インサイドパップ70mg

久光製薬

処方薬 先発 貼り薬

基本情報

副作用

主な副作用として赤み、かゆみ、発疹、かぶれ、ヒリヒリ感、はれなどがあらわれる可能性があります。

使用上の注意点

■下記に当てはまる方はインサイドパップ70mgを使用できません。
・インサイドパップ70mgの成分または他のインドメタシン製剤に対して過去にアレルギー反応を起こしたことのある方
・アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)または過去にアレルギー反応を起こしたことのある方

■下記に当てはまる方はインサイドパップ70mgとの併用には注意が必要です。症状の悪化や副作用などのリスクが高まる可能性もあるのであらかじめ医師に伝えておきましょう。
・気管支喘息のある方

■傷口および粘膜に使用しないでください。

■湿疹または発疹の部位に使用しないでください。

■必要に応じ、テープなどではがれないようにしてください。

その他

妊娠中・授乳中・子供の使用

■妊娠中はできるだけ控えることとなっていますが、どうしても必要な場合は必要最小限の範囲で使用します。妊娠の有無を必ず医師に伝えてください。

■授乳中の使用に関しては特別な注意は必要ないとされていますが、授乳中であることを医師に伝え確認をとってください。

■15歳未満の子供については使用した経験は少ないとされていますが、医師の判断で使用するケースがあります。

飲み合わせ・食べ合わせの注意

インサイドパップ70mgとの飲み合わせで注意が必要な薬は基本的にはありません。

効果時間

血液中の薬の濃度が最も高くなる時間は、薬を使用してから約24時間後とされています。
また、その後約9.9時間後に血液中での薬の濃度が半分になるとされています。

薬効・薬理

抗炎症、鎮痛作用があります。