おすすめ頭痛薬をタイプ別に紹介 = 効かない時の対処法、使用上の注意も解説【薬剤師監修】

頭痛薬にも様々な種類があり、どれを使えば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。この記事では、タイプ別のおすすめ頭痛薬のほか、薬が効かない時の対処法、頭痛薬使用上の注意まで薬剤師監修で解説いたします。

日々の疲れや生理前、お酒の飲み過ぎなど様々な原因で発症する頭痛。
もちろん、いつもと違った頭痛や、頭痛だけでなく他の症状もあるようなケースでは大事に至らないように早めに医療機関に相談することが大切です。

しかし、ほとんどの頭痛は大した頭痛ではなくとても身近なものだったりするので、市販薬の痛み止めを頭痛薬として使用している方も多いのではないでしょうか。

そんななか、思ったほど効き目がなかったり、もっと自分にあった頭痛薬があるのでは?と考えている方がほとんどだと思います。

この記事では頭痛に悩まされている人がご自身にぴったりの頭痛薬を見つける手助けを薬剤師監修で解説しています!
ぜひご参考にしてください。

そもそも頭痛に効く薬とは?

そもそも薬とは成分を組み合わせたものです。
成分にもたくさんの種類があり、血の流れを良くする作用のあるもの、胃を保護するもの、痛みのもとを抑える働きをするものなど様々です。

それでは具体的に頭痛に効果がある成分とはなにがあるのでしょうか。

頭痛に効果がある成分

アスピリン(アセチルサリチル酸)
軽度~中程度の痛みに有効とされています。
痛みのもとであるプロスタグランジンの生合成を抑え、抗炎症作用が強い成分です。
血管内で血液が固まるのを防ぐ、血小板の働きを抑える作用もあります。

代表的な商品:バファリンAケロリン

イブプロフェン
痛みのもとであるプロスタグランジンの発生を抑える成分です。
解熱・鎮痛・抗炎症作用が強く、腫れや痛みなどの症状を抑えたり、熱を下げる作用もあります。
アスピリンよりも作用が強力で、副作用も少ないとされています。
子宮への移行が早く、生理痛への効き目が特徴的です。

代表的な商品:イブAノーシンピュアナロンエース

ロキソプロフェンナトリウム
痛みのもとであるプロスタグランジンの生合成を抑え、痛みや腫れなどの症状を抑える成分です。
解熱・鎮痛・消炎作用を均等にもち、アスピリン(アセチルサリチル酸)よりも作用が強力で、効果が現れるのも早く、頭痛、歯痛など幅広い痛みに良く効きます。
ただ、胃への負担が強いという特徴があります。

代表的な商品:ロキソニンSバファリンEX

アセトアミノフェン
作用のおだやかな解熱鎮痛薬で子どもや赤ちゃんにも使用できます。
体温調整中枢や神経中枢に働きかけ、痛みの感受性を低下させたり、皮膚の血管を広げて熱を放散させる作用があります。
効果が現れるのも早いですが、効果がなくなるのも比較的早いとされています。

代表的な商品:タイレノールAノーシン

イソプロピルアンチピリン
痛みのもとであるプロスタグランジンの生合成を抑え、痛みや腫れなどの症状を抑える成分です。
もともと医療用医薬品の成分で、作用は強いと言われています。
ただ、イソプロピルアンチピリンはピリン系と呼ばれる成分で、アレルギー体質のかたには注意が必要です。

代表的な商品:セデス・ハイ

エテンザミド
痛みのもとであるプロスタグランジンの発生を抑える成分です。
アスピリン(アセチルサリチル酸)と同系統の成分で、子供の使用も許可されています。

代表的な商品:ノーシンホワイト新セデス

ジクロフェナク
痛みのもとであるプロスタグランジンの生合成を抑え、痛みや腫れなどの症状を抑える成分です。
解熱鎮痛作用を持つ成分では最も効果が強いとも言われていますが、その分副作用などにも注意が必要で、頭痛向けのジクロフェナクを含む市販薬は販売されていません。
*テープ、スプレー、ローションなど外用薬は販売されています。

成分ごとの強さや安全性の比較

いくつか頭痛に効果のある成分を紹介しましたが、もちろんどれも同じというわけではなく、それぞれ特徴があります。
一般的には即効性、効き目ではロキソプロフェンが優れていると言われていますが、胃腸への負担に注意が必要です。
一方、安全性はアセトアミノフェンが最も優れていると言われていますが、効き目という観点では満足できない方もいらっしゃるかもしれません。

体質により効果の出方も異なるので、ご自身にあった頭痛薬を見つけることが大切です。

目次に戻る

結局どれを使えばいいの?タイプ別のおすすめ市販薬!

