デルモランF軟膏 10g

送料無料

配送区分
発送元
白山店

選べる支払方法※定期購入はクレジットカードのみ

  • ・クレジットカード
  • ・Amazon Pay
  • ・Apple Pay
  • ・Google Pay
  • ・PayPay
  • ・Paidy
  • ・d払い/ドコモ払い
  • amazon_payments
  • american_express
  • apple_pay
  • d_barai
  • docomo_barai
  • familymart
  • jcb
  • lawson
  • master
  • ministop
  • paidy
  • pay_pay
  • seveneleven
  • visa
最短配送日
14時までの注文完了で本日出荷
使用期限
3ヶ月以上のものを発送します

    基本情報

    薬品名 デルモランF軟膏
    成分 【組成・性状】
    1.組成
    成分・含量(1g中)
    フルオシノロンアセトニド     0.25mg
    硫酸フラジオマイシン        3.5mg(力価)
    2.製剤の性状
    デルモランF軟膏は白色〜微黄色の油脂性軟膏です。

    添加物:ビタミンC、プロピレングリコール、ラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、
    ブチルパラベン、サラシミツロウ、流動パラフィン、ワセリン
    医薬品分類 医薬部外品
    販売会社 佐藤製薬
    製造会社
    効果・効能 <適応菌種>
     フラジオマイシン感性菌
    <適応症>
    ・深在性皮膚感染症、慢性膿皮症
    ・湿潤、びらん、結痂を伴うか、又は二次感染を併発している次の疾患:
     湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬、放射線皮膚炎、日光皮膚炎を含む)、
     乾癬、皮膚そう痒症(陰部・肛門部)、掌蹠膿疱症
    ・外傷・熱傷及び手術創等の二次感染
    添付文書 添付文書はこちら
    情報更新日

    用法・用量

    通常、1日1〜数回直接患部に塗布又は塗擦するか、あるいは無菌ガーゼ等にのばして貼付します。
    なお、症状により適宜増減します。

    保管方法

    (1)小児の手のとどかない所に保管してください。
    (2)直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
    (3)誤用をさけ、品質を保持するため、他の容器に入れかえないでください。

    その他の注意

    【薬効薬理】
    フルオシノロンアセトニドは、CMC襄法(ラット)1)、胸腺退縮試験(ラット)2)、
    抗肉芽試験(ラット)2)、in vitroにおける線維芽細胞抑制試験3)のほか、
    クロトン油皮膚炎(ヒト:健康成人男子)等の実験皮膚炎抑制試験4)、
    毛細血管収縮試験(ヒト:健康成人)5)6)及び病巣皮膚を用いた乾癬試験
    (ヒト:乾癬患者成人男女)7)において優れた生物活性を有することが認められている。
    フラジオマイシン硫酸塩はグラム陽性球菌、グラム陰性桿菌に対し強い抗菌作用を示す。

    【有効成分に関する理化学的知見】
    1)フルオシノロンアセトニド
      一般名:フルオシノロンアセトニド
          (Fluocinolone Acetonide)
      化学名:6α,9−Difluoro−11β,21−dihydroxy−1
          6α,17−isopropyli−denedioxypregna
          −1,4−diene−3,20−dione
      分子式:C24H30F2O6
      分子量:452.49
      融 点:266〜274℃(分解)
      性 状:本品は白色の結晶又は結晶性の粉末で、においはない。
          本品は酢酸(100)又はアセトンに溶けやすく、エタノール(95)
          又はエタノール(99.5)にやや溶けやすく、メタノール又はクロロ
          ホルムにやや溶けにくく、アセトニトリルに溶けにくく、ジエチルエー
          テルに極めて溶けにくく、水にほとんど溶けない。
    2)硫酸フラジオマイシン
      一般名:硫酸フラジオマイシン(Fradiomycin Sulfate)
      性 状:本品は白色〜淡黄色の粉末で、においはない。
          本品は水に溶けやすく、エタノール(95)又はジエチルエーテルにほ
          とんど溶けない。

    【主要文献】
    1)石川 浩ほか:薬学雑誌88,1472(1968)
    2)LernerL.J.et al.:Proc.Soc.Exp.Biol.Med.116,385(1964)
    3)Berliner D.L.,Ruhmann A.G.:J.Invest.Dermatol.40,117(1967)
    4)Kaidbey K.H.,Kligman A.M.:J.Invest.Dermatol.63,292(1974)
    5)Stoughton R.B.:Arch.Derm.99,753(1969)
    6)Place V.A.et al.:Arch.Derm.101,531(1970)
    7)Dumas K.J.,Scholtz J.R.:Acta Dermatovener(Stockholm)52,43(1972)

    【文献請求先】
    佐藤製薬株式会社 医薬事業部
    〒107−0051 東京都港区元赤坂1丁目5番27号

    デルモランF軟膏の感想を書く

    デルモランF軟膏に関連するタグ

    • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
    • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
    • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
    • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

    掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
    掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
    当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。