イハダ プリスクリードS 50ml

¥2,086(税込) - ポイント

●3つの医薬品有効成分が肌に浸透します
(1)クロルフェニラミンマレイン酸塩:抗ヒスタミン作用を持つかゆみ止め成分。かゆみを引き起こす原因物質(ヒスタミン)の作用を抑え、かゆみをすばやく鎮めます
(2)アラントイン:組織修復成分。傷んだ肌の修復を促します
(3)グリチルリチン酸二カリウム:抗炎症成分。肌に生じた炎症を鎮めます
●みずみずしく、しっとりとした使用感で肌へのなじみに優れています
●素肌とおなじ弱酸性です
●無香料・無着色・アルコール無添加

送料無料

配送区分
宅急便コンパクト
発送元
白山店

選べる支払方法※定期購入はクレジットカードのみ

  • ・クレジットカード
  • ・Amazon Pay
  • ・Apple Pay
  • ・PayPay
  • ・d払い/ドコモ払い
  • ・楽天ペイ
  • ・Paidy
  • amazon_payments
  • american_express
  • apple_pay
  • d_barai
  • diners
  • diners_club
  • discover
  • docomo_barai
  • jcb
  • master
  • pay_pay
  • rakuten_pay
  • visa
最短配送日
14時までの注文完了で本日出荷
使用期限
3ヶ月以上のものを発送します

基本情報

薬品名 イハダ プリスクリードS
薬品の特徴 ●3つの医薬品有効成分が肌に浸透します
(1)クロルフェニラミンマレイン酸塩:抗ヒスタミン作用を持つかゆみ止め成分。かゆみを引き起こす原因物質(ヒスタミン)の作用を抑え、かゆみをすばやく鎮めます
(2)アラントイン:組織修復成分。傷んだ肌の修復を促します
(3)グリチルリチン酸二カリウム:抗炎症成分。肌に生じた炎症を鎮めます
●みずみずしく、しっとりとした使用感で肌へのなじみに優れています
●素肌とおなじ弱酸性です
●無香料・無着色・アルコール無添加
成分 (1g中)
クロルフェニラミンマレイン酸塩・・・・・10mg
アラントイン・・・・・2mg
グリチルリチン酸二カリウム・・・・・1mg

添加物として、グリセリン、1,3−ブチレングリコール、マクロゴール、ヒアルロン酸Na、2−メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、ポリオキシエチレンセチルエーテル、エデト酸Na、パラベン、フェノキシエタノール
医薬品分類 第三類医薬品
販売会社 資生堂薬品
製造会社
効果・効能 かゆみ、かぶれ、じんましん、あせも、ただれ、皮膚炎、湿疹、虫さされ、しもやけ
添付文書 添付文書はこちら
説明文書 説明文書はこちら
情報更新日

用法・用量

1日数回、適量を患部に塗布してください。

(1)患部を清潔にした後、塗布してください。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないよう注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。

相談すること

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)湿潤やただれのひどい人
2.使用後、次の症状があらわれた場合は直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
〔関係部位〕    〔症  状〕
   皮 膚・・・・・・・発疹・発赤、かゆみ、はれ
3.5〜6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

保管方法

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください(誤用の原因になったり、品質が変わる場合があります)。

イハダ プリスクリードSに関連するタグ

注目記事

コロナワクチン接種後の副反応に使える市販薬|薬の備えについて解説【3回目接種】

コロナワクチン接種後の痛みや発熱などの副反応に対して、厚生労働省では市販薬で対処できると公表しています。3回目の追加接種時にも副反応対策として市販薬を準備しておくと安心です。ファイザー・モデルナ・アストラゼネカ、どの製薬会社のワクチンでも市販薬の選び方に違いはありません。この記事では、痛みや発熱に使用できる解熱鎮痛薬(解熱剤)と、モデルナアームに使える塗り薬について解説しています。

コロナワクチン接種後の副反応に使える市販薬|薬の備えについて解説【3回目接種】

赤ちゃん・子どものあせも(汗疹)に使える市販薬を紹介|かゆみ止め成分配合の塗り薬

かゆみを伴うあせも(汗疹)の場合、皮膚を掻き壊すことによって、症状が悪化することがあります。かゆみを伴うあせもには、かゆみ止め成分が配合された市販薬を使用し、かゆみをおさえることが大切です。 また、あせもに効く市販薬は、症状によって適した成分や剤形が異なるため、お子様の症状にあった薬を選ぶとよいでしょう。この記事では、赤ちゃん・子どものあせもに使える市販薬について解説します。

赤ちゃん・子どものあせも(汗疹)に使える市販薬を紹介|かゆみ止め成分配合の塗り薬

虫刺されのかゆみに効く市販薬|かゆみ止め成分・ステロイド配合の塗り薬

虫刺されによるかゆみには、かゆみ止め成分が配合された市販の塗り薬を選びましょう。 虫刺されによる赤み、腫れには、ステロイドまたはステロイド以外の抗炎症成分が配合された市販の塗り薬を選びましょう。 虫刺されに効く市販薬は、症状によって適した成分や剤形が異なるため、ご自身の症状にあった薬を選ぶとよいでしょう。 この記事では、虫刺されに効く市販薬の選び方や虫刺されの対処法などについて解説しています。

虫刺されのかゆみに効く市販薬|かゆみ止め成分・ステロイド配合の塗り薬
ご利用に当たっての注意事項
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。
掲載情報について

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。