頭が重い、頭が締め付けられるなどの症状を頭重感といいます。頭重感だけでもつらい症状ですが、だるさも加わると症状の程度によっては生活に支障が出てしまうこともあります。

この記事では、頭が重くてだるいときの原因と解消法について解説します。

頭重感とだるさの原因

頭重感とだるさの原因としては、以下のようなものがあげられます。

首や肩の凝り・疲れ

首や肩の筋肉の緊張や凝りによって頭重感が引き起こされることがあります。首や肩の凝りが起こる原因は、長時間の運転やデスクワークなどの物理的要因と緊張やストレスなどの精神的要因があげられます。

首や肩の凝りが強くなると、首筋や後頭部、頭の筋肉も緊張して血流障害を起こすため、頭重感を生じやすくなります。

目の疲れ

目の疲れがたまると、頭重感や目の痛み、目の渇き、物が見えにくくなるといった症状が現れることがあります。症状が悪化するとめまいや肩こりの原因にもなります。

自律神経の乱れ

自律神経は全身の器官をコントロールしているため、バランスが乱れると体や精神にさまざまな症状が現れます。

主な症状としては、めまい・頭重感・慢性的な疲労・不眠・耳鳴りなどの身体的な症状と、イライラ・不安感・焦燥感・落ち込みなどの精神的症状があげられます。

睡眠不足

睡眠不足は脳を疲労させる上に、自律神経の乱れなどの原因にもなります。

脳の疲労や自律神経の乱れは、だるさ(倦怠感)や頭重感の原因となるため、日頃から十分な睡眠を取ることを心がけることが大切です。

頭重感とだるさから考えられる病気

頭が重い・だるいなどの症状を感じていても、特に原因が思い浮かばない場合は、病気が原因となっていることがあります。

頭重感とだるさの症状から考えられる病気は以下の通りです。

緊張型頭痛(筋収縮性頭痛)

緊張型頭痛は、長時間のデスクワークによる肩や首の凝り、精神的なストレスなどによって首から頭にかけての血行が悪くなり、引き起こされる病気です。

主な症状としては、後頭部から首筋にかけての圧迫感や頭重感、首や肩の凝り、目の疲れ、めまい、だるさなどがあげられます。

緊張型頭痛は、痛みが長時間続くのが特徴です。発症する年齢層としては、男女問わず中高年に多く見受けられます。

脳卒中

脳卒中とは、脳の血管が詰まる・破れるなどして、脳に障害が現れる病気のことを指します。脳梗塞、脳出血、くも膜下出血なども脳卒中に含まれます。

主な症状としては、頭痛や頭重感、めまい、ろれつが回らない、手足や顔面の片麻痺、物が二つに見えるなどがあげられます。

脳卒中は、何の前触れもなく突然症状が現れるのが特徴です。

脳腫瘍

脳腫瘍は、頭蓋骨に中にできる腫瘍のことで、脳を包んでいる膜や血管に発生するものも含まれます。脳腫瘍には良性と悪性があり、手術や放射線治療、免疫療法、抗ガン剤などで治療します。

脳腫瘍のできる場所により症状は異なりますが、主な症状としては、頭痛、吐き気や嘔吐、めまい、手足や顔面のしびれ・麻痺、眠気、言語障害、けいれん発作などがあげられます。頭痛は特に朝方に強くなる傾向があります。

片頭痛

片頭痛は、主にこめかみから側頭部にズキズキと脈動に合わせた痛みが発生する頭痛のことをいいます。片頭痛という名前は頭の片側が痛むことが由来とされていますが、実際は目の奥や頭の両側が痛むこともあります。原因としては、脳血管の拡張や脳血管を取り巻く三叉神経への刺激などがあるとされています。

主な症状としては、激しい頭痛のほか、眠気、だるさ(倦怠感)、目がチカチカする、目の前に閃光が見える、光や音、においに敏感になる、などがあげられます。片頭痛が起こる原因としては、睡眠不足やストレス、人混み、強い光、薬の副作用、刺激の強い食べ物などがあります。

副鼻腔炎

副鼻腔炎は、鼻の周辺にある空洞(副鼻腔)に細菌やウイルスが感染することによって炎症が起こる病気です。

主な症状としては、鼻づまりや鼻水、頭痛、頭重感、歯の痛み、頬や額など鼻の周囲の痛み、発熱などがあげられます。症状が悪化すると、鼻水がドロドロとした膿状のものに変わり、慢性化することもあります。

うつ病

うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなどにより、脳の機能障害が起きる病気です。うつ病になると自己肯定感が低くなり、物事を否定的に見てしまう傾向がでてきます。

主な症状としては、興味の低下や憂鬱な気分になるといった精神症状に加えて、不眠・過眠などの睡眠障害、疲れやすい、だるい(倦怠感)、頭重感、焦燥感、イライラ、性欲低下などがあげられます。

うつ病の症状が悪化すると、死にたくなるなどの希死念慮が出てくることもあります。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸やいびきが数秒から数分間止まる・気道の空気の流れが弱まるなどの症状が出る病気です。睡眠時無呼吸症候群になると、低酸素状態に陥り眠りが浅くなるため、十分な睡眠がとれず日中に眠くなることが増えます。

主な症状としては、日中の激しい眠気、全身のだるさ(倦怠感)、頭痛や頭重感、大きないびきなどがあげられます。

線維筋痛症

線維筋痛症は、全身に広範囲かつ慢性的に激しい痛みを感じる病気です。線維筋痛症の原因は明確には分かっていません。

主な症状としては、全身の痛みやうずき、手足のこわばり、抑うつ状態、睡眠障害、疲労感、だるさ(倦怠感)、頭痛や頭重感、微熱、手指のふるえ、動悸、めまいなどがあげられます。

花粉症

花粉症は、植物の花粉が目や鼻、喉の粘膜に付くことによって引き起こされるアレルギー症状を起こす病気です。

主な症状としては、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、頭痛や頭重感、倦怠感、目のかゆみや充血、発熱などがあげられます。

花粉症について、詳しくは関連記事をごらんください。

頭が重くてだるいときの解消法

頭が重い・だるいといった症状の解消方法としては、市販薬を使用することをおすすめします。

症状の原因によっても使用すべき市販薬は異なりますが、特に頭重感やだるさを改善できるおすすめの市販薬は「ルビーナめぐり」です。

「ルビーナめぐり」は漢方薬で、生薬由来の複数の有効成分が配合されているため、頭重感やだるさ以外にも複数の症状に効果が期待できます。

ルビーナめぐり

当帰芍薬散に人参が加わった薬で、冷えや疲労回復などに効果があります。むくみや生理痛、頭が重いなどの不調をともなう冷え性に効果を発揮します。そのほか、月経不順、月経異常、更年期障害、めまい・立ちくらみ、肩こり、腰痛、しみ、耳鳴り、しもやけなどにも効く薬です。

頭が重い・だるいといった症状を改善する市販薬については、関連記事をごらんください。

おわりに

頭が重い・だるいといった症状は、随伴する症状によって原因が異なります。

まずは、自分がどんな原因で頭重感やだるさを感じているのかを判断し、自分で対処できないときや症状が重くてつらいときは、なるべく早めに病院を受診しましょう。