夏はクーラー病(冷房病)に注意!

夏の暑さ対策や熱中症予防に欠かせないのがエアコンです。しかし使い方を誤ると、クーラー病(冷房病)を招くケースがあります。夏バテじゃないのに体調不良に悩まされている場合は、エアコンによるクーラー病が原因かもしれません。

この記事ではクーラー病の原因や症状、予防対策について解説します。

クーラー病(冷房病)の原因

クーラー病(冷房病)というのは、正式な病名ではありません。夏のエアコンが原因となっている自律神経の乱れをこのように呼んでいます。自律神経が乱れる原因は、主にふたつあるとされています。

①エアコンによる過度な体の冷え
②室内と屋外の激しい温度差

自律神経は、暑さや寒さに対応して体温を一定に保つ働きを持っています。しかし5度以上の急激な温度差が頻繁に起こると対処できなくなってしまうのです。

クーラー病が夏バテを招く?

クーラー病による自律神経の乱れは、夏バテを招きやすいとされています。理由は激しい温度差による体の疲労と、発汗作用が低下することによる疲労物質の蓄積です。

これに、冷たい食べ物の摂り過ぎや熱帯夜による寝不足、旅行やイベントなどでの不規則な生活が重なると、さらに夏バテを起こすリスクが高まります。

クーラー病(冷房病)の主な症状

自律神経はさまざまな内臓をコントロールしています。そのためクーラー病にかかると、多くの内臓に悪影響を与えて全身のあちこちで体調不良が起こります。クーラー病で主にみられる症状は以下の通りです。

・体の冷え
・むくみ、こむら返り
・だるさ、疲労感、イライラ
・頭痛、肩こり、腰痛
・のどの痛み、鼻炎
・腹痛、便秘、下痢、食欲不振
・肌荒れ
・生理不順、生理痛の悪化

クーラー病(冷房病)の予防対策


自律神経は自分の意志でコントロールできません。そのため、環境を整えることで正常な機能を維持することが大切です。エアコンを上手に活用し、クーラー病を予防するための対策を知っておきましょう。

温度差を5度以内に

クーラー病の原因となる激しい温度差をなくすために、屋内外の温度差を5度以内にしましょう。室内のエアコン設定温度は27~28度が良いとされています。ただし外が暑すぎる場合は、室内が「寒い」と感じない程度に設定しましょう。また、24度以下には設定しないよう心がけてください。

衣服で調節

クーラー病を予防するには体温調節も大切です。しかしエアコンの温度や風向きを変えられないケースもあると思います。こうした場合は上着やひざ掛け、靴下や腹巻などで調整しましょう。寒いと感じたまま長時間過ごすことは避けてくださいね。

汗を一気に冷房で乾かさない

外出先からオフィスや自宅に戻ったら、まず汗を拭きましょう。エアコンの冷たい風は気持ちのいいものですが、急に体から熱を奪われると余計に自律神経に負荷がかかります。

血行を良くする

クーラー病の原因のひとつ、体の冷えすぎは血流の悪化によって起こります。エアコンがきいたオフィスでは、時折ストレッチをするなど体を動かして血行を促しましょう。また夏場のお風呂はついシャワーで済ませがちですが、ぬるめの湯船につかり半身浴をすることで、その日の冷えはその日のうちに解消してください。

寝る時にはエアコンのタイマーを

熱帯夜で眠れないからと一晩中クーラーをつけていると、クーラー病だけでなく夏風邪も招いてしまいます。直接エアコンの風が当たらないようにした上で、2~3時間程度のタイマーを設定して休みましょう。

温かい食べ物をバランスよく食べる

涼しい室内では、なるべく飲み物も温かいものにし、食事も冷たいものばかり食べるのは避けましょう。クーラー病のために体を内側から冷やさないよう、注意してください。

さいごに

急激な温度変化の繰り返しによる自律神経の酷使が、クーラー病の正体です。クーラー病は原因がはっきりしているので、しっかりと対策すれば予防することも難しくありません。夏を健康的に過ごすために、エアコンの使い方を見直してみてくださいね。