ロコイド軟膏と同じ成分の市販薬はある?|ステロイドの代用薬について解説

更新日:

薬剤師監修日:

ロコイド®はステロイド成分『ヒドロコルチゾン酪酸エステル』が配合された塗り薬です。軟膏・クリームの剤形があり、皮膚の炎症などに対して病院で処方されます。この記事ではロコイド®を使う症状に、代用として使える市販薬を紹介します。

Edit
小寺 瑶 プロフィール画像
監修薬剤師 :ミナカラ薬局 薬剤師 小寺 瑶
押切 隼 プロフィール画像
編集者 :株式会社ミナカラ ライター 押切 隼
Share

ロコイド軟膏と同じ成分の市販薬はある?

ロコイド®軟膏の主成分は、『ヒドロコルチゾン酪酸エステル』というステロイド成分です。濃度は異なりますが、市販薬でも同じ成分の塗り薬が販売されています。

処方薬であるロコイドは、『ヒドロコルチゾン酪酸エステル』の濃度が0.1%です。市販薬では濃度が最大で0.05%の薬が販売されています。※

ロコイドには、軟膏に加えてクリームの剤形もあり、皮膚の炎症に対して使用されます。

※2022年10月の情報

ロコイドの成分|ヒドロコルチゾン酪酸エステル

ロコイドは、皮膚の炎症などに処方されるステロイド配合外用薬です。

ロコイドの主成分『ヒドロコルチゾン酪酸エステル』は、血管収縮作用があり、湿疹・皮膚炎・痒疹・乾癬(かんせん)・掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)といった皮膚疾患の赤み・腫れ・かゆみなどの症状をおさえる目的で使用されます。

ステロイドは効果の強さで分けられる

ステロイドは、強さに応じて5つのランクに分けられています。効き目が強い上から2つのランクは入手するために医師の処方箋が必要です。下から3つのランクは薬局などでも購入できます。

ステロイドの強さ/ステロイドランク

ロコイドの強さはミディアム

ロコイドの主成分『ヒドロコルチゾン酪酸エステル』はミディアム(普通)に分類されるステロイド成分です。

ミディアムランクのステロイドは市販薬としても販売されており、薬局などでも購入することができます。

セロナ軟膏

セロナ軟膏 14g【指定第二類医薬品】

有効成分 剤形

ヒドロコルチゾン酪酸エステル

軟膏

ロコイド軟膏と同じ有効成分『ヒドロコルチゾン酪酸エステル』のみを配合した薬です。湿疹、皮膚炎に効果を発揮します。
のびのよい軟膏で、カサカサした患部にも,ジュクジュクした患部にも使えます。

処方薬の代用として使用する場合は、使用前に医師に確認してください。

セロナクリーム

セロナクリーム 14g【指定第二類医薬品】

有効成分 剤形

ヒドロコルチゾン酪酸エステル

クリーム

ロコイドクリームと同じ有効成分『ヒドロコルチゾン酪酸エステル』のみを配合した薬です。湿疹、皮膚炎に効果を発揮します。のびがよく,ベタつかないクリームです。顔,腕などに塗っても目立ちません。処方薬の代用として使用する場合は、使用前に医師に確認してください。

セロナQTローション

【廃盤】セロナQTローション 14ml【指定第二類医薬品】

有効成分 剤形

ヒドロコルチゾン酪酸エステル
クロルフェニラミンマレイン酸塩

ローション

ロコイドと同じ『ヒドロコルチゾン酪酸エステル』に加え、抗ヒスタミン成分の『クロルフェニラミンマレイン酸塩』が配合されています。抗ヒスタミン成分がかゆみを抑えるため、かゆみが強い症状にはこちらがおすすめです。ローションタイプなので頭部など毛が生えている部位に塗りやすいお薬です。

副作用が出にくいステロイド

ロコイドと同じミディアムランクの強さのステロイド成分に、『プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)』という成分があります。この成分は、アンテドラッグという種類のステロイドでステロイド特有の副作用が比較的出にくいという特徴があります。

ラシュリアPEクリーム

ラシュリアPEクリーム【指定第二類医薬品】

有効成分 剤形

プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル
リドカイン
イソプロピルメチルフェノール
トコフェロール酢酸エステル

クリーム

ラシュリアPEクリームは、ステロイド特有の副作用が比較的出にくいアンテドラッグのステロイド成分『プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)』と、かゆみを鎮める局所麻酔成分『リドカイン』を配合しています。

そのほか、患部を清潔に保つことで化膿を防ぐ殺菌成分『イソプロピルメチルフェノール』や、荒れた皮膚の回復を助ける『トコフェロール酢酸エステル』も配合されています。
のびがよく,ベタつかないクリームタイプで、塗り広げやすいのが特徴です。

ロコイドはあせもに使える?

