更年期の症状「ホットフラッシュ」がはじまったら|原因・症状・対処法について

ホットフラッシュの原因・症状・対処法について解説します。

はじめに

女性は個人差はあるものの40代半ばぐらいになると「更年期」という時期を迎えます。

この時期は、女性が閉経を迎える前後10年間のことをいいます。

「更年期」には、あらゆる症状が起こりますが、そのなかに「ホットフラッシュ」という「のぼせ・ほてり・急な発汗」の症状があります。

外気の温度関係なく、突然、体温が上がり発汗するので、初めて発症したときには戸惑う人も少なくはありません。

そこで今回は「ホットフラッシュ」について、その原因と症状、対処法について解説します。

更年期とは

人によって差はありますが、だいたい50歳前後に閉経(生理が止まること)を迎えることから、「更年期」は45〜55歳までの10年間を指します。

この時期、女性のカラダに起こる変化は主に「ホルモンバランスの変化」です。

「ホルモンバランスの変化」が起こる理由は、年齢を重ねることで閉経へと向かい、卵巣機能が低下してしまうからです。

卵巣が正常に活動しないと卵胞が育たなくなり、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が急激に減っていきます。これが「変化」なのです。

エストロゲンが減少することで、カラダにあらゆる不調があらわれます。その症状を「更年期障害」といいます。なお、閉経すると卵胞は消失します。

女性ホルモンのエストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれ、以下のような多くの働きを担っています。

女性ホルモンの働き

・子宮や卵巣などの働きを活性化する
・卵巣が着床しやすいよう子宮内膜を増殖させる
・血管や骨を強くする
・自律神経のバランスを保つ
・皮膚や粘膜の潤いを保つ
・脳の血流を増やし働きを良くする
・コレステロールのバランスを整える
・生体反応の暴走を防ぐ

脳が指令を出し続ける

実際にはエストロゲンが減少しているのに、脳はカラダの機能を正常に保とうと、卵胞刺激ホルモンをどんどん分泌させ、エストロゲンの分泌を促そうとします。

それが、余計にホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまいます。

更年期障害の症状

更年期障害の症状は、以下のように分類されます。ただし、さまざまな要因があるため個人差は大きく、人によっては、全く症状があらわれない場合があります。

自律神経失調症状

ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり・急な発汗)
腰や手足の冷え
動悸・息切

精神神経症状

不眠・眠りが浅い・寝つきが悪い
不安になる、じっとしていられない
怒りっぽくなりる、すぐイライラする
憂うつになる、すぐクヨクヨする
頭痛、めまい

その他

腰痛、肩こり、関節痛、手足の痛み
すぐに疲れる、倦怠感がある
吐き気、食欲不振
乾燥、かゆみ
排尿障害、性交障害

更年期障害の原因

更年期障害は、主に卵巣機能の低下によるホルモンバランスの変化で起こりますが、実はそれだけが原因ではありません。

以下のような心理的要因や環境要因が重なり、発症するといわれています。

・育て上げた子供の独立による喪失感
・子供の独立で訪れる夫婦二人の生活にストレス
・肉体的な老いを感じ気分が落ち込む
・自分の親が高齢者となり介護が始まる
・真面目で几帳面な性格が影響する

ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり・急な発汗)とは

ホットフラッシュの症状

更年期障害の症状の一つであるホットフラッシュは、寒い季節でも突然カーッと熱くなり、大量の汗をかいてしまうこと。

発汗がおさまれば元通りになりますが、その間、カラダの熱さや汗による不快感のほか、周囲に人がいれば恥ずかしさがともないます。

ホットフラッシュの原因

ホットフラッシュはカラダの働きをコントロールする自律神経の乱れで起こる症状です。

自律神経の乱れは卵巣機能が低下し、エストロゲンが急激に減少したことで起こります。自律神経は体温調節を行うため、その乱れがホットフラッシュとなってあらわれます。

自律神経の乱れで起こる「自律神経失調症状」の代表として「血管運動神経症状」がありますが、ホットフラッシュの症状はこれに分類されます。
それは、ホットフラッシュの、のぼせ・ほてり・急な発汗が起こるメカニズムが、血管運動神経の興奮によりもたらされるからです。

血管は、自律神経が深く関係し、拡張したり、収縮したりして体調を整えています。
しかし、その自律神経が乱れることで血管運動神経の興奮が起これば、そのコントロールが効かなくなり、急にカラダが熱くなり”ほてる”という症状が起こるのです。

ホットフラッシュが起こったら

のぼせ・ほてり、急な発汗が起こる症状は更年期障害だけではなく、「自律神経失調症・甲状腺疾患・高血圧・心臓疾患」である場合があります。

そのため、自己判断せずに、まずは婦人科で診てもらうようにしましょう。

日々のホットフラッシュ対処法

大量の汗をかくと、ストレスや疲労感を感じたり、汗のニオイなども気になりますよね。
そんなときのために、ちょっと出歩くとき保冷剤などをハンカチに包んで携帯し、ホットフラッシュが起こったとき首回りに当てると、サーっと涼しくなり効果的です。

また、更年期症状にはアロマテラピーなどの治療も行われています。

ハンカチにリラックス効果のある香り(ラベンダー・ローズ・カモミール・イランイラン・オレンジスイート)や、リフレッシュ効果のある香り(ペパーミント・レモングラス・ローズマリー・バジル・レモン)などをつけると、より効果的です。

ただし、精油(エッセンシャルオイル)には禁忌事項があるので、販売先によく確認しましょう。

ホットフラッシュを起こりにくくするために

カラダを温める、リラックスする、規則正しい生活をする、バランスよく食事するなどで自律神経が整い、更年期障害のつらい症状が改善する場合があります。

以下のようなことに気をつけて、ホットフラッシュが起こりにくい日常生活を送りましょう。

・朝は太陽の光をしっかり浴びる
・朝食をしっかりとる
・食物繊維や発酵食品をとり、腸内環境を良くする
・大豆製品を積極的にとる
・手湯や足湯などで、習慣的に末端を温める
・お腹を冷やさないよう温かいものを食べる(飲む)
・腹巻をつけるなど、お腹を冷やさない習慣をつける
・ゆったりした入浴、ストレッチを習慣にする
・軽い運動を心がける

さいごに

更年期障害が自分に訪れたという目安にもなるホットフラッシュですが、一度起こったからといって、ずっと継続して発症するわけでもありません。

更年期の症状は、精神的な影響もあることから気持ちの持ち方次第で大きく改善する場合があるからです。
たとえば、「気にしない」「人生を楽しむ」といった具合です。

それを自分自身で行える場合もありますが、そうもいかないことが多いでしょう。そんなときは、婦人科の門を叩いて相談してみたり、周囲の人に相談してみることが良い効果を生むはずです。

一番良くないことは一人で悩むこと。些細なことでも必ず誰かと共有しましょう。

更年期のお役立ち情報

更年期に関連するQA

dメニュー