ロルカムとロキソニンはどちらが効く?効果や効き目の違いについて解説

更新日:

薬剤師監修日:

消炎鎮痛剤のロルカムについて、効果・効き目の強さ・副作用などをわかりやすく解説します。同じ痛み止めのロキソニンとの違いについても解説します。

Edit
小寺 瑶 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 小寺 瑶
Share

ロルカムとは?

ロルカム(成分:ロルノキシカム)は、非ステロイドの消炎・鎮痛剤です。

炎症や痛みを抑える作用があります。

ロルカムの効果

ロルカムは、関節リウマチや関節の痛み、腰痛など筋肉の痛みや炎症を抑える効果があります。

○下記疾患並びに症状の消炎・鎮痛
関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎

○手術後、外傷後及び抜歯後の消炎・鎮痛

ロルカム錠2mg/ロルカム錠4mg 添付文書

ロルカムの効き目の強さは?

ロルカムは消炎鎮痛剤の中では比較的強めの鎮痛作用があります。

また、効き目が現れる時間も比較的早く、飲んでからおよそ30分後に血中濃度が最高値に達します。

頭痛・生理痛には効く?

ロルカムは、痛みの原因となるプロスタグランジンの生成を抑制することで痛みをおさえる作用があります。

プロスタグランジンが頭痛や生理痛の原因となっている場合もありますが、ロルカムの添付文書では頭痛や生理痛への効果に対する記載はありません。

副作用のリスクなどが高まる可能性もあるため、効能効果に記載のない症状には使用せず、医師の指示を守って使用してください。

 

頭痛や生理痛に対して薬を使用したい場合は、市販薬として販売している鎮痛薬を使用しましょう。

頭痛や生理痛に効く市販薬についてはこちらの記事をご覧ください。

 

ロルカムとロキソニンの違い

ロキソニンは有効成分としてロキソプロフェンナトリウムを含んだ処方薬です。

ロルカムとロキソニンの大きな違いは、薬の効果・効能の違いです。

どちらも、痛みを鎮める目的で使用されることが多い薬ですが、使用される症状が異なります。

  使用される主な症状
ロルカム 関節リウマチ、腰痛症、抜歯後の歯痛 など
ロキソニン 頭痛、月経痛などの痛み、悪寒・発熱時の解熱 など

お薬を使いたい症状が、頭痛や生理痛、発熱であれば処方薬のロキソニンと同じ成分の市販薬を使用できます。

 

ロキソニンS 12錠【第一類医薬品】

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

有効成分・ロキソプロフェンナトリウム水和物が、痛みや熱の元を抑え、解熱・鎮痛効果を発揮します。

胃への負担が少ないプロドラッグ製剤※です。

眠くなる成分を含みません。比較的飲みやすい小粒錠です。

処方薬のロキソニンと成分、成分量、添加物、錠剤の大きさ、剤形が同じものです。

※成分が体内で吸収されてから活性型に変化し、効果を発揮する仕組みの製剤。

ロルカムとロキソニンはどちらが効く?

ロルカムの薬効を調べた試験では、ロキソニンの成分であるロキソプロフェンナトリウムより強い抗炎症作用や鎮痛作用を示したという報告があります。

ただし、効きめのあらわれ方は個人差があります。

ロルカムを使用して、効果をあまり感じられないようであれば処方医にご相談ください。

ロキソニンと併用できる?

ロルカムとロキソニンは痛みを抑えるという効果が似ている薬です。

また、副作用に胃腸症状があらわれる可能性があることも似ています。

副作用のリスクを高めないためにも、併用は避けることが望ましいです。

ただし、医師が処方された場合は医師の指示に従いましょう。

ロルカムの用法用量

ロルカムは用途によって用法用量が異なります。

医師の指示を正しく守って使用しましょう。

関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎の消炎・鎮痛として

通常、15歳以上の大人は1回4mgを1日3回食後に使用します。

年齢や症状によっても調整されますが、1日の摂取上限は18mgが限度です。

手術後、外傷後及び抜歯後の消炎・鎮痛として

通常、15歳以上の大人は1回8mgを使用します。

1回の量は8mgを上限とし、1日最高24mgまで使用できます。

また、連続使用期間は3日以内です。

ロルカムの副作用

ロルカムの主な副作用は、腹痛・腹部不快感・吐き気などの消化器系の症状、肝機能異常や肝機能検査異常の肝臓系の症状が報告されています。

重大な副作用

重大な副作用として以下の症状が報告されています。

まれなことではありますが、ロルカムを使用していて体調に異常を感じた場合は服用を中止して早めに医師に相談しましょう。

 

