バイオレット・アイ 10ml

バイオレット・アイは、3つの消炎成分に目のかゆみを抑えるクロルフェニラミンマレイン酸塩を配合した紫色の目薬で、目のアレルギー症状に優れた効果をあらわします。

送料無料

配送区分
発送元
白山店

選べる支払方法

  • ・クレジットカード
  • ・Amazon Pay
  • ・Apple Pay
  • ・Shop Pay
  • amazon_payments
  • american_express
  • apple_pay
  • jcb
  • master
  • visa
最短配送日
14時までの注文完了で本日出荷
使用期限
3ヶ月以上のものを発送します
  • バイオレット・アイ
  • バイオレット・アイ
  • バイオレット・アイ
  • バイオレット・アイ
  • バイオレット・アイ
  • バイオレット・アイ
  • バイオレット・アイ

基本情報

薬品名 バイオレット・アイ
薬品の特徴 バイオレット・アイは、3つの消炎成分に目のかゆみを抑えるクロルフェニラミンマレイン酸塩を配合した紫色の目薬で、目のアレルギー症状に優れた効果をあらわします。
成分 100mL中
 〔成  分〕 イプロシン−アミノカプロン酸
 〔含  量〕 1,000mg
 〔はたらき〕 炎症の原因となる物質を抑えることにより、目の炎症を改善します。

 〔成  分〕 アズレンスルホン酸ナトリウム水和物
 〔含  量〕 20mg
 〔はたらき〕 紫色の有効成分で、目の炎症をしずめます。

 〔成  分〕 グリチルリチン酸二カリウム
 〔含  量〕 100mg
 〔はたらき〕 生薬由来の成分で、目の炎症を改善します。

 〔成  分〕 クロルフェニラミンマレイン酸塩
 〔含  量〕 30mg
 〔はたらき〕 かゆみの原因物質ヒスタミンの遊離を抑えることにより、目のかゆ
        みや結膜の充血を取除くはたらきがあります。

添加物として塩化Na、ホウ酸、ホウ砂、パラベン、l−メントール、d−ボルネオール、エタノールを含有します。

<成分・分量に関連する注意>
本剤は点眼後、ときに口中に甘味を感じることがあります。これは成分のひとつであるグリチルリチン酸二カリウムが、涙道を通って口中に流れ出てくることによるもので、品質等の異常によるものではありません。
医薬品分類 第三類医薬品
販売会社 日邦薬品工業
製造会社
効果・効能 目のかゆみ、結膜充血、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)、眼瞼炎(まぶたのただれ)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感、目の疲れ、目のかすみ(目やにの多いときなど)
添付文書 添付文書はこちら
説明文書 説明文書はこちら
情報更新日

用法・用量

1回2〜3滴、1日3〜6回点眼してください。

<用法・用量に関連する注意>
(1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
(2)容器の先を目やまぶた、まつ毛に触れさせないこと。また、混濁したものは使用しないこと。
(3)ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないこと。
   (レンズに薬剤が徐々に吸着されて、目に刺激を与えたり、レンズの物性に影響を与えることがある。)
(4)点眼用にのみ使用すること。

相談すること

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
  (1)医師の治療を受けている人。
  (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
  (3)次の症状のある人。
      はげしい目の痛み
  (4)次の診断を受けた人。
      緑内障
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮膚    : 発疹・発赤、かゆみ
    目     : 充血、かゆみ、はれ、痛み
3.次の場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
  (1)目のかすみが改善されない場合。
  (2)2週間位使用しても症状がよくならない場合。

保管方法

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管すること。特に車のダッシュボード等、高温下に放置したものは、容器の変形や薬液の品質が劣化するおそれがあります。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)アズレンスルホン酸ナトリウム水和物は、日光あるいは蛍光灯によって分解を起こす(退色する)ので、使用後は、キャップをしっかりしめて、添付の携帯袋に入れ、保管すること。
(4)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(5)他の人と共用しないこと。(目の病気にかかっている人が使用している目薬を他人が使用した場合、その目薬を通して感染することがある。)
(6)使用期限を過ぎた製品は、使用しないこと。また、使用期限内であっても、開栓後は、用法・用量を守り、できるだけ速やかに使用すること。
(7)液色は、成分の色です。衣服をあやまって薬液で汚した場合には、直ちに水洗いすれば綺麗におちます。
(8)品質保持のため脱酸素剤が入っているので、点眼薬を透明フィルムから取り出した際には、脱酸素剤は捨てること。
(9)保存の状態によっては、成分の紫色の結晶が容器の先やキャップの内側につくことがあります。その場合は、清潔なガーゼなどで軽くふきとって使用すること。
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。