ツムラ葛根湯エキス顆粒(医療用)

ツムラ

処方薬 先発

基本情報

副作用

主な副作用としては、発疹、発赤、そう痒、不眠、発汗過多、頻脈、動悸、全身脱力感、精神興奮、食欲不振、胃部不快感、吐き気、嘔吐、排尿障害などがあります。


■重篤な副作用はめったに起こりませんが下記のような疾患を引き起こす可能性があります。体調の変化を感じた場合はすぐに医療機関を受診して、使用している薬剤名を医師に伝えて指示をあおいでください。

・偽アルドステロン症
・ミオパチー
・肝機能障害、黄疸

使用上の注意点

■下記に当てはまる方はツムラ葛根湯エキス顆粒(医療用)を使用後の経過に注意が必要です。薬を使用後に体調に変化があらわれた場合は医師に相談してください。

・病後の衰弱期、著しく体力の衰えている方
・著しく胃腸の虚弱な方
・食欲不振、吐き気、嘔吐のある方
・発汗傾向の著しい方
・狭心症、心筋梗塞等の循環器系の障害のある方、又は過去にかかったことのある方
・重症高血圧症の方
・高度の腎障害のある方
・排尿障害のある方
・甲状腺機能亢進症の方

■高齢者は生理機能が低下している場合があるため、使用量を減量するなど、注意して薬を使用する必要があります。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊娠中はできるだけ控えることとなっていますが、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

■授乳中の使用に関しては特別な注意は必要ないとされていますが、授乳中であることを医師に伝え確認をとってください。

◼︎15歳未満の子供については使用した経験は少ないとされていますが、医師の判断で使用するケースがあります。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

■ 以下のようなお薬を飲まれている方は注意が必要です。併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示を仰いでください。

・マオウ含有製剤
・エフェドリン類含有製剤
・モノアミン酸化酵素(MAO)阻害剤
・甲状腺製剤(チロキシン、リオチロニン)
・カテコ―ルアミン製剤(アドレナリン、イソプレナリン)
・キサンチン系製剤(テオフィリン、ジプロフィリン)
・カンゾウ含有製剤、グリチルリチン酸及びその塩類を含有する製剤