複合アレビアチン配合錠

大日本住友製薬

処方薬 先発 錠剤

基本情報

副作用

主な副作用は、発熱を伴う軽度な発疹、落屑性皮膚炎、血管炎などです。眠気、注意力・集中力・反射運動能力などの低下が起こることもあるため、自動車の運転など、危険を伴う機械の操作には注意をする必要があります。その他の副作用には次のようなものがあります。

猩紅熱様・麻疹様・中毒疹様発疹、血小板減少、巨赤芽球性貧血、AST(GOT)・ALT(GPT)・γ-GTPの上昇などの肝機能障害、黄疸、蛋白尿などの腎障害、不随意運動〔ジスキネジア、舞踏病アテトーゼ、アステリキシス(asterixis)など〕、ニューロパシー、眩暈、運動失調、頭痛、せん妄、昏迷、鈍重、構音障害、知覚異常、精神機能低下、神経過敏、けいれん・てんかん増悪、興奮、多動、複視、視覚障害、眼振、白内障、食欲不振、悪心・嘔吐、便秘、歯肉増殖、クル病、骨軟化症、歯牙の形成不全、低カルシウム血症、
甲状腺機能検査値(血清T3、T4値等)の異常、高血糖、発熱、多毛、血清葉酸値の低下、 ヘマトポルフィリン尿、CK(CPK)上昇、免疫グロブリン低下(IgA、IgGなど)

重篤な副作用はめったに起こりませんが、下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診してください。
・皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)
・過敏性症候群
・SLE様症状
・依存性
・再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、単球性白血病、血小板減少、溶血性貧血、赤芽球癆
・劇症肝炎、肝機能障害、黄疸
・間質性肺炎
・呼吸抑制
・悪性リンパ腫、リンパ節腫脹
・小脳萎縮
・横紋筋融解症
・急性腎不全、間質性腎炎
・悪性症候群

使用上の注意点

◼︎下記に当てはまる方はアレビアチンを使用できません。
・アレビアチンの成分またはヒダントイン系化合物に対しアレルギーを持っている方
・重篤な心障害のある方
・重篤な肝障害、腎障害のある方
・重篤な肺障害のある方
・急性間欠性ポルフィリン症の方

◼︎下記に当てはまる方はアレビアチン使用後の経過に注意が必要です。薬を使用後、体調に変化があらわれた場合は医師に相談してください。
・虚弱者、呼吸機能の低下している方
・頭部外傷後遺症または進行した動脈硬化症の方
・心障害、肝障害、腎障害のある
・血液障害のある方
・甲状腺機能低下症の方
・薬物アレルギーのある方
・アルコール中毒のある方
・薬物依存の傾向または病歴のある方
・重篤な神経症の方
・糖尿病の方

◼︎高齢者はアレビアチンの使用により、呼吸抑制、興奮、抑うつ、錯乱などがあらわれやすいとされているため、少量から使用するなど慎重な使用が求められます。また、薬の減量についても慎重におこなってください。

◼︎過量使用をすると、呼吸抑制、眼振、構音障害、運動失調、眼筋麻痺などがあらわれることがあります。重症な場合、昏睡状態、血圧低下になり、呼吸障害、血管系の抑制、肺の合併症、腎障害により死亡するおそれもあるため注意しましょう。

◼︎アレビアチン使用中に、急激に使用量を減少させたり使用を中止するとてんかん重積状態があらわれることがあります。使用を中止する場合は、医師の指示のもと、徐々に減量するなど慎重におこなってください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

◼︎妊娠中はできるだけ使用を控えることとなっていますが、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。また、使用する場合は他の抗てんかん剤と併用しないようにしてください。妊娠中の使用により、胎児に悪影響を及ぼす症例も報告されているため、妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

◼︎授乳中はできるだけ使用を控えることとなっています。止むを得ず使用する場合、薬が効いているとされる間は授乳を避けてください。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