頭痛に効果のある成分は何種類もありますが、その成分を含む市販薬それぞれにも特徴があります。
例えば、「胃を守る成分を含んでいるもの」や「眠くなる成分を含んでいないもの」など様々。
どれを選べば良いのか迷っているかたも多いのではないでしょうか。

以下にタイプ、目的別のおすすめの頭痛薬を紹介いたしますので、ぜひご参考にしてください。

とにかく早く効いてほしい!即効性を求めるかたには

効果がでるまでの時間が早いとされているのは、ロキソプロフェンアセトアミノフェンです。これらを主成分とする市販の頭痛薬の一部をご紹介します。

【第1類医薬品】ロキソニンSプレミアム

ロキソニンSプレミアムはロキソプロフェンナトリウム水和物を主成分とした頭痛薬です。
ロキソプロフェンは15分から60分で効果が出始めるとされています。
その他にも鎮痛効果を高める働きをする成分を含んでいるため、幅広い痛みへの効き目が期待でき、胃を守る成分も含有されています。

ロキソニンの効くまで時間、持続時間ついて詳しくは以下の記事をご確認ください。
ロキソニンが効くまでの時間、持続する時間、あける時間、効果時間は?ロキソプロフェン・ロキソニンを徹底解説

【第1類医薬品】バファリンEX

バファリンEXはロキソニンシリーズ同様、ロキソプロフェンナトリウム水和物を主成分としおり、早めの効果発現が期待できるでしょう。
胃を守る成分も含まれています。

【第2類医薬品】タイレノールA

タイレノールはアセトアミノフェンを主成分としたお薬です。
アセトアミノフェンも15分から60分で効果発現が期待できます。

アセトアミノフェンの効くまでの時間、持続時間について詳しくは以下の記事をご確認ください。
カロナール・アセトアミノフェンが効くまでの時間、持続する時間、あける時間は?カロナールの効果時間を確認しよう

眠くなると困る!ビジネスパーソン、学生には

薬の副作用として代表的で、最も気になるのは「眠気」ですよね。
イブシリーズは眠くなる成分を含んでいるものが多いですが、以下の薬は眠くなる成分を含んでいません。

【第1類医薬品】ロキソニンSプラス

ロキソニンSプラスはロキソプロフェンナトリウム水和物と酸化マグネシウムという胃を守る成分が含まれた薬で、どちらにも眠気を誘う効果はありません。
即効性、効き目も強いとされているのでおすすめです。

【指定第2類医薬品】バファリンA 

バファリンAはアセチルサリチル酸(アスピリン)を主成分としたお薬です。
眠くなる成分を含んでいません。

【指定第2類医薬品】バファリンルナi

バファリンルナiはイブプロフェンとアセトアミノフェンを配合したお薬です。
胃を守る成分も含まれています。
イブプロフェンは子宮への移行が早いので、生理痛への使用もおすすめです。

【指定第2類医薬品】ノーシン錠

ノーシンは痛みを抑える成分としてアセトアミノフェンとエテンザミドを配合しているほか、その働きをたすけるカフェインが含まれています。
カフェインは頭痛に効果を示し、覚醒作用があるために眠気の副作用をおこしにくくしてくれます。

【指定第2類医薬品】エキセドリンA錠

エキセドリンはアスピリン(アセチルサリチル酸)とアセトアミノフェンのほか、カフェインを配合しています。
眠気がおこる心配はいらない薬だと言えるでしょう。

15歳未満禁止ばかり!子どもでも使える頭痛薬は?

解熱鎮痛剤に関わらず、基本的に薬は子どもの使用を喚起しているものが多いです。
しかしもちろん、子どもの使用が認められているものもたくさんあります。
以下で紹介するお薬はすべて、効き目はマイルドではあるものの即効性があり、副作用が少ないとされるアセトアミノフェンを主成分としたお薬となります。

