パスタロンクリームと同じ成分の市販薬はある?|尿素クリームの違いを解説

更新日:

薬剤師監修日:

パスタロンクリームは病院で処方される尿素を配合した医療用医薬品です。この記事では、パスタロンクリームの代わりに使える市販薬と尿素クリームの違いについて解説しています。

Edit
高橋 伊津美 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 高橋 伊津美
都筑 亜希 プロフィール画像
編集者 :株式会社ミナカラ ライター 都筑 亜希
Share

パスタロンクリームと同じ成分の市販薬はある?

パスタロンクリームは病院で処方される尿素を配合した医療用医薬品です。成分量や添加物などは異なりますが、パスタロンクリームと同じく尿素を配合した市販薬は販売されています

パスタロンクリームの尿素含有量は10%と20%の2種類があり、剤形はパスタロンソフト軟膏、パスタロンローションとあわせて3種類があります。

処方薬と市販薬の違い

処方薬のパスタロンクリームと市販の尿素クリームには、尿素の含有量と、尿素以外に含まれる有効成分に違いがあります。

処方薬のパスタロンクリームは有効成分が尿素のみですが、市販薬では尿素以外の有効成分が配合された薬もあります。

有効成分
パスタロンクリーム10%
(処方薬)
・尿素(10%)
パスタロンクリーム20%
(処方薬)
・尿素(20%)
ウレパールプラスクリーム ・尿素(10%)
・ジフェンヒドラミン塩酸塩
・d-カンフル
・リドカイン
・トコフェロール酢酸エステル
ウレパールプラスローション ・尿素(10%)
・リドカイン
・ジフェンヒドラミン塩酸塩
ケラチナミンコーワ
尿素20%配合クリーム
・尿素(20%)
ユーリラックスUb ・尿素(20%)
・トコフェロール酢酸エスエル
・グリチルリチン酸二カリウム
パスタロンM20% ・尿素(20%)
・トコフェロール酢酸エステル
・グリチルリチン酸二カリウム

パスタロンクリームの代替薬を使用する際の注意点

市販薬は商品によって、効能・効果が異なります。処方薬のパスタロンクリームと成分が似ているからといって、同じ症状に使用できるとは限らないため、処方薬の代わりに市販薬を使用する場合は、使用前に医師に相談してください。

パスタロンクリームの代わりに使える市販薬

ウレパールプラスクリーム

ウレパールプラス クリーム 80g(第2類医薬品)【第二類医薬品】

・尿素10%配合

・かゆみ止め成分などの有効成分を配合

効能・効果

かゆみを伴う乾燥性皮膚(老人・成人の乾皮症、小児の乾燥性皮膚)

処方薬のパスタロンクリーム10%と同じく、尿素の配合量が10%の市販薬です。3種類のかゆみ止め成分が配合されていることが特徴で、かゆみをともなう老人性の乾皮症や、子どもの乾燥肌に使用できます。

ウレパールプラスローション

ウレパールプラスローション10 100ml【第二類医薬品】

・尿素10%配合

・かゆみ止め成分を配合したローションタイプ

効能・効果

かゆみを伴う乾燥性皮膚(老人・成人の乾皮症、小児の乾燥性皮膚)

尿素10%配合でローションタイプの尿素配合薬です。2種類のかゆみ止め成分が配合されており、かゆみをともなう老人性の乾皮症や、子どもの乾燥肌に使用できます。

ローションタイプのため、クリームよりもさらっとした使い心地が特徴です。

ケラチナミンコーワ尿素20%配合クリーム

M.ケラチナミン・コーワ20%【第三類医薬品】

・尿素20%配合

・有効成分が尿素のみ

効能・効果

手指のあれ、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、老人の乾皮症、さめ肌

パスタロンクリーム20%と同じく、有効成分が尿素20%のみの市販薬です。尿素以外の有効成分が含まれていないため、まずは硬くなった皮膚をやわらかくしたいという方におすすめです。

ユーリラックスUb

ユーリラックスUb 45g【第三類医薬品】

・尿素20%配合

・新陳代謝を高めるビタミンE、赤みをおさえる成分を配合

効能・効果

ひざ・くるぶし・かかと・ひじの角化症、さめ肌、手指のあれ、老人の乾皮症

硬くなった皮膚をやわらかくする尿素20%にくわえ、ビタミンE(トコフェロール酢酸エステル)が血行を促進、皮膚のターンオーバーをサポートします。さらに、抗炎症成分(グリチルリチン酸二カリウム)が皮膚の炎症による赤みをおさえます。

チューブタイプのため、外出時にも携帯しやすいです。

パスタロンM20%

パスタロンM20% 100g【第三類医薬品】

・尿素20%配合

・炎症をおさえる成分と血行促進成分も配合

効能・効果
◦手足のあれ
◦かかと・くるぶし・ひざ・ひじの角化症
◦老人の乾皮症
◦さめ肌

処方薬のパスタロンクリーム20%と同じ尿素配合量が20%の市販薬です。

尿素の角質における水分保持作用により、肌にうるおいを与えます。尿素のほかにも、荒れた肌の炎症を鎮める成分や、血流を促進し、皮膚の新陳代謝を高めることにより、手足の荒れを改善する成分が含まれています。

ミナカラ薬局の薬剤師に相談する

薬について相談したいことがあったり、心配や不安がある方は、ミナカラ薬局の薬剤師相談をご利用ください。

ミナカラ薬局では薬剤師にLINEで相談をすることができ、それぞれのお悩みに対応します。

▼LINEで薬剤師に相談する▼

記事で紹介されている商品一覧

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師高橋 伊津美

(経歴)
  • 昭和大学大学院薬学研究科修了
  • 昭和大学薬学部客員講師
  • 株式会社ミナカラ/ ミナカラ薬局
  • 薬局、ドラッグストアで臨床経験を積み、その後昭和大学薬学部の教員、チェーンドラッグストア協会の教育機関でOTCの研修講師を務める。
  • 【著書】
  • •現場で差がつく! もう迷わない! ユーキャンの登録販売者お仕事マニュアル 症状と成分でわかるOTC薬
  • •現場で差がつく! ユーキャンの新人登録販売者お仕事マニュアル
編集者ページへ
高橋 伊津美 プロフィール画像
編集者

株式会社ミナカラライター都筑 亜希

2016年より2年間タイを中心に約50の病院を擁する東南アジアの病院グループにて医療通訳他事業企画等の実務に従事。皆さまの暮らしに寄り添った健康づくりを応援していきます。

編集者ページへ
都筑 亜希 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク

関連記事

毛孔性苔癬に市販薬は使える?|鮫肌・二の腕のブツブツの治し方

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)とは、二の腕などの皮膚の毛穴にブツブツした発疹ができる病気です。一般的に”鮫肌”と呼ばれる症状に近く、触るとザラザラした感触になることが特徴です。この記事では鮫肌・二の腕のブツブツなどに使える市販薬と自宅でのケア方法について解説しています。

毛孔性苔癬に市販薬は使える?|鮫肌・二の腕のブツブツの治し方
ご利用に当たっての注意事項
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。
掲載情報について

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。

使用されている写真はイメージです。実際の内容と異なる場合があります。