風邪のときは何科を受診する?

風邪のときに病院を受診する場合、「内科」や「耳鼻咽喉科(耳鼻科)」「呼吸器内科」が一般的な診療科になります。

一般的な風邪であれば「内科」「耳鼻咽喉科(耳鼻科)」「呼吸器内科」ならどちらを受診してもかまいません。

まずは近くの内科や耳鼻咽喉科、呼吸器内科を受診するようにしましょう。

現代医学では風邪のウイルスそのものを退治する治療法はなく、症状を楽にするための処置が中心になります。

治療方針はどこの医療機関でも基本的にはそこまで変わらないと考えられます。

また「皮膚科」「泌尿器科」などほかの診療科であっても内科を兼務している病院・クリニックは多くあります。

病院・クリニックにホームページなどがあれば診療科目を確認して内科や一般内科があるか、風邪の診療は行っているかを確認しましょう。

妊娠中の風邪は何科?

妊娠中の方は基本的に担当の医師がいる「産婦人科」を定期的に受診されていると思われます。

妊娠中に風邪には市販薬を使用するのではなく、医療機関を受診するのが基本になります。

風邪のときも担当医のいる産婦人科で問題ありません。

受診の前に電話で確認を

産婦人科にはほかにも妊娠中の方が通院されています。

産婦人科によって対策や対応が違うことが考えられるので、まずは担当医のいる産婦人科に電話をしてどうしたらよいかを確認しましょう。

病院の混み具合などによっては、ほかの妊娠中の方に風邪をうつさないために時間をずらすといった対策をとる可能性も考えられます。

なお産婦人科が遠いなどの理由で受診がつらい場合は、無理に遠出して症状を悪化させるよりは、近くの内科や耳鼻咽喉科などに相談したほうがよいでしょう。

あらかじめ内科や耳鼻咽喉科に電話で妊娠中であることを伝え、診療可能かどうかの確認をとりましょう。

受診の際はマスクを着用する

電話で確認して産婦人科に受診することが決まったら、マスクをつけるようにしまょう。

マスクはほかの妊娠中の方に風邪をうつさないためのエチケットです。忘れないようにしましょう。

風邪で病院に行った方が良い目安は?

病院を受診する目安

普段健康な方は風邪のとき、市販薬を使うか病院に行った方が良いのか迷うのではないでしょうか。

次の表は、どういった場合は市販薬で対応できて、どういった場合に病院へ行った方が良いかの目安です。

【市販薬の使用・病院を受診の目安】

  市販薬で対応できる 病院を受診
熱※ 38℃以下 39℃以上
鼻水 透明 黄色や緑色
のどの痛み 軽い 激しい
軽い 激しい

熱が38℃〜39℃のとき、ほかに複数の症状が見られる場合には病院を受診してください。

下痢や嘔吐がある場合は病院へ

また下痢や嘔吐の症状がある場合は一般的な風邪ではなく、感染性胃腸炎のおそれがあります。

吐き気や嘔吐は市販薬では対処しきれず、細菌やウイルスによる下痢を市販薬でむやみに止めてしまうと症状が長引いてしまうおそれもあります。

下痢や嘔吐の症状がつらいときも医療機関の受診をおすすめします。

妊娠中・子ども・持病のある方も受診を

妊娠中、小さな子ども、持病のある65歳以上の方、喘息・糖尿病などの持病がある方などは、市販薬の風邪薬を使うよりも医療機関への受診を優先してください。

市販薬を使用する場合

風邪薬はあくまで症状を楽にするだけで、風邪のウイルスを退治するのは自分自身の免疫力です。

また発熱や鼻水などの症状は風邪のウイルスや細菌をやっつけようとする体の防御反応です。症状が軽く、つらくなければ無理に風邪薬で症状をおさえる必要はありません。

しかし症状によって「眠れない」「食事ができない」「水分が取れない」など体力の消耗につながる場合、かえって風邪が長引く原因になりえます。

発熱・咳・鼻水・鼻づまりなど症状に合わせて風邪薬を使い、体を休められる程度に症状をおさえましょう。あとはゆっくり体を休めてください。

市販の風邪薬について詳しくは、関連記事をごらんください。

市販薬から病院受診に変えた方が良い場合

一般的な風邪であればだいたい1週間ほどで回復すると考えられます。

市販の風邪薬を5〜6回ほど使っても症状が改善しない、または悪化したという場合は市販薬の使用を中止して、医療機関を受診しましょう。

また胸が痛い、鼻の奥や頬が痛い、鼻からいやなにおいがするなど今までと違う症状がある場合、風邪とは別の細菌などに感染してしまう「二次感染」を起こしていることも考えられます。

市販薬で効果がない場合や1週間しても熱や咳が残っている場合は医療機関を受診しましょう。

【病院を受診する目安】
・市販薬の風邪薬を5〜6回使用してもラクにならない
・症状が悪化した
・1週間しても症状がある
・胸が痛い
・鼻の奥、頬が痛い
・鼻からいやなにおいがする

おわりに

風邪で病院を受診する場合は内科や耳鼻咽喉内科であればどこを受診しても大丈夫です。

風邪のときに病院を選り好みし過ぎて、受診が遅くなったり疲れてしまうよりは、早めに近くの内科や耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。

また一般的な風邪はしっかりとした休養と栄養補給を心がければ、1週間ほどで回復します。無理せずゆっくり休みをとりましょう。