【第2類医薬品】小児用バファリンCII

アセトアミノフェンを33mg配合しています。3歳から使用することができます。

【第2類医薬品】ノーシンホワイトジュニア

アセトアミノフェンを200mgと、その働きをたすけるジベンゾイルチアミンを配合しています。ノーシンホワイトジュニアも3歳から使用可能です。

【第2類医薬品】バファリンルナJ

アセトアミノフェンを100mg配合しており、7歳からの使用が可能です。

【指定第2類医薬品】小中学生用ノーシンピュア

アセトアミノフェンのほかアリルイソプロピルアセチル尿素、カフェインを含有しています。7歳から使用可能です。

薬を使いたいけど心配・・。妊娠中・授乳中の方には

どの薬の添付文書を見ても、妊娠中・授乳中は注意が必要という記載があるものばかりです。
しかし、そんななかでもアセトアミノフェンなどは妊娠中のかたが使用しても比較的安全とされています。
また、イブプロフェンは妊娠32週以降の妊娠後期に入った方は使用できませんが、即効性もあり、おすすめです。
使用可能ではあるものの、もちろん注意は必要ですので医師、薬剤師、登録販売者に相談してみましょう。

【第2類医薬品】タイレノールA

アセトアミノフェンを単一成分するお薬です。

【指定第2類医薬品】ノーシン 散剤

アセトアミノフェンのほかエテンザミド、カフェインを配合しています。

【指定第2類医薬品】イブA錠

イブプロフェンを主成分としたお薬です。
妊娠後期の方は使用できないのでご注意ください。

【指定第2類医薬品】バファリンルナi

イブと同様イブプロフェンを主成分としています。
妊娠後期の方は使用を避けましょう。

錠剤が苦手な方には

錠タイプの薬が飲みにくいというかたには、以下のように粉末タイプの薬もあります。

【指定第2類医薬品】ノーシン 散剤

ノーシンの粉末タイプです。
アセトアミノフェンを主成分とし、エテンザミド、カフェインを含有しており、眠気の心配がなく、即効性に期待できるのが特徴のお薬です。

【指定第2類医薬品】後藤散

アスピリン(アセチルサリチル酸)を主成分とし、カフェインや生薬を配合した粉剤です。

【指定第2類医薬品】ケロリン

後藤散 いたみどめと同様に、アスピリン(アセチルサリチル酸)、カフェイン、生薬を配合した粉末タイプのお薬です。
ケロリン桶でもおなじみですね。

【指定第2類医薬品】セデス・ハイG

効果が強いと言われるイソプロピルアンチピリンと即効性のあるアセトアミノフェンのほか、その働きを助けるアリルイソプロピルアセチル尿素とカフェインも含有している粉末タイプのお薬です。

価格で選ぶ方には

市販薬は店によって若干お値段が変わりますが、以下のものは比較的お買い求めしやすくなっています。

【指定第2類医薬品】ウイルクエストIP PB

メーカーの希望小売価格はわかりませんが、なんと1錠あたりの価格が約8円。
他の頭痛薬と比べると半分以下となっています。
この薬の名前を聞いたことがない方も多いかもしれませんが、成分はイブAと一緒です(イブプロフェン、アリルイソプロピルアセチル尿素、無水カフェイン)。

【指定第2類医薬品】イブ

メーカーの希望小売価格は24錠で580円。薬局やドラッグストアでは350〜400円ほどで販売されています。

【指定第2類医薬品】バファリンA

メーカーの希望小売価格は20錠600円。薬局やドラッグストアでは350〜400円ほどで販売されています。

新発売の頭痛薬

普通の商品と同じく、市販薬も日々新商品が世に送り出されています。
以下は比較的比較的新しい市販の頭痛薬です。

【第1類医薬品】ロキソニンSプレミアム

2016年4月に発売開始されました。
従来のロキソニンSと比べ、鎮痛効果のある成分をさらに2種類配合しており、即効性はもちろん、幅広い痛みに効果を期待できます。

【第1類医薬品】バファリンEX

2016年3月に発売開始されました。
バファリンシリーズでは唯一のロキソプロフェンを主成分としたお薬で、即効性、効果の強さに期待できるお薬です。

片頭痛にも効果がある?!市販の漢方薬

これまで紹介してきた薬とは作用は異なりますが、漢方薬の中にも頭痛に有効なものがいくつかあります。
中には偏頭痛に効果があると言われているものもありますので、ご確認ください。

【第2類医薬品】葛根湯エキス顆粒Sクラシエ 30包

葛根湯は体を温めて発汗を促す作用を持ちます。この作用は緊張型頭痛に効果がありますが、片頭痛にはその限りではないと考えられますのでご注意ください。
また、葛根湯を補助的に使用する場合、ほかの頭痛薬との併用には注意が必要です。

詳しくは以下の記事をご確認ください。
葛根湯の飲み合わせ:頭痛薬・ロキソニン・花粉症の薬について解説

【第2類医薬品】ツムラ漢方五苓散料エキス顆粒 24包

五苓散が効果を発揮するメカニズムについては未だ謎が多いのですが、アクアポリンという細胞壁の働きを助けることにあるとされています。
緊張型頭痛に限らず、片頭痛や気圧低下に伴う頭痛などの様々なタイプの頭痛に効果を発揮すると言われています。

目次に戻る

頭痛薬が効かない・・そんなときはどうすれば?