・消化性潰瘍 、小腸・大腸潰瘍
・ショック、アナフィラキシー
・血小板減少
・皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)
・急性腎不全
・劇症肝炎、肝機能障害、黄疸

 

また、ロルカムと同じオキシカム系の消炎鎮痛剤で以下のような副作用も報告されています。

 

・再生不良性貧血、無顆粒球症、骨髄機能抑制
・ネフローゼ症候群
・中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)

副作用の眠気はある?

ロルカムの添付文書では、副作用として眠気の発生率は0.1%未満としています。

眠気は、ロルカムではほとんど起こらないといえるでしょう。

ただし、ロルカム服用後に眠気を感じた場合は車の運転や危険な作業は中止しましょう。

ロルカムの使用に注意が必要な方

ロルカムは以下に該当する方は使用できません。

 

・消化性潰瘍のある方
・重大な血液異常のある方
・重大な肝障害のある方
・重大な腎障害のある方
・重大な心機能不全のある方
・重大な高血圧症のある方
・ロルノキシカムに対して過敏症のある方
・アスピリン喘息になったことのある方
・妊娠末期の女性

高齢者

ロルカムは肝臓で代謝される薬です。

高齢者は一般的に肝機能などの生理機能が低下していることが多いため、ロルカムを使用中は消化性潰瘍などに十分注意が必要です。

腹痛、嘔吐、吐血、下血などの異常がみられた場合は服用を中止して、すぐに医師の診察を受けましょう。

妊娠中・授乳中の方

妊娠中や妊娠の可能性がある女性は必ず医師に伝えましょう。

治療上の有益性が危険性を上回ると医師が判断した場合のみ使用することができます。

特に、妊娠末期の方はロルカムを使用できないため注意しましょう。

 

授乳中の方はロルカム服用中は授乳を中止する必要があります。

必ず医師に授乳中であることを伝えて、医師の指示に従いましょう。

子ども

15歳未満の子どもへの安全性は確立されていません。

医師に相談しましょう

ロルカムを処方された場合に、薬に関して不明な点があれば自己判断せずに医師や薬剤師に相談してください。

薬は用法・用量を守って使用することで最大の効果が発揮できます。

また、誤った使用方法は副作用のリスクを高めてしまいます。

使用の際は、用法用量をただしく守りましょう。

記事で紹介されている商品一覧

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師小寺 瑶

(経歴)
  • 福岡大学薬学部薬学科卒業
  • 福岡大学大学院薬学研究科薬学専攻修士課程修了
  • 株式会社大賀薬局
  • 株式会社ミナカラ / ミナカラ薬局
編集者ページへ
小寺 瑶 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク

関連記事

アセトアミノフェン配合の市販薬|カロナールとの違いなど

アセトアミノフェンには、頭痛や生理痛、腰痛、筋肉痛、歯痛などのさまざまな痛みを鎮める鎮痛作用や、発熱時の解熱作用があります。アセトアミノフェンが配合された市販薬には、アセトアミノフェンのみが配合されたものと、アセトアミノフェン+NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)など他の成分も配合されている配合剤があります。この記事では、アセトアミノフェン配合の市販薬やアセトアミノフェンなど解熱鎮痛剤に関するQ&Aなどについてをご紹介ています。

アセトアミノフェン配合の市販薬|カロナールとの違いなど

コロナワクチン接種後の副反応に使える市販薬【3回目・4回目接種の備えに】

コロナワクチン接種後の痛みや発熱などの副反応に対して、厚生労働省では市販薬で対処できると公表しています。3回目の追加接種時にも副反応対策として市販薬を準備しておくと安心です。ファイザー・モデルナ・アストラゼネカ、どの製薬会社のワクチンでも市販薬の選び方に違いはありません。この記事では、痛みや発熱に使用できる解熱鎮痛薬(解熱剤)と、モデルナアームに使える塗り薬について解説しています。

コロナワクチン接種後の副反応に使える市販薬【3回目・4回目接種の備えに】
ご利用に当たっての注意事項
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。
掲載情報について

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。

使用されている写真はイメージです。実際の内容と異なる場合があります。