小児用セイヨン内服液

中外医薬生産

市販薬

基本情報

副作用

■以下のような症状が持続する場合や悪化が見られた場合は、使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。
・便秘
・口のかわき
・眠気

■以下のような症状が現れた場合は、直ちに使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、食欲不振
精神神経系:めまい
泌尿器:排尿困難
その他:過度の体温低下

■稀に以下のような重篤な症状が現れることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称:症状]
・ショック(アナフィラキシー):服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁などがあらわれる。
・皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群):高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤、赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る、全身がだるい、食欲がないなどが持続したり、急激に悪化する。
・中毒性表皮壊死融解症:高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤、赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る、全身がだるい、食欲がないなどが持続したり、急激に悪化する。
・急性汎発性発疹性膿疱症:高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲の発疹・発赤、赤くなった皮膚上に小さなブツブツ(小膿疱)が出る、全身がだるい、食欲がないなどが持続したり、急激に悪化する。
・肝機能障害:発熱、かゆみ、発疹、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、褐色尿、全身のだるさ、食欲不振などがあらわれる。
・腎障害:発熱、発疹、尿量の減少、全身のむくみ、全身のだるさ、関節痛(節々が痛む)、下痢等があらわれる。
・間質性肺炎:階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しくなる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続したりする。
・偽アルドステロン症:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
・ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
・ぜんそく:息をするときゼーゼー、ヒューヒューと鳴る、息苦しいなどがあらわれる。
・再生不良性貧血:青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿などがあらわれる。
・無顆粒球症:突然の高熱、さむけ、のどの痛みなどがあらわれる。

使用上の注意点

■以下のような方は使用しないでください。
・小児用セイヨン内服液、または小児用セイヨン内服液の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある方
・小児用セイヨン内服液、または他のかぜ薬、解熱鎮痛薬を服用してぜんそくを起こしたことがある方

■以下のようなことはしないでください。
・眠気などがあらわれる場合があるため、薬を使用後は乗物または機械類の運転操作をしないでください
・長期にわたって使用しないでください

■以下のような方は医師、薬剤師などに相談してください。
・医師または歯科医師の治療を受けている方
・薬などによりアレルギー症状を起こしたことのある方
・次の症状のある方:高熱、むくみ、排尿困難
・次の診断を受けた方:甲状腺機能障害、糖尿病、心臓病、高血圧、肝臓病、腎臓病、胃・十二指腸潰瘍、緑内障

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

小児の使用に関して以下のような注意喚起がされています。
・3か月未満の乳児は使用できません
・小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください
・2才未満の乳幼児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむをえない場合にのみ服用させてください

飲み合わせ・食べ合わせの注意

小児用セイヨン内服液を使用している間は、以下の薬は使用しないでください。
・他のかぜ薬
・解熱鎮痛薬
・鎮静薬
・鎮咳去痰薬抗
・抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬など)