トークール

杏林製薬

市販薬 塗り薬

基本情報

副作用

■以下のような症状が現れた場合は直ちに使用を中止し、医師、薬剤師などに相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、刺激感、疼痛、ただれ

使用上の注意点

■以下のような人は使用できないことになっています。
・本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人(アレルギー症状を起こした薬剤を避けて使用することが必要である)

また、次の部位には使用してはいけないこととされています。ご注意ください。
(1)目や目の周囲、粘膜(例えば、口腔、鼻腔、膣等)、陰のう、外陰部等(刺激が起きたり、有効成分の吸収が促進されることがある)
(2)湿疹(症状が悪化することがある)
(3)湿潤、ただれ、亀裂や外傷のひどい患部(症状が悪化することがある)


■以下のような人は使用前に医師、薬剤師などに相談してください。
(1)医師の治療を受けている人(医師から処方されている薬に影響したり、本剤と同じ薬を使用している可能性もある)
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人(薬の使用には慎重を期し、専門医に相談して指示を受ける必要がある)
(3)乳幼児(本剤の適切な使用ができない場合がある)
(4) 薬や化粧品等によるアレルギー症状を起こしたことがある人(何らかの薬や化粧品等でアレルギーを起こした人は、本剤でも起こる可能性がある)
(5)患部が顔面又は広範囲の人(本剤が目、口腔、鼻腔に誤って塗布される場合がある。又、広範囲の人は別な要因も考えられる)
(6)患部が化膿している人(症状が悪化することがある)
(7)「湿疹」か「水虫、いんきんたむし、ぜにたむし」かがはっきりしない人(陰のうにかゆみ・ただれ等の症状がある場合は、湿疹等他の原因による場合が多い)

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

妊婦又は妊娠していると思われる人、授乳中の人は使用前に医師、薬剤師などに相談してください。
薬の使用には慎重を期し、専門医に相談して指示を受ける必要があります。

また、乳幼児の使用に関して、以下のような注意喚起がされています。
・本剤の適切な使用ができない場合があるため、使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること。