アスタット(ラノコナゾール)の市販薬はある?同成分の薬を紹介

更新日:

薬剤師監修日:

アスタットはラノコナゾールを有効成分としたイミダゾール系抗真菌薬のひとつです。この記事では、アスタット軟膏・アスタットクリーム・アスタット外用液と同じ成分の市販薬およびジェネリック医薬品の有無について解説します。また、水虫の市販薬を使用する際の注意点についても説明します。

Edit
高橋 伊津美 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 高橋 伊津美
島村 洋和 プロフィール画像
編集者 :株式会社ミナカラ 登録販売者 島村 洋和
Share

アスタット(ラノコナゾール)と同成分の市販薬はある?

現在、アスタット軟膏・アスタットクリームと同じ有効成分であるラノコナゾールを配合した市販薬は販売されています。

ただし、同じラノコナゾールを配合した市販薬であっても、処方薬であるアスタット軟膏・アスタットクリーム・アスタット外用液と同じ効能効果があるとは限らない、つまり症状によっては使用できないため注意が必要です。

※2021年7月の情報

アスタットにジェネリック(後発品)はある?

現在、アスタット軟膏・アスタットクリーム・アスタット外用液のジェネリック医薬品としては以下のようなものがあります。

  • ラノコナゾール軟膏1%「イワキ」
  • ラノコナゾールクリーム1%「イワキ」
  • ラノコナゾール外用液1%「イワキ」

いずれも医療用医薬品のため市販で購入することができないので、ジェネリック医薬品をお求めの場合は病院を病院を受診してください。

なお、水虫やいんきんたむしなどの治療をしたい場合には、代わりの市販薬を使用するのも選択肢のひとつです。

市販薬が使用できる症状とできない症状

アスタットは有効成分としてラノコナゾールを配合したイミダゾール系抗真菌薬のひとつです。

足白癬・体部白癬・股部白癬、つまり水虫やいんきんたむしなどに使用できる医療用医薬品です。その他、指間びらん症・間擦疹(かんさつしん)・爪囲炎(そういえん)といったカンジダ症や癜風(でんぷう)といった症状にも用いられます。

アスタットと同じ有効成分のラノコナゾールを配合した市販薬は販売されておりますが、症状によっては代わりに使用ができない場合があります。

症状に対して市販薬が対応可能かどうかについては以下の通りです。

症状 市販薬の対応可否
白癬(水虫・いんきんたむし・ぜにたむし)
カンジダ症(指間びらん症・間擦疹・爪囲炎) ×

癜風

×

アスタットと同じラノコナゾール配合の市販薬

アスタットと同じラノコナゾールを配合した市販の水虫薬を、軟膏・クリーム・液といった剤形別に紹介します。

ピロエースZ軟膏

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

アスタットと同じイミダゾール系の抗真菌成分(ラノコナゾール)配合。

さらに、イソプロピルメチルフェノールが殺菌の繁殖をおさえ、グリチルレチン酸が炎症をおさえます。

軟膏タイプなので、患部がジュクジュクしていたり傷があってしみるような場合も使用できます。

ピロエースZクリーム

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

アスタットと同じイミダゾール系の抗真菌成分(ラノコナゾール)配合。

さらに、クロタミトンがかゆみを鎮め、グリチルレチン酸が炎症をおさえます。かゆみと赤みの両方が気になる方におすすめです。

ジュクジュク水虫とカサカサ水虫の両方のタイプに使用可能なクリームタイプの薬です。

ピロエースZ液

送料無料 / 14時までの注文で本日出荷
詳しく見る
amazon pay
Amazonアカウントでもお支払いできます

アスタットと同じイミダゾール系の抗真菌成分(ラノコナゾール)配合。

クロルフェニラミンマレイン酸塩とクロタミトンの2種類のかゆみ止めが配合されているため、かゆみが強い方におすすめです。カサカサした患部に浸透しやすい液体タイプの薬です。

l-メントールが含まれるため、スーッとした清涼感のある使い心地です。

※液体タイプの医薬品は下記の部位には使用しないでください。(患部を刺激し症状を悪化させるおそれがあります)

【ジュクジュクしている・ただれている・傷ができている】

その他、水虫薬の選び方について詳しくはこちらの記事をごらんください。

水虫の市販薬を使用する上での注意

薬は添付文書に記載された用法・用量を守ってお使いください。症状がおさまらないからといって、用量を超えて使用しても症状は良くならず、副作用が出る可能性も高くなってしまいます。

薬を最低でも1ヶ月は塗り続ける

薬を使用して症状が良くなっても、最低でも1ヶ月は使用を続けるようにしましょう。

水虫の原因である白癬菌は自覚症状がなくても患部に残っている危険性があるため、症状がなくなってからも最低1ヶ月は続けて使用してください。

薬を塗るときはなるべく広範囲に

水虫の原因である白癬菌は症状の出ていない部位にも潜んでいることがあるため、薬は広範囲に塗るようにしましょう。

症状が出ている部位が足の指の間のみだったとしても、足全体(足裏、足の側面、指の背面、足底)に薬を塗るようにしてください。

アスタットは通販や個人輸入で購入しないこと

アスタットが通販サイトや個人輸入サイトなどで売られていることがありますが、購入することは避けてください。

個人輸入代行業者によって売られる薬は、医薬品としての安全性が保障されていないため、思わぬ健康トラブルが起こるおそれがあります。

また、厚生労働省は個人輸入の薬によって起こった健康被害については救済対象にならないと明記しています。

正しい治療を行うためにも、個人輸入・通販によるアスタットの購入は避けましょう。

もしアスタットを購入したい場合は、代替の市販薬を購入するか、病院を受診することをおすすめします。

ミナカラ薬局に相談する

薬や症状について心配や不安がある方は、ミナカラ薬局の薬剤師相談をご利用ください。ミナカラ薬局では薬剤師にLINEで相談することができ、それぞれのお悩みにお応えします。

▼LINEで薬剤師に相談する▼

記事で紹介されている商品一覧

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師高橋 伊津美

(経歴)
  • 昭和大学大学院薬学研究科修了
  • 昭和大学薬学部客員講師
  • 株式会社ミナカラ/ ミナカラ薬局
  • 薬局、ドラッグストアで臨床経験を積み、その後昭和大学薬学部の教員、チェーンドラッグストア協会の教育機関でOTCの研修講師を務める。
  • 【著書】
  • •現場で差がつく! もう迷わない! ユーキャンの登録販売者お仕事マニュアル 症状と成分でわかるOTC薬
  • •現場で差がつく! ユーキャンの新人登録販売者お仕事マニュアル
高橋 伊津美 プロフィール画像
編集者

株式会社ミナカラ登録販売者島村 洋和

株式会社ミナカラでライターとして執筆している中で、 お客様にもっと正確でわかりやすい薬の情報を届けたいという思いから、 一般用医薬品の販売を行うための専門資格である登録販売者の資格を取得。 現在は市販薬のスペシャリストとして正確な医療情報をお届けすることを心がけています。

島村 洋和 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。