#すべての記事

全833件

新着順

NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)が配合された市販薬を紹介|アセトアミノフェンとの違いなど

NSAIDsとは別名『非ステロイド性抗炎症薬』とも呼ばれ、頭痛などの痛みをとる、熱を下げるなど目的で使用されます。 NSAIDsの成分には、アスピリンやイブプロフェン、ロキソプロフェン、エテンザミドなどがあります。 この記事では、NSAIDsが配合された市販薬やNSAIDsに関するQ&Aなどについて紹介しています。

NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)が配合された市販薬を紹介|アセトアミノフェンとの違いなど

インフルエンザの症状に効く市販薬(解熱鎮痛剤)|熱・喉の痛み・頭痛

インフルエンザの際の解熱に市販薬(解熱鎮痛剤)を使用することはできます。しかし、市販薬のなかには、使用が禁止されている成分が含まれているものがあるため注意が必要です。 なお、高齢者やお子さん、妊娠中の方、持病のある方、重症化のサインがみられる方は、すぐに病院を受診してください。 この記事では、インフルエンザの症状に効く市販薬(解熱鎮痛剤)、インフルエンザの予防・対策法などについて紹介しています。

インフルエンザの症状に効く市販薬(解熱鎮痛剤)|熱・喉の痛み・頭痛

エテンザミドが配合された市販薬を紹介|アセトアミノフェンとの違いなど

エテンザミド「ヨシダ」は、医師から処方される医療用医薬品です。 エテンザミド「ヨシダ」の有効成分である、エテンザミドが含まれる市販薬はあります。 しかし、エテンザミド「ヨシダ」と同じ成分だけを同じ量だけ配合した、全く同じ市販薬は販売されていません。(2022年11月現在) この記事では、エテンザミドが配合された市販薬や、エテンザミドとアセトアミノフェンとの違いなどについて紹介しています。

エテンザミドが配合された市販薬を紹介|アセトアミノフェンとの違いなど

アリナミンはどれがいい?|違いや選び方などを解説(アリナミンAやアリナミンVなど)

アリナミンシリーズには、症状の緩和を目的とする医薬品と、元々は医薬品だったものが規制緩和で医薬部外品となった指定医薬部外品があります。 アリナミンシリーズを選ぶ時は、配合成分や効能効果、用法用量などを確認し、ご自身の症状や状況に合わせて適切なものを選びましょう。 この記事では、アリナミンシリーズの違いや選び方などについて解説しています。

アリナミンはどれがいい?|違いや選び方などを解説(アリナミンAやアリナミンVなど)

目の疲れ・眼精疲労に効く薬|目薬・飲み薬(ビタミン・頭痛薬)

目の疲れ・眼精疲労の原因が長時間のパソコン作業、スマホ操作によるものなど、何らかの病気が原因ではない場合は、市販薬で対処できます。 目の疲れ・眼精疲労に効く市販薬には、目薬や飲み薬(ビタミン剤)があります。 この記事では、目の疲れ・眼精疲労に効く市販薬(目薬・飲み薬)や、目の疲れ・眼精疲労の対策法・解消法などについて解説しています。

目の疲れ・眼精疲労に効く薬|目薬・飲み薬(ビタミン・頭痛薬)
ご利用に当たっての注意事項
  • 掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • 適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:0120-149-931)にご相談ください。
  • より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。
掲載情報について

掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。

使用されている写真はイメージです。実際の内容と異なる場合があります。