アセトアミノフェン坐剤小児用100mg「タナベ」

長生堂製薬

処方薬 先発 坐剤・膣錠・浣腸剤

概要

熱を下げたり痛みをやわらげるお薬です。

どんな症状に効くの?

使い方

通常、乳児、幼児および小児は1回体重1kgあたり主成分として10〜15mgを直腸内に挿入します。 使用間隔は4〜6時間以上とし、1日総量60mg/kgが限度とされています。

特徴

特に気をつけること

空腹時はなるべく避けて飲んでください。食事が取れず、空腹時に飲む時は多めの水で飲んでください。 服用間隔は4〜6時間以上あけましょう。 風邪の発熱に使う場合、一般的には38.5度を目安に使用します。 また、熱が上昇しているときより、上がりきってから使用するほうが効果的です。

どう効くのか

熱を下げる作用や、痛みをやわらげる作用があります。 ただし、熱や痛みを起こしている原因そのものを治すものではありません。

飲み合わせの注意

ワルファリン(ワーファリン)の作用を増強する恐れがありますので、ワルファリンを服用中の方は医師・薬剤師にご相談ください。

使用上の注意点

生活上の注意

飲酒の際に服用すると胃腸を荒らす副作用が出やすくなりますので、なるべく控えることをおすすめします。 ワルファリン(ワーファリン)の作用を増強する恐れがありますので、ワルファリンを服用中の方は医師・薬剤師にご相談ください。

主な副作用

効果はゆるやかですが、副作用が少なく長期の使用も比較的安全なお薬です。 ただし、飲みすぎると腹痛や下痢を起こすことがあります。

アセトアミノフェン坐剤小児用100mg「タナベ」と同一成分の薬について

アセトアミノフェンに関するQA一覧