソプロピルメチルフェノール

トコフェロール酢酸エステル

l-メントール

2020年8月に新しく発売された、股間のかゆみを鎮める非ステロイド性クリームです。

かゆみ止め成分のジフェンヒドラミン塩酸塩に加え、局所麻酔成分のリドカインが配合されているため、陰部の強いかゆみを鎮めます。殺菌成分も配合されており、炎症の原因となる雑菌の繁殖をおさえ、皮膚を清潔に保ちます。

さらに清涼成分であるl-メントールが配合されているため、スーッとした清涼感を好む方におすすめです。

パッケージが非常にシンプルなので、男性が外出先で使用しても気にならないデザインです。

また、商品に添付してあるQRコードを読み込むことで薬剤師へ無料相談することが可能。薬に関する疑問や心配事を薬剤師に相談ができるので、安心して薬を使用することができます。

赤みをともなう炎症に

デリケアMs 15G(第3類医薬品)

剤形 クリーム
かゆみ

爽快感

殺菌

肌の修復

アフターフォロー -
有効成分

ジフェンヒドラミン塩酸塩

グリチルレチン酸

イソプロピルメチルフェノール

L−メントール

トコフェロール酢酸エステル

デリケアM’sに配合された殺菌成分が雑菌感染を予防し、抗炎症成分により赤みのある炎症を鎮めるため、症状の出始めと進行後の両方に使える商品です。

また、皮膚の修復成分であるトコフェロール酢酸エステルも含まれるため、掻きこわして傷ついた肌の治療にも効果的です。

さらっとした爽やかな使い心地

ユースキンI ローション

剤形 ローション
かゆみ

爽快感 -
殺菌

肌の修復

アフターフォロー -
有効成分

クロタミトン

ジフェンヒドラミン

グリチルレチン酸

トコフェロール酢酸エステル

イソプロピルメチルフェノール

有効成分が浸透しやすいローションタイプのかゆみ止め薬です。

2種のかゆみ止め成分が、強いかゆみにダブルで効果を発揮し、抗炎症成分や肌の修復成分が進行した患部の症状を鎮めます。

清涼成分を配合しているため、さらっとした爽やかな使い心地がお好みの方におすすめです。

シートタイプのかゆみ止め薬

メソッドシート 10枚(第3類医薬品)

剤形 シート
かゆみ

爽快感 -
殺菌 -
肌の修復

アフターフォロー -
有効成分

ジフェンヒドラミン塩酸塩

グリチルリチン酸二カリウム

アラントイン

急なかゆみを拭いて鎮めるシートタイプの治療薬です。

かゆみの原因となる汗や汚れなどを拭き取りながら、かゆみ止め成分や抗炎症成分が患部に塗布され、有効成分が浸透します。

また、アラントインが傷ついたデリケートゾーンの皮膚修復に役立ちます。

個包装タイプのため外出時の携帯にも便利です。

日常生活で気をつけること

かぶれによる股間のかゆみの主な原因は、下着や衣類のムレ・擦れ、股間の洗いすぎや乾燥です。

いくら薬を使用しても、根本的な原因を解決しなければ症状は良くなりません。生活の中で次のことに注意するようにしてください。

通気性の良い下着を着る

下着が通気性の悪い素材だと、股間がムレてかぶれる原因となります。ボクサーパンツのような密着する下着はなるべく避け、トランクスなどの通気性が良く、サイズに余裕がある下着を履きましょう。素材に関しては、綿やシルクなどが通気性が良く、おすすめです。

股間を常に清潔に

股間の汗をそのままにしたり、お風呂に入らずにいると、股間に雑菌が繁殖してかぶれる原因となります。汗を拭き取れる時は拭き取り、毎日シャワーを浴びて清潔を保ちましょう。

洗いすぎは注意

股間の皮膚は薄く傷つきやすいため、強く洗いすぎてしまうと傷がつき、かゆみを引き起こす原因となります。股間を洗うときは股間の皮膚を傷つけないように、やさしく手で洗いましょう。

また、汚れを落とす成分が強いボディソープは、股間の薄い皮膚には刺激となってしまうおそれがあり、かゆみの原因になります。

感染症による男性の股間のかゆみ

男性の股間のかゆみの原因が感染症だった場合は、基本的に病院での受診が必要となります。激しいかゆみがあったり、かゆみの他にも当てはまる症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。かゆみを引き起こす感染症は主に次のものがあります。

いんきんたむし(股部白癬)

いんきんたむしは皮膚糸状菌(ひふしじょうきん)というカビの一種によって発症する感染症です。水虫と同じ原因菌なので、股間の水虫ともいわれており、女性に比べて、男性に発症することが多いのが特徴です。

症状は、股間周辺の強いかゆみと痛みです。発症している部分は、うろこ状の皮膚がポロポロ剥がれ落ちます。また、皮膚がピンク色をしているのも特徴です。

いんきんたむしは陰嚢には症状が出ないため、陰嚢以外にかゆみの症状が出ている場合や、足などの他の部位に水虫の症状が出ている場合は、いんきんたむしを疑いましょう。

細菌性亀頭炎・包皮炎

細菌性亀頭炎・包皮炎は、大腸菌や黄色ブドウ球菌などの細菌が原因で起こる感染症です。

細菌は私たちの体に常在していますが、免疫が下がったり、皮膚に傷がつくことで増殖していきます。細菌が増殖すると、かゆみを引き起こします。

細菌性亀頭炎・包皮炎の症状は、股間のかゆみや赤みに加え、痛みをともなうこともあります。また、症状が悪化していくと、化膿することがあります。

性感染症

男性の股間のかゆみを引き起こす病気に性感染症があります。それぞれかゆみに以外に次のような特徴があります。最近性交渉があり、下記のような症状が出るかたは性感染症を疑いましょう。

病気 特徴
淋病

・痛みや膿が出る

・排尿時の不快感

尖形コンジローマ ・いぼができる
性器ヘルペス

・水疱ができる

・太ももの付け根あたりが腫れる

カンジダ

・白い薄皮がポロポロ剥がれ落ちる

・湿疹やただれ

・亀頭が赤くなりかゆみがある

クラミジア

・尿道のむず痒さ、不快感

・排尿痛

トリコモナス

・尿道のむず痒さ、不快感

・排尿痛