まさか自分も…?!更年期のうつっぽい症状がでたら婦人科?心療内科? どこに行けばいいの?

閉経によって女性の身体に変化が起きる45~55歳までの期間を「更年期」といい、その期間に起こる身体の不調を「更年期障害」といいます。その「更年期障害」で起こる症状のなかには、身体的な不調に加え、精神的な症状があります。「更年期」は社会との関わりや、環境の変化が起きるために精神不安が起きやすい時期。それら色々が重なって起こる「うつ」のような症状を「更年期うつ」という言い方をします。

まさか、自分が…うつっぽい症状なんて…と落ち込む必要はありません。誰もがそのような状態に陥りやすい時期なので、思い悩まず早目に医療機関に相談してみましょう。でも、病院に行くのはいいけれど、いったい何科に行けばいいの?と迷ってしまいますよね。

 

まずは「更年期うつ」の原因を知ろう

そもそも「更年期障害」は、卵巣機能の低下で起こるホルモンバランスの乱れが原因。ホルモンバランスの乱れは身体の不調にとどまらず、精神面も不安定にしてしまいます。

加えて、45~55歳という更年期は、自分の生きがいでもある子供が成長して独立してしまうために、「空の巣症候群」になりやすい時期でもあります。「空の巣症候群」とは、成長した子供の世話をする必要がなくなったので肩の荷が降りたのと同時に、喪失感に襲われうつ状態になってしまうというもの。

そして、子供中心だった生活が、夫婦二人の生活になるため、もしも夫婦間の絆が弱い場合にその家庭空間に寂しさやストレスを感じてしまうという状況に陥ってしまいます。しかも、ちょうどその時期には両親たちが高齢になり介護が必要になるなど、次から次へと容赦なく精神面を攻撃してきます。

ほかにも、自分の身体の衰えや見た目の変化、いわゆる「老化」への恐怖や不安なども要因の一つ。あとは内向的で生真面目な性格も影響するのだとか。

つまり、ホルモンバランスの乱れという身体的な変化と、環境の変化などが原因となり、「更年期うつ」という厄介な病気を生みます。

 

「更年期うつ」の症状をチェックしてみよう

「更年期うつ」の主な症状

■睡眠障害(寝つきが悪く、朝早く目覚める)

■倦怠感がある、すぐに疲れる

■精神不安定(イライラする、不安になる、理由もなく涙がでる)

■落ち込む、自己嫌悪、被害妄想

■食欲がない、何をしていても楽しくない

■物忘れがひどくなった

※ちなみに、更年期障害による主な身体的症状は「のぼせ、ほてり、急な発汗、腰や手足の冷え、動悸・息切れ、不眠・寝つきが悪い、イライラする、怒りっぽい、急に不安になる、くよくよする、憂うつになる、頭痛、めまい、疲れやすい、肩こり・腰痛・手足の痛み」など

 

「更年期うつ」は区別しにくい病気

もしも、「更年期障害」の悪化でうつのような症状が激しくなっている場合、更年期障害の治療が効果を見せます。しかし、環境の変化が大きな原因となり「うつ症状」が起こっている場合や、「更年期障害」と「うつ病」を併発しているというケースもあるのだとか。

そのようなことから、注意しなければいけないのが「更年期障害」によるものと判断してしまい、「うつ病」のサインを見逃してしまうこと。もしくは、逆に「うつ病」治療のみを始め、「更年期障害」の治療を行わないことで、うつの症状は治まっても身体的症状が一向に治まらないという状況。

このように、原因が重なり合っていたり隠れていたりするので、「更年期うつ」は比較的厄介な病気です。では、いったい、うつのような症状が出始めたら何科を受診したら良いのでしょう?

 

更年期のうつっぽい症状なら、まずは婦人科へ

うつ症状があるので心療内科や、精神科での受診が必要だと考える人も多いでしょう。しかし、いきなり精神科系の病院に行くことにためらいが生じ、なかなか診察を受けに行かないなんてことに。

なので、もしも、45~55歳あたりの更年期世代であるならば、まず最初は「婦人科」、もしくは「更年期外来」を受診するのが良いでしょう。

採血により、ホルモンの状態を確認してもらうことで、そのうつ症状が「更年期障害」からきているものかどうかを把握することができます。もしも、「更年期障害」からくるうつ症状であればホルモン補充療法(HRT)によって急なほてりや頭痛、めまいなどの身体的症状に加え、うつ症状も緩和します。

しかし、もしも「ホルモン療法」による治療でも、うつ症状が緩和しない場合、「更年期障害」のなかのうつ症状が悪化、もしくは環境の変化による更年期うつを発症している場合があります。その場合は、「心療内科」もしくは「精神科」での診察が必要になります。それにより精神症状に特化した「抗不安剤」「抗うつ剤」などを処方してもらうことができます。

【まず最初は婦人科へ】

診療科 主な治療 効果が生まれるものと、場合によっては効果がないもの
1. 婦人科 ホルモン補充療法(HRT)ほか →うつのような症状を含む、更年期障害症状の緩和。▲但しうつ病に発展している場合など、強い精神疾患がある場合、うつ症状は緩和しない。
2. 心療内科・精神科 抗不安剤、抗うつ剤などの楽物療法ほか →うつ症状も緩和
【もしも、最初に心療内科を受診した場合】
診療科 主な治療 効果が生まれるものと、場合によっては効果がないもの
1. 心療内科・精神科 抗不安剤、抗うつ剤などの楽物療法ほか →うつ症状の緩和。▲但し、更年期障害が発症している場合、身体的症状は緩和しない。
2. 婦人科 ホルモン補充療法(HRT)ほか →更年期障害の身体的症状も緩和
 

※更年期障害の範疇であれば、ホルモン補充療法(HRT)によって”うつっぽい症状”は緩和します。逆に、抗不安剤、抗うつ剤などの楽物療法で、更年期障害による身体的症状にも多少影響が出る場合があるとのこと。その他、「更年期うつ」の治療には、漢方治療や、食事療法精神療法(カウンセリング、認知行動療法、対人関係療法)などが行われる場合、もしくは併用される場合があります。

 

おしまいに

更年期のうつっぽい症状は、長く放置して本格的なうつ病になると、なかなか完治しにくくなってしまいます。とにかく、早い段階で医療機関へ受診することが大切です。それに、うつのうような症状だからといって、決していきなり精神科の門を叩く必要はありません。まずは、婦人科で相談してみましょう。婦人科での診察にも不安を感じるのであれば、とりあえず内科に相談することから始めても問題ありません。また、下記のように更年期うつに効果的なライフスタイルがあります。その人自身が心地よい、楽しいと感じることが肝心なので、気楽にお試しくださいね。

●適度な運動(通勤や買い物ついでのウォーキングや階段昇降でOK)

●バランスの良い食生活を送り、よく噛む

●アロマオイル、好きな音楽などを聴いてリラックス

●会いたい人に会ってたくさん笑う

●オシャレして出かける、日の光を浴びる

 

(image by Photo AC)
(image by Photo AC)
(image by Photo AC)
(image by Photo AC)

更年期のお役立ち情報

更年期に関連するQA