◼︎以下のような薬を使用している方はアレビアチンを使用できません。
・ボリコナゾール(ブイフェンド)
・タダラフィル(肺高血圧症を適応とする場合:アドシルカ)
・リルピビリン(エジュラント、コムプレラ配合錠)
・アスナプレビル(スンベプラ)
・ダクラタスビル(ダクルインザ)
・バニプレビル(バニヘップ)
・マシテンタン(オプスミット)
・ソホスブビル(ソバルディ、ハーボニー配合錠)

◼︎以下のような薬を使用している方は注意が必要です。併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示をあおいでください。
・ゾニサミド
・トピラマート
・クロラムフェニコール
・タクロリムステラプレビル
・ルフィナミド
・クロバザム
・スチリペントール
・カルバマゼピン
・ネルフィナビル
・バルプロ酸
・ラモトリギン
・デフェラシロクス
・中枢神経抑制剤(フェノチアジン誘導体、バルビツール、酸誘導体等)
・抗ヒスタミン剤
・モノアミン酸化酵素阻害剤
・三環系抗うつ剤(イミプラミンなど)
・四環系抗うつ剤(マプロチリンなど)
・トラゾドン
・クマリン系抗凝血剤(ワルファリン)
・メチルフェニデート
・アミオダロン
・アロプリノール
・イソニアジド
・エトスクシミド
・オメプラゾール
・クロラムフェニコール
・ジスルフィラム
・シメチジン
・ジルチアゼム
・スルチアム
・スルファメトキサゾール・トリメトプリム
・チクロピジン
・パラアミノサリチル酸
・フルコナゾール
・フルボキサミン
・ホスフルコナゾール
・ミコナゾール
・フルオロウラシル系薬剤(テガフール製剤、ドキシフルリジンなど)
・テオフィリン
・アミノフィリン
・リファンピシン
・ジアゾキシド
・シスプラチン
・ビンカアルカロイド(ビンクリスチンなど)
・シプロフロキサシン
・イリノテカン
・トロピセトロン
・パロキセチン
・フレカイニド
・メキシレチン
・シクロスポリン
・甲状腺ホルモン剤(レボチロキシンなど)
・カスポファンギン
・アルベンダゾール
・ドキシサイクリン
・非脱分極性筋弛緩剤(ベクロニウムなど)
・血糖降下剤(インスリン、経口血糖降下剤)
・利尿剤(チアジド系降圧利尿剤など)
・アセタゾラミド
・アセトアミノフェン
・主にCYP3A4で代謝される薬剤
アゼルニジピン、イトラコナゾール、イマチニブ、インジナビル、オンダンセトロン、キニジン、クエチアピン、サキナビル、ジソピラミド、ニソルジピン、ニフェジピン、フェロジピン、プラジカンテル、ベラパミル等、副腎皮質ホルモン剤(デキサメタゾン等)、卵胞ホルモン剤・黄体ホルモン剤、ノルゲスト、レル・エチニルエストラジオールなど
・PDE5阻害剤
タダラフィル(勃起不全、前立腺肥大症に伴う排尿障害を適応とする場合:シアリス、ザルティア)、シルデナフィル、バルデナフィル

◼︎アルコール(飲酒)と併用すると、相互作用で互いの作用が強くなるおそれがあります。薬を使用中は飲酒を控えてください。

◼︎セイヨウオトギリソウ(St. John’s Wort:セント・ジョーンズ・ワート)含有食品と併用すると、フェニトインの代謝が促進され、血中濃度が低下するおそれがあるので、併用には注意が必要です。

効果時間

血液中の薬の濃度が最も高くなる時間は、薬を飲んでから約4.2時間後とされています。
また、その後約14時間後に血液中での薬の濃度が半分になるとされています。

薬効・薬理

フェノバルビタールは、最小電撃けいれん閾値上昇作用、ペンテトラゾールけいれん閾値上昇作用のほか、最大電撃けいれん抑制作用も示し、一方、フェニトインには前二者の作用はほとんど認められないが、最大電撃けいれんに対しては強い抑制作用を示します。