頭痛薬は、正しく使用すれば基本的には効果を発揮します。
ですが、その効き目には個人差があります。
例えば効き目が強いとされているロキソプロフェンよりも、比較的効果が弱いとされているアセトアミノフェンの方が良く効くという方も多くいらっしゃいます。
もし、効き目が弱い、効いていないと感じた場合は頭痛薬以外のグッズで補助的に対処してみましょう。

頭痛の種類によって対処法が違う!

頭痛には緊張型頭痛片頭痛群発頭痛など様々な種類があり、その原因も異なるために対処法もそれぞれに合ったものがあります。

熱さまシート

片頭痛群発頭痛は血管の拡張が原因として引き起こされます。
「冷やす」という行為は血管を縮小させるので、これらの頭痛に冷えピタは有効です。

湯たんぽ

片頭痛や群発頭痛が血管の拡張が原因となっている一方、緊張型頭痛は血の巡りが悪くなっていることにより引き起こされます。
首や肩、腰などで凝っていると感じた部分を温めると良いでしょう。
片頭痛や群発頭痛などの血管拡張型の頭痛には逆効果となり得るのでご注意ください。

アロマオイル

片頭痛には痛み、ストレスを緩和させる働きのあるラベンダー、緊張型頭痛には血行を良くする効果を持つローズマリーなどがオススメです。
緊張型頭痛の方はお風呂などに垂らすとより効果が増すかもしれませんね。
片頭痛の場合は強すぎる香りは逆効果となってしまうことがあるのでご注意ください。

マッサージ棒

私たちの体には多種多様なツボがあり、それらを刺激することも有効です。
こちらももちろん片頭痛、緊張型頭痛で刺激するべきツボが異なります。
 
詳しくは以下の記事をご確認ください。
頭痛の原因と対処について徹底解説!

目次に戻る

頭痛薬を使用するときの注意点

代表的な副作用

市販されているものは副作用が出にくいものではあるとはいえ、やはり気になるところ。
頭痛薬と関係性の深い、胃痛、眠気について見ていきましょう。

胃痛
ロキソプロフェンやイブプロフェンは、その鎮痛作用も高いですが、胃痛の副作用についても注意が必要です。
胃を守る成分を配合している薬も多いですが、胃薬との併用をするのがより安心できるでしょう。

眠気
薬の副作用で気になるのは、何と言っても眠気という方も多いのではないでしょうか。
市販の頭痛薬すべてが眠くなるというわけではありません。
代表的なところで言うと、イブシリーズやロキソニンプレミアム、バファリンプレミアムには「アリルイソプロピルアセチル尿素」という眠くなる成分が含まれています。

アリルイソプロピルアセチル尿素
脳の興奮を抑える鎮静成分で、いわゆる「眠くなる」成分がこれにあたります。
眠気を誘発しますので、乗物や機械類の運転操作は避ける必要があります。
また、依存性もある成分なので長期服用はNGです。

使いすぎによる頭痛

いざという時に即効頭痛を直してくれてとても便利でありがたい市販の頭痛薬ですが、使いすぎに注意が必要でもあります。

それは、日常生活の中でこまめに起こる頭痛のたびに鎮痛剤を飲むことによって逆に頭痛が慢性化してしまう「薬物乱用頭痛」と呼ばれる症状があるためです。

頭痛の中でも1日4時間以上の頭痛が月に15日以上(1年に180日以上)でてくるものを「慢性連日性頭痛」といいますが、こういった頭痛を都度鎮痛剤で治そうとするといつ頭痛が起こるかわからないという不安のため、頭が痛くなくても予防的に薬を飲んでしまいがちになります。

「まだそんなに頭が痛くないけどとりあえず頭痛薬を飲んでおこう・・・」こういった状態になると薬の量が増え、効き目が逆に短くなり、場合によっては薬によって頭痛が誘発されることがあり、薬物乱用頭痛となっていくことがあります。

薬物乱用頭痛の診断基準は、月に15日以上鎮痛薬を飲んでいる場合となっていますが、市販の頭痛薬によって薬物乱用頭痛にならないためのポイントは月に頭痛用の鎮痛薬を使用する頻度を10日以内にすることと言われています。

