止血剤アドナの効果と副作用:トランサミンとの違いは?

Date:

この記事は1年以上前に書かれたものです。情報が古い可能性があります。

アドナの効果や副作用を解説。同じ止血剤であるトランサミンとの違いや併用、ジェネリック医薬品についても紹介します。

アドナとは?

アドナとは毛細血管が弱くなって生じる出血の際に使用される処方薬です。アドナ錠(10mg/30mg)、アドナ散10%(粉薬)、アドナ注10mg、アドナ注静脈用(25mg/50mg/100mg)の4つの剤形があります。

アドナの効果は?

アドナは毛細血管に作用する薬です。毛細血管を強くして、血液を固めたり溶かしたりする作用に影響を与えることなく出血時間を短縮して止血作用を示します。

毛細血管で出血が起きているときに使用され、比較的緩やかな効果の止血剤であるといえます。

アドナとトランサミンの違いと併用

アドナとトランサミンの違いは?

アドナとトランサミンはどちらも止血目的で使用されますが、アドナは「対血管薬剤」であり、トランサミンは「抗プラスミン剤」です。

プラスミンとは血液中で血液の固まりや血栓を溶かす働きのある酵素のことで、トランサミンはこのプラスミンの働きを阻止する働きがあります。つまり、「抗プラスミン剤」のトランサミンは血の固まりを溶かさないようにする薬です。

アドナとトランサミンの併用

アドナとトランサミンは医師の判断により、併用されるケースが多くあります。これは、アドナとトランサミンが別のタイプの止血剤であるためです。使用の際は、医師の指示にしたがってください。

アドナの副作用

アドナの主な副作用には、食欲不振・胃の不快感・吐き気・嘔吐・発疹・かゆみなどがあります。このような症状があらわれた場合は薬の使用を中止し、担当の医師や薬剤師などに相談してください。

尿の色が変わるのは副作用?

アドナを使用後に橙黄色がかった尿が出ることがあります。これは薬の成分の色であるため心配はありません。

アドナのジェネリック医薬品

アドナには、カルバゾクロムスルホン酸ナトリウム、タジン、ラノビ、オダノンなど、たくさんのジェネリック医薬品があります。

後発品であるジェネリックはアドナと成分の量が同じであり、効果は同じです。ただし添加物は異なるため、ジェネリックに変更して違和感を感じる場合は医師に申し出てください。

アドナとジェネリックの飲み薬の薬価

先発品であるアドナには開発費用がかかっているため、後発品であるジェネリックの方が安価になります。処方薬には、薬価の他にも薬学管理料や調剤料が加算され、保険適用の場合は自己負担額は合計の3割になります。

アドナ ジェネリック
錠10mg/1錠 5.8円 5.0円
錠30mg/1錠 10.8円 5.6〜9.7円
散10%/1g 42.8円 9.6円

※2017年9月現在の薬価

おわりに

アドナは安全性の高い止血剤ですが、用法・用量など医師の指示にしっかり従い使用するようにしてください。

  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。