ラスピドン液 25ml

みずむし・たむし(いんきんたむし、ぜにたむし)は、白癬菌というカビ(真菌)が皮膚に寄生しておこる治りにくい疾患です。
ラスピドン液は、ミコナゾール硝酸塩のはたらきにより白癬菌を殺菌し、みずむし・たむしの不快な症状を改善します。

送料無料

配送区分
宅急便コンパクト
発送元
白山店

選べる支払方法※定期購入はクレジットカードのみ

  • ・クレジットカード
  • ・Amazon Pay
  • ・Apple Pay
  • ・Google Pay
  • ・PayPay
  • ・Paidy
  • ・d払い/ドコモ払い
  • amazon_payments
  • american_express
  • apple_pay
  • d_barai
  • docomo_barai
  • familymart
  • jcb
  • lawson
  • master
  • ministop
  • paidy
  • pay_pay
  • seveneleven
  • visa
最短配送日
14時までの注文完了で本日出荷
使用期限
3ヶ月以上のものを発送します
  • ラスピドン液
  • ラスピドン液
  • ラスピドン液
  • ラスピドン液
  • ラスピドン液
  • ラスピドン液
  • ラスピドン液

基本情報

薬品名 ラスピドン液
薬品の特徴 みずむし・たむし(いんきんたむし、ぜにたむし)は、白癬菌というカビ(真菌)が皮膚に寄生しておこる治りにくい疾患です。
ラスピドン液は、ミコナゾール硝酸塩のはたらきにより白癬菌を殺菌し、みずむし・たむしの不快な症状を改善します。
成分 100mL中に次の成分を含みます。
ミコナゾール硝酸塩・・・・・1.0g クロタミトン・・・・・・・・10.0g
リドカイン・・・・・・・・・2.0g グリチルリチン酸二カリウム・・0.5g
l−メントール・・・・・・・1.0g

添加物としてエタノール、プロピレングリコール、セバシン酸ジエチルを含有します。
医薬品分類 第二類医薬品
販売会社 協和薬品工業
製造会社
効果・効能 みずむし、いんきんたむし、ぜにたむし
添付文書 添付文書はこちら
情報更新日

用法・用量

1日1〜2回、適量を患部に塗布してください。

<用法・用量に関連する注意>
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)患部やその周囲が汚れたまま使用しないでください。
(3)目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗い、直ちに眼科医の診療を受けてください。
(4)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(5)外用にのみ使用してください。

してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)

1.次の部位には使用しないでください
 (1)目や目の周囲、粘膜(例えば、口腔、鼻腔、膣等)、陰のう、外陰部等。
 (2)湿疹。
 (3)湿潤、ただれ、亀裂や外傷のひどい患部。

相談すること

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)乳幼児。
 (3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (4)患部が顔面又は広範囲の人。
 (5)患部が化膿している人。
 (6)「湿疹」か「みずむし、いんきんたむし、ぜにたむし」かがはっきりしない人。
    (陰のうにかゆみ・ただれ等の症状がある場合は、湿疹等他の原因による場合が多い。)
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮膚    : 発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、刺激感、熱感、落屑、
            ただれ、乾燥・つっぱり感、水疱、ヒリヒリ感
3.2週間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

保管方法

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
   (誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)火気に近づけたり、火の中に入れたりしないでください。また、使用済みの容器は火中に投じないでください。
(5)合成樹脂(スチロール等)を軟化したり、塗料を溶かしたりすることがありますので、床や家具等につかないようにしてください。
(6)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
   なお、使用期限内であっても、開封後は品質保持の点からなるべく早く使用してください。

その他の注意

<容器の使用法>
●使用前に、容器の先端を上に向けて、手の指で中栓の先を2〜3回空押しして中の空気を抜いてください。
(暑い時期、高温の場所に置かれた場合や薬液が少なくなった場合などに、容器内の圧力が高まり薬液が多く出ることがありますので、これを防ぐためです。)
●使用するときは容器を下向き又は斜めにして、先端を患部に軽く押し当てて塗布してください。容器の先端を患部から離すと液が出なくなります。(強く押し当てたり、容器胴部を強く握ると薬液が多く出ます。)

【水虫治療のポイント】
○患部はいつも清潔にしましょう。靴下や靴等も清潔なものを使用しましょう。
○白癬菌の寄生は、症状のあらわれている範囲より広がっていることが多いため、薬剤は広めに塗布しましょう。
○かゆみ等がなくなっても、再発することがあるためしばらくの間は根気よく治療を続けましょう。
○患部のむれを防ぎ、乾燥に心がけましょう。

ラスピドン液の感想を書く

ラスピドン液に関連するタグ

  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。