大木の流絆A 10ml

大木の流絆Aは、強い皮膜をつくって傷を守る、すぐ乾く液体ばんそうこう(流動絆創膏)です。
付属のヘラに少量とり、傷に薄くぬると、一瞬しみますが乾くと治まり、透明な皮膜ができて、
ばい菌の侵入を防ぎ、水やお湯などの刺激から傷を守ります。2度ぬりすると一層はがれにくく
なります。毎日の水仕事などから手をいたわり、スポーツやレジャーのお供に、ご家庭や職場の
常備薬として、お役立てください。

特 長
*透明で目立たず、2度ぬりではがれにくい強い皮膜をつくる
*ヘラ付きだからぬりやすく、すぐ乾き、薄くぬれる
*ひび、あかぎれ、さかむけ、小きりきず、靴ずれなどのすり傷に、さっとお手当ができる

送料無料

配送区分
宅急便コンパクト
発送元
白山店

選べる支払方法

  • ・クレジットカード
  • ・Amazon Pay
  • ・Apple Pay
  • ・Shop Pay
  • amazon_payments
  • american_express
  • apple_pay
  • jcb
  • master
  • visa
最短配送日
14時までの注文完了で本日出荷
使用期限
3ヶ月以上のものを発送します
  • 大木の流絆A
  • 大木の流絆A
  • 大木の流絆A
  • 大木の流絆A
  • 大木の流絆A
  • 大木の流絆A
  • 大木の流絆A

基本情報

薬品名 大木の流絆A
薬品の特徴 大木の流絆Aは、強い皮膜をつくって傷を守る、すぐ乾く液体ばんそうこう(流動絆創膏)です。
付属のヘラに少量とり、傷に薄くぬると、一瞬しみますが乾くと治まり、透明な皮膜ができて、
ばい菌の侵入を防ぎ、水やお湯などの刺激から傷を守ります。2度ぬりすると一層はがれにくく
なります。毎日の水仕事などから手をいたわり、スポーツやレジャーのお供に、ご家庭や職場の
常備薬として、お役立てください。

特 長
*透明で目立たず、2度ぬりではがれにくい強い皮膜をつくる
*ヘラ付きだからぬりやすく、すぐ乾き、薄くぬれる
*ひび、あかぎれ、さかむけ、小きりきず、靴ずれなどのすり傷に、さっとお手当ができる
成分 〔成 分〕     〔分量(100g中)〕
ピロキシリン     12.0g

添加物としてヒマシ油、エタノール、酢酸ブチル、その他1成分を含有する。
医薬品分類 第三類医薬品
販売会社 大木製薬
製造会社 大木製薬
効果・効能 ひび、あかぎれ、さかむけ、小きりきず、すりきず
添付文書 添付文書はこちら
情報更新日

用法・用量

患部を清潔にし、傷部のみに適量をぬり、そのまま静かに乾燥させてください。

1.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
2.目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗い、直ちに眼科医の診察を受けてください。
3.本剤は、外用にのみ使用し、絶対に内服しないでください。
4.患部に血液や水分がついていると薬液がつきにくいので、よくふきとってください。

してはいけないこと

守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります。

1.次の部位には使用しないでください。
 (1)目や目の周囲、粘膜(例えば、口腔、鼻腔、膣等)
 (2)ただれ、化膿及び傷口の大きな患部、出血している患部
 (3)湿疹

相談すること

1.次の人は、使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
 (1)本人又は家族がアレルギー体質の人 (2)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.使用後、次の症状があらわれた場合は、直ちに使用を中止し、この文書を持って
  医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮   ふ : 発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ

保管方法

1.小児の手の届かない所に保管してください。
2.直射日光をさけ、涼しい所に保管してください。
3.誤用をさけ、品質を保持するため、他の容器に入れかえないでください。
4.火気に近づけないでください。
5.キャップをしっかり締めてください。(薬液が固まる恐れがあります)容器の口部、ねじ部、キャップの内側に、薬液が付着したときは、清潔なティッシュや綿棒等でふき取ってからキャップを締めてください。
6.ヘラは薬液をふき取ってから箱に戻し、清潔にしてご使用ください。
7.衣服・家具等につくと非常にとれにくいので、つかないように注意してください。
8.使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお、開封後はなるべく早くお使いください。

その他の注意

使用方法
1.容器の先を上にして、肩の部分を軽く持ち、キャップのピンで穴を開けてください。
  ※容器を強く押したり下にすると、薬液が多量に出ることがあるのでご注意ください。
2.容器の先を上にしたまま、ヘラにすくいとり、傷に薄くぬってください。
3.2度ぬりすると、一層はがれにくく強い皮膜になります。
4.皮膜は自然にはがれますが、急いではがしたいときは、薬液を皮膜の上にぬり、溶かしながら乾ききる前にふき取ってください。マニキュア除光液でもとれます。
5.容器を底から折ると出しやすくなりますが、折り直すと破れることがあります。
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。