虫刺され・かゆみに使える|ウナコーワクールパンチの特徴と使い方

Date:

虫刺されやかゆみなどの症状に使用できる、ウナコーワクールパンチの特徴と使い方、使用上の注意点について詳しく解説します。ウナコーワシリーズの中でも特に冷感刺激の強いウナコーワクールパンチは、クールな使用感が好きな方にはおすすめです。

編集者

株式会社ミナカラ

登録販売者

島村 洋和

島村 洋和_プロフィール画像

夏や秋などの虫刺されの多い季節には、虫刺され薬を持っておくと便利です。

この記事では、手軽に携帯できて素早く効く「ウナコーワクールパンチ」の特徴や使い方について解説します。

ウナコーワクールパンチの特徴

ウナコーワクールパンチは、ウナコーワシリーズの中でも特に冷感刺激の強い使用感が特徴的な市販薬です。

清涼成分を最大量配合

ウナコーワクールパンチの成分を見ると、冷感成分のL-メントールをウナコーワシリーズで最大量配合されており、よりクールな使用感が実現されています。

かゆみの症状に優れた効果を発揮

かゆみの症状を鎮める成分である局所麻酔成分の「リドカイン」を、新ウナコーワクールの濃度の2倍配合しているため、よりかゆみの症状の緩和に特化した市販薬といえます。

抗ヒスタミン成分のジフェンヒドラミン塩酸塩も合わせて配合されているため、ウナコーワシリーズの従来品以上にかゆみへの効果が期待できます。

塗りやすいブラシタイプ

ウナコーワクールパンチの先端にはモロコシヘッドタイプのブラシが付いており、患部にピンポイントで塗れるため、虫刺されの小さな患部にも使用しやすい仕様になっています。

ウナコーワクールパンチ【第二類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

かゆみの原因の働きをおさえるかゆみ止め成分「ジフェンヒドラミン塩酸塩」と、すばやくかゆみを感じにくくさせる局所麻酔成分「リドカイン」が配合されています。
また、清涼感を示すd-カンフル、l-メントールが配合されています。
通常の「新ウナコーワクール」に比べ、局所麻酔成分「リドカイン」が多く配合されているほか、「l-メントール」もほかの製品と比べて多いため、スーッとする清涼感が強めです。
容器先端がブラシ状になっているため、塗りやすくなっています。

ウナコーワクールパンチ以外の虫刺され市販薬の選び方に関しては次の記事で詳しく解説をしています。

30mlと50mlの違いは?

ウナコーワクールパンチには30mlタイプと50mlタイプがありますが、いずれも成分の配合濃度は同じです。

携帯に便利なのは30mlタイプ、家族で使用するなど容量が欲しい場合は50mlタイプにするなどで使い分けると良いでしょう。

ウナコーワクールパンチの使用上の注意

市販薬を使用するときは、添付文書に記載のある用法・容量の指示にしたがって使用することが原則です。

ウナコーワクールパンチの添付文書には、1日数回適量を患部に使用すると記載があるので、極端に多く使用し過ぎないように気をつけましょう。

また、薬を塗った後は通気性を良く保つ必要があるため、ウナコーワクールパンチを膝の裏や肘の内側に使用する場合は、すぐに正座するなどして皮膚を密着させないでください。

ほかにも、ウナコーワクールパンチを使用する際にはいくつか注意するべきことがあります。

使用してはいけない部位

傷口には刺激が強い上に、症状が悪化したり副作用が起こりやすくなったりするため、傷口には使用しないでください。

また、目や目の周囲、口内や唇などの粘膜には使用しないでください。

使用前に医師・薬剤師・登録販売者に相談する人

医師の治療を受けている人、薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人、そして患部がジュクジュクしていたりただれがひどかったりする人は、使用前に医師・薬剤師・登録販売者に相談してください。

使用後の様子を観察すること

ウナコーワクールパンチの使用後に、発疹・皮膚の赤み・腫れ・かゆみ・痛みなどの症状が現れた場合は、副作用の疑いがあるので、薬の使用を中止し、添付文書を持って医師・薬剤師・登録販売者に相談してください。

また、薬を5〜6日間使用しても症状が改善しない場合も同様に、薬の使用を中止し、医師・薬剤師・登録販売者に相談してください。

子供に使う場合は?

子供に使用する場合は、保護者の指導監督のもとで使用してください。

なお、子供は強い冷感刺激が苦手な場合があるため、はじめは少し塗ってから嫌がらないか様子を観察した後に使用することをおすすめします。

また、子供自身が使い心地や自分の症状をうまく伝えられる年齢になってからの使用が望ましいでしょう。

虫刺されは掻かないですぐに薬を塗ること

虫に刺された場合は、患部をかいてしまうと皮膚が傷つき炎症を起こしやすくなります。

また、虫刺されの患部をかくと炎症を起こして痕(あと)が残りやすくなります。

虫刺されを発見したら極力掻かないようにし、発見した時点ですぐにかゆみ止めを塗りましょう。

よく爪で十字を作る人がいますが、爪の間の雑菌が入るおそれがあるのでやめましょう。

おわりに

蚊などによる虫刺されやかゆみの症状には、ウナコーワクールパンチを使用することで症状を鎮めることができます。

しかし、ウナコーワクールパンチを使用しても症状が改善しない場合は、一度病院を受診することをおすすめします。

編集者

株式会社ミナカラ

登録販売者

島村 洋和

株式会社ミナカラでライターとして執筆している中で、 お客様にもっと正確でわかりやすい薬の情報を届けたいという思いから、 一般用医薬品の販売を行うための専門資格である登録販売者の資格を取得。 現在は市販薬のスペシャリストとして正確な医療情報をお届けすることを心がけています。

島村 洋和_プロフィール画像
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。