三宝葛根湯エキス顆粒 9包

葛根湯は漢方の著名な古典である「傷寒論」に記載されている薬で、かぜ・肩こり・
頭痛などに広く使われています。
漢方薬は本来煎じて水薬として飲むものですが、これを葛根湯の有効成分を抽出濃縮
したエキスを使用し、服用しやすい顆粒剤にしたものです。

送料無料

配送区分
宅急便コンパクト
発送元
白山店

選べる支払方法

  • ・クレジットカード
  • ・Amazon Pay
  • ・Apple Pay
  • ・Google Pay
  • ・PayPay
  • ・d払い/ドコモ払い
  • ・Shop Pay
  • amazon_payments
  • american_express
  • apple_pay
  • d_barai
  • docomo_barai
  • jcb
  • master
  • pay_pay
  • visa
最短配送日
14時までの注文完了で本日出荷
使用期限
3ヶ月以上のものを発送します
  • 三宝葛根湯エキス顆粒
  • 三宝葛根湯エキス顆粒
  • 三宝葛根湯エキス顆粒
  • 三宝葛根湯エキス顆粒

基本情報

薬品名 三宝葛根湯エキス顆粒
薬品の特徴 葛根湯は漢方の著名な古典である「傷寒論」に記載されている薬で、かぜ・肩こり・
頭痛などに広く使われています。
漢方薬は本来煎じて水薬として飲むものですが、これを葛根湯の有効成分を抽出濃縮
したエキスを使用し、服用しやすい顆粒剤にしたものです。
成分 3包(7.5g)中に次の成分を含んでいます。
成   分             含 量
カッコン(葛根)            8g
マオウ(麻黄)             4g
タイソウ(大棗)            4g
ケイヒ(桂枝)             3g
シャクヤク(芍薬)           3g
カンゾウ(甘草)            2g
ショウキョウ(生姜)          1g
上記の葛根湯乾燥エキス5gを含有します。        
添加物としてヒドロキシプロピルセルロース、トウモロコシデンプンを含んでいます。
医薬品分類 第二類医薬品
販売会社 三宝製薬
製造会社
効果・効能 感冒,鼻かぜ,頭痛,肩こり,筋肉痛,手や肩の痛み
添付文書 添付文書はこちら
情報更新日

用法・用量

1日3回,次の量を空腹時又は食間に水か湯で服用。15才以上1回1包,7〜14才1
回2/3包,4〜6才1回1/2包,2〜3才1回1/3包,2才未満1回1/4包

相談すること


1.次の人は服用前にに医師又は薬剤師に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)。
(4)胃腸の弱い人。
(5)発汗傾向の著しい人。
(6)高齢者。
(7)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
(8)次の症状のある人。
    むくみ、排尿困難
(9)次の診断を受けた人。
    高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害
2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に
  相談してください。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合。
    [関係部位]    [症 状]
     皮ふ        発疹・発赤、かゆみ
     消化器       悪心、食欲不振、胃部不快感
   まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の
   診療を受けてください。
    [症状の名称]   [症 状]
   偽アルデステロン症   尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが
               重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、
               頭痛等があらわれる。
   肝機能障害       全身のだるさ、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)
               等があらわれる。
(2)1ヵ月位(感冒、鼻かぜ、頭痛に服用する場合には、5〜6回)服用しても
   症状の改善がみられない場合。
3.長期間連用する場合には、医師又は薬剤師に相談してください

保管方法

(1)小児の手のとどかない所に保管してください。
(2)直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(3)誤用をさけ、品質を保持するために、他の容器に入れかえないでください。
(4)1包を分割した残りを服用する場合には、吸湿防止のため袋の口を折り返して
   保管し、2日以内に服用してください。
(5)使用期限をすぎた製品は服用しないでください。

三宝葛根湯エキス顆粒の感想を書く

三宝葛根湯エキス顆粒に関連するタグ

  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。