ロコイドや、この記事で紹介している市販薬には皮膚の炎症をおさえる作用があるため、あせもやなどの身近な皮膚トラブルにも使用できます。軽度のあせもはステロイド成分を含まない薬でも対応できますが、炎症の強いあせもにはステロイド成分を含む塗り薬がおすすめです。

あせもに効く市販薬については、こちらの関連記事をご覧ください。

ロコイド類似薬の使用上の注意

ロコイドの主成分『ヒドロコルチゾン酪酸エステル』を含む市販薬を使用するときは、以下の点に注意してください。

また、市販薬を5〜6日使用しても効果があらわれない場合は使用を中止して皮膚科を受診してください。

ロコイド類似薬の使用上の注意

・顔には広範囲で使用しない。

・水ぼうそう・水虫・たむし・化膿している部位には使用しない。

・ジュクジュクやただれのひどい人は、使用前に医師または薬剤師に相談する。

・湿疹が広範囲の場合は、使用前に医師または薬剤師に相談する。

・発熱・倦怠感・痛み・しびれなどの症状をともなう場合は皮膚科を受診する。

ミナカラ薬局の薬剤師に相談する

薬について心配や不安がある方は、ミナカラ薬局の薬剤師相談をご利用ください。ミナカラ薬局では薬剤師にLINEで相談することができ、それぞれのお悩みに対応します。

▼LINEで薬剤師に相談する▼

記事で紹介されている商品一覧

監修薬剤師

ミナカラ薬局薬剤師小寺 瑶

(経歴)
  • 福岡大学薬学部薬学科卒業
  • 福岡大学大学院薬学研究科薬学専攻修士課程修了
  • 株式会社大賀薬局
  • 株式会社ミナカラ / ミナカラ薬局
編集者ページへ
小寺 瑶 プロフィール画像
編集者

株式会社ミナカラライター押切 隼

食や健康への興味から、フードマネジメント協会が認定するヘルシー&ビューティー フードアドバイザー3級 を取得しています。薬剤師と二人三脚で、医療と健康に関する情報を正しくお届けします。

編集者ページへ
押切 隼 プロフィール画像

この記事は参考になりましたか?

  • リンクをコピー
  • Twitterでシェアする Twitter
  • Facebookでシェアする Facebook
  • LINEでシェアする LINE
  • はてなブックマークでブックマークする はてなブックマーク

関連記事

虫刺されのかゆみに効く市販薬|かゆみ止め成分・ステロイド配合の塗り薬

虫刺されによるかゆみには、かゆみ止め成分が配合された市販の塗り薬を選びましょう。 虫刺されによる赤み、腫れには、ステロイドまたはステロイド以外の抗炎症成分が配合された市販の塗り薬を選びましょう。 虫刺されに効く市販薬は、症状によって適した成分や剤形が異なるため、ご自身の症状にあった薬を選ぶとよいでしょう。 この記事では、虫刺されに効く市販薬の選び方や虫刺されの対処法などについて解説しています。

虫刺されのかゆみに効く市販薬|かゆみ止め成分・ステロイド配合の塗り薬

ブヨ(ブユ)・アブの虫刺されに効く市販の塗り薬を紹介|ステロイド・かゆみ止め成分配合

ブヨ(ブユ)・アブに刺されると赤みや腫れ、かゆみの症状が強くでる場合があります。 赤み、腫れの症状が強く出た方は、ステロイド配合の塗り薬がおすすめです。 また、かゆみが気になる場合は、ステロイドにくわえてかゆみ止め成分が配合された塗り薬を選びましょう。 ブヨ・アブの虫刺されに効く市販薬は、症状によって適した成分や剤形が異なるため、ご自身の症状にあった薬を選びましょう。 この記事では、ブヨ・アブの虫刺されに効く市販薬の選び方やブヨ・アブに刺されないための予防法などについて解説しています。

ブヨ(ブユ)・アブの虫刺されに効く市販の塗り薬を紹介|ステロイド・かゆみ止め成分配合

肌の日焼け・かぶれによる色素沈着を治す市販薬|薬の選び方も解説

肌に現れる黒ずみは、外的な刺激によって生成されたメラニン色素が肌に沈着してしまうことが原因です。この記事では、日焼け・かぶれによる色素沈着に使える市販薬と、普段の生活の中でできるセルフケアの方法について解説します。また、飲み薬と塗り薬のどちらが良いかについても解説します。

肌の日焼け・かぶれによる色素沈着を治す市販薬|薬の選び方も解説

虫刺されにリンデロンは使用できる?同じ成分の市販薬をピックアップ

ステロイドの処方薬の1つにリンデロンがありますが、リンデロンは虫刺されにも使用することが可能です。しかし、リンデロンシリーズのステロイド配合薬は複数存在し、強さのランクによって使用できる部位が異なります。この記事ではリンデロンの種類と強さのランクについてや、同じ成分が配合された虫刺されに効く市販薬を紹介します!また、リンデロンの代わりに使用できる市販薬を紹介します。

虫刺されにリンデロンは使用できる?同じ成分の市販薬をピックアップ
ご利用に当たっての注意事項
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。
掲載情報について

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。

使用されている写真はイメージです。実際の内容と異なる場合があります。