【年末年始休業のお知らせ】
12月30日(月)~1月2日(木)はお休みとさせていただきます。

ピロット軟膏

全薬工業

処方薬 先発 塗り薬

基本情報

副作用

主な副作用として、皮膚の刺激管、発疹、真菌症、ウイルス感染症、ざ瘡様発疹、ステロイド皮膚(皮膚萎縮、毛細血管拡張、紫斑)、腎障害、難聴などがあります。

■重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、使用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。
・眼内亢進
・緑内障
・後嚢白内障

使用上の注意点

■下記に当てはまる方はピロット軟膏を使用できません。
・ゲンタマイシン耐性菌又は非感染菌による皮膚感染のある場合
・ピロット軟膏の成分に対してアレルギー症状を起こしたことのある方
・真菌・スピロヘータ・ウイルス感染症及び動物性皮膚疾患(疥癬、けじらみ等)のある方
・鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎
・潰瘍(ベーチェット病は除く)、第2深在性異常の熱傷・凍傷のある方
・ストレプトマイシン、カナマイシン、ゲンタマイシン、フラジオマイシン等のアミノグリコシド系抗生物質又はバシトラシンに対してアレルギー反応を起こしたことのある方

■高齢者は副作用があらわれやすいため慎重に使用してください。

■感作されるおそれがあるので、観察を十分に行い感作されたことを示す兆候(そう痒、発赤、腫脹、丘疹、小水疱等)があらわれた場合には使用を中止してください。

■眼科用、化粧下、ひげそり後等に使用しないでください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊娠中はできるだけ控えることとなっていますが、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

■授乳中の使用に関しては特別な注意は必要ないとされていますが、授乳中であることを医師に伝え確認をとってください。

■15歳未満の子供については長期・大量使用又は密封法(ODT)により発育障害を来すという報告があります。また、おむつは密封法(ODT)と同様の作用があるので注意してください。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

■ピロット軟膏との飲み合わせで注意が必要な薬は基本的にはありません。

薬効・薬理

抗炎症作用、殺菌作用を示します。