※ 偏頭痛の治療や、慢性的な頭痛の治療のために医師の診断と処方のもと、処方薬をある程度長期的に使用することは問題ないとされていますので、処方薬の場合は医師の診断と処方に従い用法用量を守ってしっかりと使用しましょう。

頭痛薬と他の薬の飲み合わせ

私たちにとって身近な薬である頭痛薬ですが、他の薬との併用に注意が必要な場合もあります。それぞれ見ていきましょう。

かぜ薬
かぜ薬のなかにも解熱鎮痛成分が含まれている場合が多いです。
同じ作用機序であったり、同じ効能効果のお薬を使用してしまうと効果が強く出すぎてしまったり、副作用の危険性が高まってしまいます。
併用は避けましょう。

他の解熱鎮痛薬
かぜ薬と同様、効果が出すぎてしまったり、副作用の危険性が増すことから、同じ作用機序、効能効果のお薬は注意が必要です。
併用は避けましょう。

乗り物酔い薬
「眠気」の副作用がでやすくなったり、増強してしまう恐れがあるために使用できません。
眠気を誘う成分がはいっていない頭痛薬の場合は問題ありませんので、医師、薬剤師、登録販売者に相談してみましょう。

胃薬
頭痛薬は胃に負担をかけやすいものが多いです。
元から胃を守る成分を配合しているものも多いですが、添付文書でも特に胃薬との併用に注意喚起はなされておりません。
併用は問題ないと考えて良いでしょう。

日常生活での注意

頭痛薬の効果を最大限発揮し、辛い頭痛の対処をするためには食べ物や嗜好品にも注意が必要です。

アルコールと一緒に服用したり、服用前後に飲酒をすると効果が出なかったり、副作用が発現する危険性が高まります。
一緒に服用したり、服用前後に飲酒をするのは避けましょう。

コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインには血管を収縮させる作用がありますので、緊張型頭痛の時は避けましょう。
片頭痛の場合はむしろ症状を改善すると言われていますが、飲みすぎには注意が必要です。

お茶

コーヒーと同様、カフェインを含みます。
ご自身の頭痛のタイプに合わせて飲みましょう。

牛乳

牛乳には胃粘膜を保護する働きがあると言われているために胃に負担をかけやすい頭痛薬とは相性が良いと言えるかもしれませんが、具体的に効果はわからない面もあります。
飲み合わせには問題ありません。

グレープフルーツジュース

問題ありません。

オレンジジュース

問題ありません。

栄養ドリンク

栄養ドリンクにも様々な種類があります。
中にはアルコールを含むものもあり、その場合は併用は避けましょう。
また、栄養ドリンクにはカフェインを含むものも多いです。
成分を確認して使用するようにしましょう。

タバコ

タバコは血管を収縮させる作用を持ちます。
これだけ聞くと片頭痛など血管拡張型の頭痛には効果的なように思えるのですが、そうではありません。
タバコによる血管収縮は一時的なもので、その後急激な血管拡張がおき、血管を刺激することになり、むしろ片頭痛の原因となることもあるのです。
種類を問わず、頭痛薬とタバコの併用は避けましょう。

目次に戻る

頭痛薬に関してよくある質問

頭痛薬はコンビニで買えるの?

結論から申しますと、可能です。
ただその店舗が少ないというのが現状です。
また、今回紹介したなかで言えば、ロキソニンSやバファリンEXなどの第一類医薬品に分類される頭痛薬は購入できません。
もし薬を販売しているコンビニエンスストアを見つけたなら、覚えておくと良いかもしれませんね。

どのタイミングで服用するのがベスト?

頭痛薬は症状が現れたタイミングで飲むのが良いです。
ですが、頭痛薬は胃に負担をかけやすいという特徴があるため、なるべく空腹時は避けましょう。
痛み始めたタイミングで、水やぬるま湯などと一緒に服用してください。

予防も兼ねて、毎日飲んでも大丈夫?

習慣的に頭痛薬を服用することはおすすめしません。
というのも、頭痛薬の飲み過ぎによる頭痛という、本末転倒な結果を招いてしまう可能性があるからです。
詳しくは以下をご確認ください。
使いすぎによる頭痛

目次に戻る

おわりに

いかがでしたでしょうか。
頭痛薬は様々な種類があり、正しく使用すれば辛い痛みをすばやく取り除いてくれる頼もしい味方です。
頭痛にも種類があり、それぞれ対処法も異なります。
片頭痛の場合はやはり病院に行くのが良いでしょう。

ぜひご自身に合った頭痛薬を見つけてみてください。

ピックアップ特集